子猫に与える餌の適正な量と回数

子猫に与える餌の適正な量と回数

子猫の餌の量、どのくらい食べさせたらいいのか分からない!とお困りではないですか?子猫があっという間に大きくなることは実際に猫を飼ったことがある人ならご存知でしょう。そして、その子猫たちの成長で重要なのが「餌」です。成長が著しい子猫に与える餌の量は成猫とは異なります。子猫の健やかな成長のためにも適切な餌の量を知って、健康な猫に育てましょう。

1476view

子猫に餌を与える量・回数の計算式

  • 子猫の場合:体重(㎏)×160~240kcal
  • 成猫の場合:体重(㎏)×80kcal

成猫の健康を保つ1日の餌の量は「体重(㎏)×80kcal」で計算され、この量を2~3回に分けて与えます。生後6ヶ月齢くらいになると発情期を迎え、避妊・去勢手術をする猫も多いでしょう。不妊手術をすると肥満になりやすいため、不妊手術を受けた猫用の餌に変えたり、今まで以上に餌の量に気をつけなくてはなりません。

では、子猫にはどれくらいの量の餌が必要なのでしょうか?
子猫は成長するのにエネルギー消費が激しいため、体重当たりのカロリー数を成猫の2~3倍にしなくてはなりません。つまり子猫に必要な餌の量は「体重(㎏)×160~240kcal」ということになります。

子猫が生後3~8週齢、1~2ヶ月(離乳期)の餌の量

子猫とミルク

餌の量

  • 体重300gの場合:0.3×160~240=48~72kcal
  • 1日3~4回に分ける

この頃の体重を300gとして計算すると、0.3×160~240=48~72kcal分必要となります。
まだ胃が小さいので、これを1日3~4回に分けて与えてください。

子猫用ミルクから離乳食を

乳歯が生え始める生後3週目はミルクから離乳食に切り替え始める時期になります。子猫用ミルクに加えて少しずつ子猫(キトン)用の餌を与えましょう。キトン用の餌は成猫用と違い、栄養価が高い餌です。ウェットフードなら柔らかいのでそのままでも大丈夫ですが、ドライフードの場合はミルクやお湯でふやかして食べやすくしてあげてください。
徐々にミルクの量を減らしていき、生後6~8週の頃にはキトン用の餌とお水だけの食事に切り替えます。

生後2~3ヶ月齢の子猫の餌の量

二匹の子猫
  • 体重1㎏の場合:1×160~240=160~240kcal
  • 一日3~4回に分けて与える

子猫は生後3ヶ月齢まで急激に成長するので、栄養不足にならないようにキトン用の高栄養の餌を十分にあげてください。
餌の量は、この頃の体重を1㎏として、1×160~240=160~240kcal分必要となります。
この頃もまだ胃は小さいので3~4回に分けて与えてくださいね。

生後4~6ヶ月齢の子猫の餌の量

こちらを見る子猫たち
  • 1日3回くらいに分ける

生後4ヶ月齢くらいから徐々に成長のスピードが緩やかになって必要なエネルギー量も減ってくるので、この頃から餌の量を調整していくと良いでしょう。
体重は猫種や性別によっても違いが出ると思うので、愛猫の体重に合わせた餌の量を与えてください。
それでも胃の大きさはまだ成長段階なので1日3回くらいに分けてあげてくださいね。

子猫に与える餌の量についてのまとめ

餌を食べる子猫

子猫にとって、成猫に成長するまでの生後1年間がとても重要です。この間、成長を左右する要因はなんといっても「餌」!何をどのくらい食べるかで成長具合も変わってきます。餌の量が足りなければ栄養不足になって成長不足になってしまいます。
健康でたくましい猫さんに育ってもらうために、子猫に必要な餌の量を知っておきましょう。

30代 女性 nanairo

うちの猫は元々野良猫で、保護した時には生後約3カ月でした。
それまでどの様にしてエサを調達していたのか分からないのですが、保護当時はとても痩せていました。
子猫は成猫野良猫2〜3倍もカロリーが必要なんですね!全然食べてなかったんだろうなぁ…と感じました。
ミルクの時期を超えていたので、キトン用の餌をカリカリとウェットと両方与えていましたが、食いつきが悪い、イヤイヤ食べてるのかな?と思っていましたが、胃が小さいから分けて食べていたんですね。
4カ月辺りから、ダラダラ食いはなくなってきて
1日3食ペースになりました。
子猫の餌は、種類があまりない様に感じるので
食いつきが悪いと苦労するなぁ、と思います。
特にうちの猫は、お肉味があまり好きではないので、魚味をずっと選んでいるのですが、子猫用は魚味がほとんどなく、今思うと足りていたのかなとちょっと反省しました。
半年を迎えすぐに去勢をしたのですが、見事に太りました。
それまで痩せ型だったのが、立派な体格になりました。
うちで与えていた去勢後用の餌が魚味で、本人もこれだ!と思ったのか、見事に食べる姿が嬉しくて、規定よりちょっと超えても大丈夫かな…としてしまっていました。
体重に合わせてちゃんとこちらがコントロールしてあげないといけませんね。

子猫時代の食いつきの悪さが尾を引いて、今でも食いつきが悪くなると不安になっていましたが、あの時はあの時で、大丈夫だったんだなと思えたのは良かったです。
今、本人の食欲に反して減量中ですが、おとなになって苦労しない為にも
健康なカラダ作り、その子を見て
その子に合ったものを模索してあげないとですね。

20代 女性 ゆず

子猫の時は食べる量に際限がないので飼い主が食べる量を調節することが大切です。特に野良猫を保護した際は、野良時代に飢えを経験したせいでしばらくの間は食べ過ぎが止まらなくなってしまう場合もあります。いっぱい食べて大きくなるので多少は多めでも問題は無いですが、子猫は消化器官がまだ未熟なので、食べ過ぎると下痢になってしまいます。下痢になると衰弱してしまいますのでやはり注意が必要でしょう。また、肥満になると、口内炎、糖尿病、心臓病などさまざまな病気のリスクが高まります。本当に愛猫の事を思うなら、どんなにエサを欲しがっても適切な量だけを与えましょう。
さらに、成長するにはたくさんの栄養とそれを消費するために運動することが大切です。なので、子猫の頃は特にたくさん遊んであげて下さい。

20代 女性 芽以

長年猫と暮らしていますが、ハッキリとしたカロリー計算などはしていなかったので、とても勉強になりました。フードのパッケージにある目安量を基準にして与えていますが、どうしてもバラつきがあり、獣医さんに相談したところ、そう神経質にならなくてもいいと言われたことがあります。

子猫時代は目安量より多少多く食べても問題はなく、栄養不足に陥ることのほうが問題だと指導して頂きました。特に子猫時代は、体の基本をつくるとても大切な時期であり、栄養価の高いご飯をしっかり与え、丈夫な体づくりを意識することが大切だそうです!もちろん、肥満になりやすい不妊手術後からは食事の制限も必要です。でも、人間と同じように個々の体格や、体質もあるのでフードのパッケージに表記されている数字だけに囚われないよう注意が必要ですね。

また、愛猫は4歳になりますが、いまだに一日の食事回数は3~4回と小分けにしています。これも、おねだりがしつこい!と獣医さんと話していたときに頂いたアドバイスです。猫は食にうるさい子も多いですよね。たとえドライフードであっても器に入れたまま放置しているとニオイが少なくなってしまい、新しいの入れてよ!と文句を言われることもありました。おねだりを無視し続けるのも心苦しく、食事の回数を獣医さんに言われた通り、3~4回に小分けにしたところ、おやつ以外のおねだりは今のところありません。

子猫時代の習慣は、その後の生活に大きな影響を与えます。成猫になったときに、どんなご飯でも食べられるように、月齢にあったフードへの切り替えを行いながら、できるだけ様々な種類のフードを与えてあげるのも大切です。

スポンサーリンク

人気のキーワード