猫の心筋症とは?症状や原因から予防と治療法を知ろう

猫の心筋症とは?症状や原因から予防と治療法を知ろう

心筋症というと人間の病気に思えますが、猫にも心筋症はあります。猫にとって心臓の病気は重症になることが多いので、常に警戒しておきたいくらい危険な病気です。普段から愛猫のことをよく観察し、早期発見につなげて早期治療ができるよう心がけましょう。この記事ではそんな猫の心筋症の症状や原因、予防の仕方について解説していますので、心筋症が気になるキャットオーナー様の参考になれば幸いです。

251view

目次
猫の心筋症の症状とは?
猫の心筋症の種類は?
猫の心筋症の原因とは?
猫の心筋症の治療法とは?
猫の心筋症の予防とは?
心筋症の猫のケアとは?
まとめ

猫の心筋症の症状とは?

日差しに囲まれてくつろぐ猫

猫の心筋症とは、心臓の筋肉である心筋に異常が起こり、心臓の機能が低下する状態になります。心筋症は、何種類かに分類されますが、どれも発症理由は不明です。心臓を構成している4つの部屋(右心房・右心室・左心房・左心室)のうち、左心室で多く発症することがわかっています。

では、猫が心筋症になるとどのような症状が現れるのでしょう。

猫が心筋症になるとぐったりして元気がなくなります。

病気が進行すると、いつもぐったりとしています。運動も出来なくなります。

猫が心筋症になると乾いた咳が出るようになります。

呼吸困難などの症状が現れ、息が苦しそうになります。特に、運動した時や朝晩に多く空咳をするようになります。咳は、嘔吐するような感じです。

猫が心筋症になると腹水が溜まりおなかがふくらみます。

たんぱく質を含んだ体液がお腹に貯まります。

猫が心筋症になると食欲不振になります。

少し元気や食欲がなくなってきます。

猫が心筋症になると後ろ足の肉球が白くなってきます。また、後ろ足の麻痺が起きます。

心臓内に血の固まりができやすくなります。できた血栓が動脈を通り、後ろ足などの血管を詰まらせることで、麻痺が起こります。

猫の心筋症 その他の症状

  • 歯肉や舌の色が白っぽくなります。
  • 爪を切りすぎてしまった時に、血が出なくなります。
  • 体温が下がり、血圧も低下します。
  • 尿の量が減り、尿の色が濃くなります。

「キャピラリテスト」家庭で簡単に出来る猫の心筋症テストがある

キャピラリテストをすると、猫の血圧が下がっているかどうかをチェックする事ができます。キャピラリテストのやり方は、猫の歯茎を白くなるまで指で押します。指を離してから、赤みが戻るまでの時間をチェックするだけです。血圧が正常であれば2秒未満で色が戻りますが、血圧が低下している場合は2秒以上かかります。正確な検査法とは言えませんが、家庭できるセルフチェック方法としてはとても簡単で便利です。

以上の様な症状が出でいる場合は、心筋症の疑いがありますので、動物病院に行くことをおすすめします。

猫の心筋症の種類は?

眠る猫

心筋症は、症状により「肥大型」「拡張型」「拘束型」の3つに分けられます。

■肥大型心筋症
左心室の筋肉が肥大することで心室容量が減少し、1回の収縮で送り出す血液量が減ってしまいます。

■拡張型心筋症
心筋が細く伸びてしまい、左心房と左心室の壁が薄くなって収縮力が低下し、十分な血液を送り出せなくなってしまった病態を言います。

■拘束型心筋症
心臓内部にある線維が肥厚し、心臓の壁が固くなってうまく伸縮しなくなった病態を言います。

猫の心筋症の原因とは?

心筋症を患っている猫

心筋症の原因の多くは不明です。猫の心筋症の原因としては、次のようなものが考えられます。ほとんど場合原因不明ですが、ウイルス感染、自己免疫疾患、遺伝などの可能性があるそうです。

肥大型心筋症の原因はよくわかっていませんが、約6~10歳の短毛のオス猫に発症しやすいと言われています。また、遺伝が関係している可能性があると言われているのは「アメリカンショートヘア」「ペルシャ」「メインクーン」だそうです。

拡張型心筋症の原因としては、必須アミノ酸である、タウリンの不足が考えられています。この発見で、ペットフードにタウリンが配合されるようになりました。後に発症率が劇的に減少したという話もあるそうです。

しかしタウリンの摂取があるのにもかかわらず、発症するケースもあり、そのような場合は特発性といわれます。特発性の原因は、不明です。この拡張型心筋症は、シャムやアビシニアン、ビルマネコに多く発症します。原因は、遺伝が関係していると言われています。

拘束型心筋症の原因は不明です。推測ですが、心筋炎が何らかの関わりを持っていると言われています。10~12歳前後の老齢猫に多く発症します。また、他の肥大型と拡張型を併発することもあるそうです。

猫の心筋症の治療法とは?

ひっそり佇む猫

全ての心筋症は、心臓の働きを助ける薬や症状を軽減するための薬を投与する対症療法が主な治療となります。

肥大型心筋症は、肺水腫を併発しているときは利尿薬。この薬は、余分な水分を尿として体外に排出させます。また、心臓が広がりやすくなる薬や心臓の肥大を抑える薬などで症状の進行を防ぎます。また心臓を休息させ血小板の働きを抑える薬、血栓予防や、血栓を溶かす薬も処方されます。

拡張型心筋症の猫が、低体温を起こしているときは体を温め、脱水しているときは体液を補給します。また、「胸水」と呼ばれる胸腔内に水がたまる状態の病気を、併発している時は、注射針を用いてたまった水を吸い出します。

心臓に対しては、利尿薬、血管拡張薬が処方されます。病状によっては、強心薬などが処方されます。この薬は、心臓の機能を回復と血栓予防の効果があります。うっ血性の心不全を併発している場合は、入院することもあるそうです。

また、タウリン不足が病気の原因とされていますので、タウリンの配合されているフードにしましよう。米国飼料検査官協会による基準値は、フード100kcal中25mgが適正な配合量です。早期治療を受ければ回復する事がありますので、早期発見してあげましょう。

拘束型心筋症は、肺水腫を併発しているときは利尿薬。この薬は、余分な水分を尿として体外に排出させます。それから、心臓の収縮機能を抑える薬や、血管を拡張させる薬、血栓予防薬を処方されます。拘束体を安静に保って症状の進行を防ぎます。

この拘束型心筋症の予後はあまり良くないとされています。生存期間は約3~12ヶ月の間で、2年前後もてば良い方と言われています。

猫の心筋症の予防とは?

ぐったりする黒猫

残念ながら、良い予防法はないといわれています。しかし、猫をよく見ていることが大切です。いつもと違っておかしいところなどがあったら心音の確認をしてください。歩き方が、おかしく後ろ足をひきずっていたり、肉球が冷たくないか見て下さい。

心筋症の恐ろしいところは、発症してから、急激に病状が悪化することです。この病気にとって一番大切なことは、早期発見することです。

心筋症の猫のケアとは?

猫と野菜

猫を運動することなどはさせず、安静にします。暑すぎたり、寒すぎたりしないように猫の体温調節に気をつけます。部屋を移動する時などの温度差に気をつけてあげましょう。それから、猫にストレスをあたえないようにしましょう。ブラッシングをすると血液循環がよくなります。

猫のフードは、塩分の摂り過ぎに気をつけましょう。動物病院で、相談して、心臓に負担のかからない食事を与えるようにしましょう。定期的に動物病院に連れて行きましょう。

まとめ

じっと見つめる猫

猫の心筋症は、猫の日頃の健康管理が大切です。良いフードを与えることや、ストレスのないようにしてあげましょう。それから、この心筋症は早期発見・早期治療が重要です。

心筋症の中で拡張型心筋症は、早期治療を受ければ回復する事があります。その他の心筋症も同じで早期発見出来れば、治療が早くできます。心筋症の恐ろしいところは、発症してから、急激に病状が悪化することです。飼い主の方にとっては、とても心配で怖い病気です。猫の飼い主の方は、日頃から猫の行動や、身体の変化などを見つけるのも大事です。

それから、日常生活でなるべく猫の心臓に、負担のかからない生活を、心がけてあげましょう。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード