子猫が甘噛みする理由と5つの対策

子猫が甘噛みする理由と5つの対策

あなたは子猫に甘噛みされたことはありますか?まだまだ小さく力も弱いので大怪我をするほどではないですが、子猫といえどもやっぱり噛まれると多少なりとも痛いですよね。しかし子猫時代にたくさん甘噛みをすることには意味がちゃんとあるのです!それを知っていれば子猫の甘噛みも飼い主として理解してあげられることでしょう。また、子猫の甘噛みをやめさせるしつけや対策はどうしたらいいのか?ということにも触れていますので、飼い始めの愛猫の噛み癖に困っている方は是非参考にしてみてください。

1012view

子猫が甘噛みをする理由

甘噛みをする子猫

子猫が甘噛みをする理由1:愛情表現

子猫の甘噛みは、親猫と子猫の間で見られる愛情表現で、本能による行動です。また、子猫は兄弟同士で遊びながら甘噛みし合うことで噛む力加減を学んでいきます。幼い頃に離されてしまった子猫はそれを学びきれていないために、飼い主さんに甘噛みするのです。
まだまだ幼い子猫にとっては飼い主さんが親であり兄弟の役目なので、噛む力加減を教えてあげなければなりません。

子猫が甘噛みをする理由2:歯の生え変わりによる甘噛み

生後3~6ヵ月頃は乳歯から永久歯に生え変わる時期です。この頃は歯がむずがゆく、物を噛むことで解消しようといろんな物を噛もうとします。

子猫が甘噛みをする理由3:好奇心

子猫は好奇心旺盛です。人が手に物をとって確かめるように、子猫は物を口で噛んで情報を得ようとします。

子猫が甘噛みをする理由4:遊びたい気持ちからくる甘噛み

飼い主さんと遊びたいために甘噛みして気を引こうとします。

子猫の甘噛みを止めさせる5つの対策

おもちゃを噛んでいる子猫

子猫の甘噛み対策1:「ダメ!」「痛い!」と大袈裟に声を出す

甘噛みされたらすぐに反応して、きちんと子猫に痛いことを伝えましょう。子猫は甘えているつもりでも、やられた側は痛いと分かってもらうことが重要です。

子猫の甘噛み対策2:無視をする

甘噛みされた後しばらく無視をすると、子猫は「噛むとつまらないことが起きる」と学びます。無視する時間は1分くらいで十分です。長く無視すると勝手にひとり遊びを始めて、何がいけなかったのか分からなくなってしまいます。

子猫の甘噛み対策3:指をそのまま口の奥に突っ込む

甘噛みされた指を突っ込むことで子猫に不快感を与えます。そのまま指を引き抜くと歯に当たってケガをする恐れがあるので、指を軽く突っ込んで猫がひるんだ隙に引き抜きましょう。力加減にはご注意を。

子猫の甘噛み対策4:オモチャを与える

甘噛みされたらすぐに噛んでもいいお気に入りのオモチャを与えて、それを噛ませましょう。人の手は噛んではいけないことを教えることが大切です。

子猫の甘噛み対策5:エネルギーを発散させてあげる

子猫は小さくてもエネルギーの塊です。猫は自由気ままのイメージがありますが、お留守番ばっかりで構ってあげないのはやはりストレスが溜まるので、オモチャを使ってたくさん遊んであげてストレスを解消してあげましょう。
このとき気をつけたいのが「手を使って遊ばないこと」と「子猫が興奮してきたら一旦遊ぶのを止めること」です。前者は子猫に人の手をオモチャと認識させないため、後者はヒートアップしてくると甘噛みしてくる恐れがあるためです。

子猫の甘噛みについてのまとめ

猫と人

子猫時代は人と暮らしていくためにいろんなことを覚えていく時期です。甘噛みも悪気があってやっているものではなく、ただ分からないだけだということを飼い主は理解してあげないといけません。
子猫はまだ赤ちゃんなので数回教えただけでは変わらないかもしれませんが、繰り返し繰り返し教え続けることで自然に学んでいくはずです。

30代 男性 土屋

猫の甘噛みを直すのは、なかなか難しいですよね。うちの猫も、生まれて間もなく母猫、兄弟猫と離れてしまったため、力加減を教えるのがとても難しかったです。ただ、飼い主として理解しておきたいのは「悪気はない」ということですよね。特に子猫の頃の甘噛みは「遊ぼうよ」とアピールする手段でもあります。子猫は喧嘩ごっこをしながら、狩りや力加減、コミュニケーションの術を学びます。そうする機会を得られなかった猫には、人が母猫がわりになって、力加減、遊び方を教えてあげるという感覚で接してあげてください。

記事にあったような大きな声で叱る、指を突っ込むという方法は、よく甘噛みを直す方法としてあげられていますが、個人的には最終手段にしてほしいと思います。甘噛みがヒートアップして、血が出るほど噛む場合は、この手段も有効だと思います。

しかし、遊ぼうよと誘っている、甘えてじゃれている猫に対して上記のような行動を頻繁に行ってしまうと、信頼関係に傷がつく場合もあります。遊ぼうと誘ったら怒る人、甘えようとしたら怒る人、になってしまう可能性があるのです。ただ、甘噛みが痛い場合は、痛いのだと伝えることは必要なので、猫の目をじっとみて低めの声で痛いよと伝えてあげてください。記事にあった、無視する(遊びをやめる)というのも効果的だと思います。

うちの猫は3歳になりましたが、最近になってやっと力加減を覚えてきたように思います。記事にもあったように、とにかく根気が必要ですが、決して怒鳴ったり、叩いたりせず、穏やかな気持ちで付き合ってあげてください。

スポンサーリンク

人気のキーワード