猫がゴキブリを食べちゃった!誤飲による症状やホウ酸団子の恐ろしさ

猫がゴキブリを食べちゃった!誤飲による症状やホウ酸団子の恐ろしさ

猫は好奇心が旺盛な動物で、虫などの小さな生き物をよく捕まえます。その虫の中でもゴキブリといえば衛生的にあまり良いイメージはありません。もし猫がゴキブリを食べたら身体に悪影響があるのではないかと心配になります。

1142view

目次
猫がゴキブリを食べてしまったら!
ゴキブリ以外の害虫は?猫にどのような影響があるのか?
猫とゴキブリに関するまとめ

猫がゴキブリを食べてしまったら!

ゴキブリの大群

もし猫が、ゴキブリを食べたとしても、猫に異変がなければ通常はなんともありません。しかし、ゴキブリは、さまざまな病原菌やウイルスを媒介する虫です。例えば、食中毒の菌を保有するゴキブリがいます。このゴキブリを介して猫が食中毒に感染するという可能性があります。

これは猫だけの話ではなく、人間も同じです。食中毒やウイルスなどを保有するゴキブリが人間の食べ物に接触することで、人に感染するという可能性もあります。ただ、1日~2日間は、何か変わった様子がないか見て下さい。もし猫が、下痢や嘔吐などの異変があるようでしたら、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

もしゴキブリがホウ酸だんごを食べたいた場合は?

ホウ酸団子とは、昔からゴキブリ駆除のために用いられる、ゴキブリに有効な毒のエサです。ゴキブリ駆除用のホウ酸だんごをゴキブリが食べてしまい、それを猫が食べてしまったら、猫もその毒を摂取するということになります。ゴキブリ駆除用とは言え、ホウ酸だんごは毒性が強いんです。猫がホウ酸団子の毒が回ったゴキブリを誤飲してしまった際は、すぐに病院へ行き処置をしましょう。

猫がホウ酸を摂取するとどのような症状か?

猫がホウ酸を摂取すると中毒を起こし、量が多い場合は死亡する可能性があります。人間の場合は、成人で約15~20g、子供は約2~6gで死亡する可能性があると言われています。猫も子供と同じくらいの体重なので、約2~6gのホウ酸を食べると死亡する可能性があります。

それから、ホウ酸の中毒症状としてはあげられるのは、吐き気や嘔吐、腹痛や下痢などです。猫が、このような症状がある時は、動物病院に連れて行きましょう。

猫がホウ酸だんご以外に気をつけたいゴキブリ駆除とは?

猫が、ゴキブリ駆除の目的で使用される物で、ホウ酸だんご以外でも、気をつけたい事があります。

ゴキブリの駆除として使われる、粘着性のゴキブリ取りには毒性はありません。しかし、猫が間違って、粘着シートに引っかかると大変です。なかなか取れません。なので、猫が入らない所などに粘着性のゴキブリ取りを、設置しましょう。

煙が出るゴキブリ駆除薬は、猫の飼っている部屋ではやめましょう。「ペットや金魚、昆虫などを飼っている部屋での使用はしないでください」と説明書に書かれてあります。危険なので、猫がいる部屋での使用はしないで下さい。

ゴキブリ以外の害虫は?猫にどのような影響があるのか?

誤飲してしまった猫

猫に有害な虫や生物をまとめました。猫にどのような影響があり、またその対策はあるのでしょうか?

蚊のフィラリア症

フィラリアの感染幼虫を体内に持っている蚊が、猫を吸血した時に、感染幼虫が猫の体内に侵入し、感染します。吸血された猫は、猫のフィラリア症になります。

フィラリア症の症状は?

咳や呼吸困難、吐いたり下痢したりすることもあります。慢性化してくると咳のほかに、食欲低下や体重の減少といった症状が現れる猫もいますが、なかには目立った症状の見られない猫もいます。

フィラリア症の治療は?

フィラリアの治療には、症状(咳、嘔吐、下痢など)に対する治療とフィラリア成虫を駆虫する治療があります。

フィラリアを予防するには?

フィラリアの幼虫に駆除効果のあるフィラリア予防薬を、定期的に投与します。蚊の活動が始まる春~初夏から、蚊が見られなくなる時期の1カ月後まで、フィラリア予防薬の投与を続けます。室内飼いの猫も蚊に刺される可能性があるので、室内飼いの場合でも予防薬を定期的に投与しましょう。

ノミ、ダニの被害

ノミや、ダニは、猫の毛の中に入っています。小さいので、見つけにくいです。

症状は?

このノミや、ダニに噛まれると、唾液が猫の体内へ入ります。その、唾液がアレルゲンとしてかゆみを伴ったアレルギー性皮膚炎を起こします。

また、ノミやダニの体内には瓜実条虫の幼虫がいます。猫が、毛づくろいの際に間違って食べたり、ノミやダニをつぶすことにより、体液が出て猫の体内に浸透し感染します。猫が、下痢や体重が減っていくなどの症状がある時は、動物病院に行くことをおすすめします。

ノミやダニの被害に遭わないように予防しましょう。

予防方法は、様々です。

猫のブラッシングしている時に、ノミやダニなどいないか良く見ましょう。ノミ取り用のブラシも販売しているので、利用するのも良いですね。ノミやダニを発見した時に、つぶさないことが大事です。ノミやダニを潰すと卵が散乱して、大量発生します。見つけたノミやダニは、中性洗剤を入れた熱湯に入れて殺す方法が、おすすめです。

ダニは、無理に取ろうとするとダニの口の部分が皮膚の中にちぎれて残ってしまうことがあります。それにより、傷や皮膚炎になることがあります。ダニを取る時は、慎重に全部取るように気をつけましょう。

また、ノミ取りシャンプーや首輪を利用するのも効果的です。ですが、ノミ取りシャンプーは一時的な効果しかないので、定期的に行う必要があります。猫が、泡を舐めないように注意してください。

ノミ取り首輪とういうものもあります。首に密着するように装着するものなのですが、猫が食べたりかじったりしないよう注意が必要です。

そして、予防してもノミやダニの被害にあったら、駆除薬を使用しましょう。動物病院で処方される、ノミやダニの駆除薬を使用すると簡単で効果が高く、副作用も少なくてすみます。それから、ダニは草むらなどに潜んでいるので、猫を草むらに近づけない事で予防出来るでしょう。

ネズミを食べて、条虫や回虫に感染

猫は、ネズミを食べると言うのは普通のことに思えますが、思わぬ病気に感染してしまいます。

条虫とは、細長い形で平らになっている寄生虫で、主に小腸にいます。成虫の名は、サナダムシです。猫に寄生するのは、ウリザネ条虫・広節裂頭条虫・エキノコックスなどです。また、回虫とは小腸に寄生する白く細長い寄生虫です。

条虫、回虫に感染した時の症状。

条虫、回虫どちらも、ネズミを捕食する事により感染します。成猫の場合、どちらも症状が出ない事もありますが、子猫の場合は下痢や便秘などの症状がでます。

  • 条虫は、嘔吐や貧血などの胃腸障害などの症状が出ます。
  • 回虫は、腸閉塞や消化不良などの消化器症状が出ます。

また、どちらも共通の症状として下痢や栄養不良を起こします。

予防または、対処方法。

猫の条虫、回虫に感染しないように予防するには、ネズミを食べないようにすることです。また、猫は狩りが好きなので、どうしてもネズミを見たら捕まえてしまうかもしれないので、室内飼いが、おすすめです。

対処方法は、もし猫がネズミを食べているところを見つけた場合は、吐き出させることです。また、便の中やお尻近くに条虫・回虫を見つけた場合は、動物病院に行きましょう。

カエル・ヘビを食べた時にマンソン裂頭条虫が寄生します。

マンソン裂頭条虫が寄生しているミジンコを、カエルやヘビが食べます。その感染しているカエルやヘビを、猫が食べて感染します。

マンソン裂頭条虫の症状。

マンソン裂頭条虫は、細長い寄生虫で猫の腸内を占領します。症状は下、痢、嘔吐などです。それから食欲不振になり、肛門のかゆみなどがでます。

予防と対処方法。

マンソン裂頭条虫を予防するには、カエルやヘビを食べないようにすることです。また、猫は狩りが好きなので、どうしてもカエルやヘビを見たら捕まえてしまうかもしれないので、室内飼いが、おすすめです。
対処方法は、もし猫がカエルやヘビを食べているところを見つけた場合は、吐き出させることです。それから、動物病院に連れて行きましょう。

猫とゴキブリに関するまとめ

遊ぶ猫たち

猫は、狩りが大好きな好奇心旺盛な動物です。目の前に、ゴキブリやその他の獲物になりそうなものがあれば、狩りをして時には食べてしまう事があります。なので、猫は、室内飼いが、良いと思います。大切な飼い猫が、病気にならないように飼い主の方が気をつけなければなりません。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 女性 mio

    猫を飼って1年になります。今のところ猫とゴキブリが鉢合わせたことはありませんが、これはいつも心配に思っていました。やはり誤飲する可能性もあるのですね。
    家の中はホウ酸だんごを設置していますが、直接手で触れられないような容器に入っているものにしています。しかし以前、猫が不思議そうに手で突っついているのを見かけたので、今は念のために見えないところに置くようにしています。ゴキブリホイホイも同様に手の届かないところに置いています。
    また、ゴキブリもこわいですが、外飼いしている場合はセミなども食べてしまうこともあるようですね。
    我が家の猫も事情があり完全室内飼いができないので、やむなく外にも出しているのですが、以前イモリを捕まえてきて、食べてしまったことがありました。私にとってはあまりにも衝撃的で、もし寄生虫が体内に寄生したら心配だったので急いで動物病院へ連絡したところ、イモリを食べるのはよくあることだと言われました。そして、2~3日経っても嘔吐や下痢など異変がなければ大丈夫とのことでした。
    幸いにも何ごともなかったのでよかったですが、目の前で生きているものを食べる愛猫の姿は、かなりドン引きでした。
    猫は狩猟本能があるのでしょうがないですが、ゴキブリは絶対に食べないように防ぎたいと思います!!

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード