猫にフラッシュ撮影すると失明するの?

猫にフラッシュ撮影すると失明するの?

カメラのフラッシュが猫の瞳に悪い影響を与えることをご存じですか?最近はカメラの性能が良く、猫の写真を撮る機会が増えていますね。「ウチの猫をお友達に見せたいなぁ」と愛猫を可愛く撮るためにフラッシュの加減こだわったりすることもあるでしょう。ですが人にとって害のないものであっても、猫にとってカメラのフラッシュは目の機能を奪いかねない危険なものなんです。

221view

目次
猫の目とフラッシュ
なぜ猫の目にフラッシュはいけないのか
猫の目に与えるフラッシュの影響
フラッシュを使わない簡単な猫の写真撮り方
猫の撮影でフラッシュ以外に注意すること
猫とフラッシュに関するまとめ 

猫の目とフラッシュ

猫に向けられたフラッシュ

コンパクトカメラをお使いの方などは、お部屋では暗いとフラッシュが自動で作動する設定になっていませんか?猫やまた動物を撮る時には、フラッシュを解除しフラッシュを使わないように撮ってあげてください。フラッシュは猫や動物の瞳にはとても危険です。猫は人の様に眩しいと感じるだけではありません。猫の瞳の中には猫の目の色を綺麗に映しだしている水晶体がありますね。とても澄んでいて美しい猫の瞳です。フラッシュの使い方の加減でこの美しい猫の瞳が失明してしまう恐れもあるのです。

なぜ猫の目にフラッシュはいけないのか

猫の目アップ

人もそうですが 猫の瞳には たくさんの視細胞と神経細胞が集まっています。猫の瞳の細胞の中に「タペタム」いう反射板があります。その反射板に強い光が当たることで、網膜に光がより多く到達すると言うしくみを猫は持っています。そのため網膜障害もおこりやすい可能性が出てくるのです。

そのタベタムに強い光が当たると。猫が光を瞳に集めてしまって反射を起こします。それが猫を写真に撮った時に猫の瞳が光ってしまう写真を写してしまうのです。そのような写真があなたの携帯写真の中にもありませんか?いつも安易にフラッシュを使ってしまっていませんか?猫にとって、フラッシュは猫にとってはとても危険です。

猫にフラッシュの光。人が感じる光よりも、猫にとっては二倍以上それ以上の負担が掛かってしまっているのです。猫の瞳のあるタベタムと言う反射板は光をより沢山集めます。フラッシュの強い光が猫の美しい水晶体に入ってしまうことで、愛猫の目が失明してしまうこともあるのです。そんな訳で、カメラのフラッシュを猫の瞳に向けない注意が必要です。

猫は1回のフラッシュで失明する?

猫がフラッシュを焚いている

因みに、一回だけのフラッシュで猫の目が失明するということはあまりありません。猫の目の検査時などにフラッシュを使い検査をすることもあります。その一回のフラッシュで、猫の瞳が失明してしまう心配は考えにくいですね。ただカメラのフラッシュの様に、強い光を使う時などは、猫の網膜の障害などになりやすいことも考えられます。

猫の瞳にフラッシュが当たることで、猫が痙攣などを起こしてしまうこともあります。またさらに強い光のレーザーポインターやLEDなどの強い光を目に長時間照射することは危ないので絶対に避けてください。今のカメラのフラッシュにはLEDライトなども使われていることがありますね。

部屋が暗い時などに、猫が綺麗に撮れるからと言って、直接猫の瞳にLEDライトのフラッシュ向けることは危険が伴います。レーザーポインタなども、猫の遊び用具に使われることもありますね。そんな時には、十分な注意が必要になりますね。

猫の目に与えるフラッシュの影響

猫に向けられたフラッシュを防ぐサングラスイメージ

猫の目の障害

猫や動物の網膜に障害が出てしまうと症状の重さによって完治は中々、難しくなることもあります。美しい瞳を持つ猫などは、特に気をつけてあけだいことですね。くれぐれも、カメラのフラッシュ、特にレーザーポインターやLEDなどを使用する時には、気をつけてあげましょう。

フラッシュを使わない簡単な猫の写真撮り方

フラッシュ無しで猫を撮影するイメージ

「それでも猫の写真は撮りたい!」という、その気持はとてもわかります。ちょっとした猫写真の撮り方の説明をしますね。その前に守ってもらいたいこと「コンパクト写真でも携帯でもフラッシュは使わない」ここ大事です。フラッシュを使うと猫の目にも良くありませんからね。

猫を可愛く撮りたい

自然の光を利用してください。猫にフラッシュを使うことで怖い猫顔の目の光った写真が撮れてしまいます。昼間のカーテンを開けた部屋で撮ることこれが一番良いです。昼間の外では、シャッターを押すだけで良いのですからね。

写真を撮るコツ

猫の顔の自然な然位置くらいまで、カメラ下げること。撮りたいモノ(被写体)とカメラの目線は、同じくらいにすると良いですよ。

太陽の光の屈折加減

猫の至近距離でのフラッシュ無し撮影

ちょっとした光の加減で(フラッシュ絶対に使わない)愛猫の瞳の色を綺麗に撮る事ができます。

  • 愛猫の名前を呼んでみる
  • 猫じゃらしを使って、その振り向いた瞬間がシャッターチャンス!
  • 猫が無邪気に眠っている時を撮る

この時には出来ればシャッターの音は消しておくと猫も驚かないですみますね。

シャッターを押す時のコツ

脇を締めて息を止めて撮ると案外ブレないで撮れます。試してみて下さいね。

猫の撮影でフラッシュ以外に注意すること

猫とデジカメ

猫と写真

猫にはカメラのことはわかりません。レンズを向けられることは慣れていない猫にとって、もしかしたらとても怖いことかもしれませんね。一眼レフなどのレンズなどは、猫にとって大きな目で見られいる様な感じと思っていることでしょう。特に、外で猫を見かけた時などは、夢中で猫を追いかけて、写真を撮るなんてことは、避けてあげてくださいね。猫がカメラをトラウマなってしまうかもしれませんよ。それでなくても知らない人に追いかけられる事は、怖いのですから。 

猫の写真を撮る機材

様々なモノで写真を撮る事が出来る世の中です。iPhoneなどの携帯、iPadなどの大きな端末、また一眼レフ、ゲーム機でも写真が撮れてしまうのですから人も猫もびっくりな世の中になりました。そんな感じですから、猫もカメラに慣れて来てくれているのでしょうか。偶に、カメラ目線の猫も居たりもしますね。それでもあまりシツコイく長い時間、猫を追いかけて撮る事はやめておきましょう。猫に嫌われてしまいます。

猫とフラッシュに関するまとめ 

フラッシュ無しで猫を撮影した写真

猫の写真を撮るのは素敵な事だと想います。猫と飼い主さんとの思い出にもなります。可愛く撮れた時は、嬉しくなりますものね。それでも猫にとっては、フラッシュはとても危険なモノです。猫の瞳や顔などに向けて、決してフラッシュを使わないでください。大好きな猫。綺麗な猫の瞳を失うような事になったら、悲しいですよね。十分に気をつけて、可愛い写真を撮ってあげてくださいね。さらにレーザーポインターやLEDには、特に注意が必要です。どうぞ安心猫ライフをお過ごし下さい。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 女性 ピン

    一時期ツイッターで、ある方の「猫の撮影時にフラッシュを使わないで」という投稿が話題となったようですね。
    一度のフラッシュ撮影で失明などをすることはないようですが、それでも猫のストレスや負担を考えるとやはり、撮影時にはフラッシュオフにした方が無難なのは確かだと思います。

    ワタシも愛猫を撮影することは良くありますので、フラッシュを使っての撮影は絶対しないようにしようと思いました。
    フラッシュを使うと、結構キツイ印象の写真になってしまうので、せっかくの猫のあのほんわかとした雰囲気が出ないですしね!

    猫は瞳孔の細さを変えて瞳に入る光の量を調節できるので、言わば自然のサングラスを備えていると言えますが、それでも突然のフラッシュの光には、対応し切れないと思います。
    フラッシュを使う時は周囲が暗い時ですが、「暗い」という事は猫の瞳孔は大きく開いていることが多いでしょう。
    その時に突然フラッシュを使われたら・・・猫の瞳は収縮しきれず、まともに強い光を受けてしまうことになります。
    ちょうど人間が太陽を裸眼で見た時のように。
    ですから、フラッシュを使って猫を撮影することで、猫の目を痛めてしまう可能性があることは想像ができます。

    獣医師さんの中には一度くらいのフラッシュ撮影で深刻な障がいを引き起こすことは考えにくい、
    という意見を持っている方もいらっしゃるようですが、やはりなるべく使わないのがベストではないでしょうか?
  • 女性 まる

    猫は周りの光の量に合わせて瞳孔の開閉を瞬時にできるものの、フラッシュのような突発的な光には対応できないらしいですね。私も猫を撮影するときは、もちろんフラッシュを使っていませんが、暗いところで光るAF補助光もオフにしています。
    知り合いに野良猫の写真を撮っている写真家の方がいるのですが、近年は猫ブームで野良猫の写真を撮る方が増えているのだそうです。もちろん、そのこと自体はよいのですが、猫がかわいいというだけで、猫に対しての知識が全くないので、平気でフラッシュを使うことを怒っていました。
    わざとでないにしても、猫の目にダメージを与えてしまうことに変わりはないので、猫の写真をとるときは、十分気をつけないといけないですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード