猫のおしっこ 正常な回数・量で健康状態を知る!

猫のおしっこ 正常な回数・量で健康状態を知る!

猫の飼い主さんは自分の愛猫の1日のおしっこの回数を知っていますか?ウンチは健康のバロメーターと言われるだけあって注意深く観察している方も多いと思いますが、泌尿器疾患が多い猫にとっておしっこも大事なバロメーターなんです。今回は猫のおしっこの回数や量。色をどのようにチェックしたら良いのか詳しくご紹介します。

2540view

猫のおしっこの正常な回数・量・色

トイレでおしっこする子猫

ウンチはよく”健康のバロメーター”っていいますよね。動物病院でもウンチの状態をよく聞かれると思います。でも実は猫にとっておしっこも重要な健康のバロメーターなのです。猫のおしっこの回数・量・色など正常な状態を知っておくことが病気の早期発見にもつながります。ちなみに、猫が発情期にみられるマーキングとおしっこは別物なのでカウントしないように気をつけましょう!

猫の正常なおしっこの回数

まず猫のおしっこでチェックしたいのがその「回数」。みなさんの愛猫は毎日きちんとおしっこをしていますか?成猫が1日におしっこする回数は平均2~3回です。ただし、子猫の場合は一回に出す量が成猫に比べて少ないので、回数が増えるため3~4回と考えた方が良いでしょう。

猫の正常なおしっこの量

おしっこの量はその猫の体重によって変わってきます。体重1㎏あたり22~30mlが正常な量といわれています。なので大きな猫さんほどおしっこの量も多いわけです。正常な量の2倍くらいの量なら多尿、1/2以下なら乏尿、1/5以下は無尿と考えましょう。

これより極端に多いおしっこを猫がする場合には飲水量も極端に増加しますので、排尿量と飲水量の悪循環が起きてしまいます。ですが飼い主さんが気付くことができれば大きな病気の早期発見・早期治療に繋がりますので、きちんと把握しておくようにしましょう。

猫の正常なおしっこの色

健康な猫のおしっこの色は黄色~琥珀色で、濁ってなく透明です。冬の寒い時期は水分の摂取量が減るので、いつもより多少色が濃くなることもあるようです。一時的なら良いですが、濃い黄色~褐色のおしっこが慢性的に続いたり、泡立つおしっこが出た場合は動物病院で相談しましょう。

また猫のおしっこに血液が混ざっているような黒っぽい、血のような筋がある、泡立っている等の他、極端に色が薄い・ニオイの少ないおしっこも要注意です。

猫のおしっこに異常が見られたら動物病院へ!

病院で獣医に抱えられる猫

もともと猫は砂漠で暮らしていた動物のため、水を飲む量が少なくても生きていけるようおしっこを濃縮して残った水分を再利用するなど、腎臓への負担が大きいので猫は機能障害を起こしやすいのです。

また、おしっこが濃いために尿中のミネラルが結晶化して尿石もできやすいです。これらが猫に泌尿器系の病気が多いといわれている理由です。1日のうちに必要なだけのおしっこをすることができず、猫自身が病気になってしまう例が多々あるのです。

猫のおしっこの回数などが異常な時に考えられる病気

ネコ型トイレに入る猫

猫下部尿路疾患(猫泌尿器症候群)

膀胱と尿道に関係する疾患の総称で、膀胱炎・尿道炎・尿石症などがあたります。メスに起こりやすい病気ですが、尿道が細くて長いオスの方が重症化しやすいといわれており、発見が遅れると腎不全や尿毒症になってしまい命に関わります。猫の泌尿器疾患は早期発見がとても大事なので、少しでも変わったことが見られたら獣医さんに相談しましょう。

こんなサインは要注意
  • トイレに行く回数は多いのにおしっこが出ない
  • おしっこは出ているのにトイレに行く回数が頻繁
  • 排尿時の痛みで猫が鳴く
  • トイレ以外の場所で粗相してしまう
  • おしっこに血が混じっている
  • おしっこがキラキラ光っている
原因

ウイルスや細菌に感染することが原因とされていますが、なんと半分の50%は原因不明だそうです。ストレスや自己免疫性疾患が関わっているのではないかと考えられていますが、あくまで推測らしいのです。

予防法
  • 栄養バランスの良いフードを与える
  • 新鮮なお水を十分に与える
  • ストレスのない環境を作ってあげる

ドライフードを食べている猫でお水をあまり飲まない子は、猫の缶詰やパウチのウェットフードに変えてあげるとフードからも水分を摂取できます。また、猫が肥満になると運動量も少なくなり水分をとらなくなるので注意しましょう!

猫のおしっこの回数など健康状態に関するまとめ

猫のトイレ

猫のおしっこを含め、病気の早期発見のためには日頃の体調や体重の変化をよく見ることが大切です。猫のおしっこの回数など、違和感を感じたら獣医師に相談し、健康診断や血液検査を受けることも非常に有効です。

特に最近の血液検査については、以前より早期発見できる血液検査方法もありますので、病院によってはそういった検査をすることも可能です。猫のおしっこについて気になる場合にはかかりつけの獣医さんに相談してみてくださいね。

40代 女性 かえまり

わたしの飼っていたねこちゃんのおしっこの回数はある日、数えてみようとおもい、私の部屋のソファーベッドのとなりにトイレをおき数えてみることにしました。長男はけっこうためておしっこをするこなのでといれではかなりながく排尿していました‼次男猫は尿ろ結石になり、何度しゃがんでもでなくて、治療後にはスムーズに排尿できるようになり、楽そうでした‼
末っ子は、トイレが近くて病気でもないのに、一日6回ほどトイレにいっていました。どのこも、疑問を感じたりだいじょうぶかな?とおもったら獣医さんにつれていっていました。病気がなければあんしんですし、次男の時のように尿ろ結石がみつかったりもしますし、なので日頃からトイレにいくのが確認しやすい場所に置いて、みていてあげれば変化に気付きやすくなれるとおもいます。尿ろ結石のあのとも、何度かがんでもおしっこがでてなかったのも、目の届く場所にトイレを置いてきをつけていたからとおもいます。病気をみつけられてよかったなとおもいます。

女性 百日紅

猫のおしっこのチェックは欠かせませんよね。私は今飼育している猫が初めての猫なのですが、飼い始める前から猫ブログを良く読んでいて、猫とおしっこの関係はなんとなく知っていました。なので、飼い始めてからは、回数や量を毎日見るようにしています。おしっこのチェックができるように、白い紙製の猫砂を使用しています。その下には白いペットシーツを敷いているので、吸収されたおしっこのシミの色やシミの大きさで量をチェックしています。さらに、我が家の猫は私がそばにいるときにトイレに行くことがよくあるので、トイレ中の様子も見ることができています。飲む水の量のチェックは、今は目で見るだけで正確な量が分からないので、目盛りのついたお皿や計量カップなどで分かるようにしたいと考えています。「普段と違う」ということに素早く気付くことが大切ですよね。

20代 女性 サン

ウンチはよく健康バロメータとして使われていますがおしっこも健康に重要な役割を果たしています。猫のおしっこの回数や量、色などの正常の時の状態を知っておくことが大切だと思いました。発情期のマーキングはカウントしなくても別なので大丈夫です。

一番最初に確認するのが回数です。成猫は一日に平均2~3回します。子猫は一回に出す量が少ないので回数が増える3~4回と考えます。

健康なおしっこは黄色から濁っていない色です。冬などは寒くて水を飲む回数が減るので多少色が濃くなることもあります。頻繁に出ていた場合や泡立つおしっこをしていた場合も動物病院に行きます。
極端に色が薄い、ニオイの少ないおしっこも要注意です。

おしっこが濃いと尿中のミネラルが結晶化して尿石もでやすいです。
人気のキーワード