子猫の餌の量ってどのくらい必要?週齢・月齢でのご飯の分量と与え方
はむ
アニマルヘルステクニシャン、ドッググルーミングスペシャリストなど

子猫の餌の量ってどのくらい必要?週齢・月齢でのご飯の分量と与え方

子猫の餌の量、どのくらい食べさせたらいいのか分からない!とお困りではないですか?子猫があっという間に大きくなることは実際に猫を飼ったことがある人ならご存知でしょう。そして、その子猫たちの成長で重要なのが「餌」です。成長が著しい子猫に与える餌の量は成猫とは異なります。子猫の健やかな成長のためにも適切な餌の量を知って、健康な猫に育てましょう。

497view

目次
子猫の餌の量ってどのくらい必要なの?
子猫に必要な餌の量
生後3~8週齢、1~2ヶ月(離乳期)の餌の量
生後2~3ヶ月齢の餌の量
生後4~6ヶ月齢の餌の量

子猫の餌の量ってどのくらい必要なの?

餌を食べる子猫

子猫にとって、成猫に成長するまでの生後1年間がとても重要です。この間、成長を左右する要因はなんといっても「餌」!何をどのくらい食べるかで成長具合も変わってきます。餌の量が足りなければ栄養不足になって成長不足になってしまいます。
健康でたくましい猫さんに育ってもらうために、子猫に必要な餌の量を知っておきましょう。

子猫に必要な餌の量

成猫の健康を保つ1日の餌の量は「体重(㎏)×80kcal」で計算され、この量を2~3回に分けて与えます。生後6ヶ月齢くらいになると発情期を迎え、避妊・去勢手術をする猫も多いでしょう。不妊手術をすると肥満になりやすいため、不妊手術を受けた猫用の餌に変えたり、今まで以上に餌の量に気をつけなくてはなりません。

では、子猫にはどれくらいの量の餌が必要なのでしょうか?
子猫は成長するのにエネルギー消費が激しいため、体重当たりのカロリー数を成猫の2~3倍にしなくてはなりません。つまり子猫に必要な餌の量は「体重(㎏)×160~240kcal」ということになります。

生後3~8週齢、1~2ヶ月(離乳期)の餌の量

子猫とミルク

子猫用ミルクから離乳食を

乳歯が生え始める生後3週目はミルクから離乳食に切り替え始める時期になります。子猫用ミルクに加えて少しずつ子猫(キトン)用の餌を与えましょう。キトン用の餌は成猫用と違い、栄養価が高い餌です。ウェットフードなら柔らかいのでそのままでも大丈夫ですが、ドライフードの場合はミルクやお湯でふやかして食べやすくしてあげてください。
徐々にミルクの量を減らしていき、生後6~8週の頃にはキトン用の餌とお水だけの食事に切り替えます。

餌の量

この頃の体重を300gとして計算すると、0.3×160~240=48~72kcal分必要となります。
まだ胃が小さいので、これを1日3~4回に分けて与えてください。

生後2~3ヶ月齢の餌の量

二匹の子猫

子猫は生後3ヶ月齢まで急激に成長するので、栄養不足にならないようにキトン用の高栄養の餌を十分にあげてください。
餌の量は、この頃の体重を1㎏として、1×160~240=160~240kcal分必要となります。
この頃もまだ胃は小さいので3~4回に分けて与えてくださいね。

生後4~6ヶ月齢の餌の量

こちらを見る子猫たち

生後4ヶ月齢くらいから徐々に成長のスピードが緩やかになって必要なエネルギー量も減ってくるので、この頃から餌の量を調整していくと良いでしょう。
体重は猫種や性別によっても違いが出ると思うので、愛猫の体重に合わせた餌の量を与えてください。
それでも胃の大きさはまだ成長段階なので1日3回くらいに分けてあげてくださいね。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード