猫のオスメスの見分け方を知ろう!性別ごとの特徴や子猫・成猫での判別法

猫のオスメスの見分け方を知ろう!性別ごとの特徴や子猫・成猫での判別法

猫のオスメスがどっちか分からない!そんなときに役立つ、猫のオスメスの見分け方を知っていますか?猫を飼う時、捨て猫を拾って飼い始めるケースも珍しくありません。しかし、猫のオスメスを判別する方法を知らなければその子の性別を判断することができません。場合によっては飼い主さん自ら猫の性別を見分けることは難しいとまで言われています。そんな猫のオスメスを見分けて、その子の性別を知る方法をご紹介します。猫のオスメスが分からない時の参考にしていただければ幸いです。

27331view

猫のオスメスの見分け方を知ろう!

あなたは猫のオスメスを見分ける方法をご存知でしょうか?知っている方からしたら「当たり前のこと」と感じるかと思いますが、猫の知識を一切持たない方、野良猫を拾った方などが猫の性別がオスメスどっちかを判断するのは非常に難しいと感じます。

下記では猫のオスメスを「子猫」と「成猫」に分けた見分け方を紹介しています。もちろん猫の男の子と女の子は身体の作りが違いますので、その子の性別を知ることは猫を飼う上で必ず知らなければいけないことになります。

ではさっそく「猫のオスメスの見分け方」を具体的に見てみましょう。

猫のオスの見分け方

猫のオスメスを見分けるイラスト

雄(オス)の子猫の見分け方

最初に、雄(オス)の子猫の見分け方です。
基本的に、肛門から陰部までの距離が長いのが特徴で、長さとしては誕生時で13㎜、生後4週齢ごろには20㎜ぐらいです(個体差あり)この肛門から陰部とは、肛門から包皮口(ペニスを覆っている皮膚の先端)までを指します。肛門から包皮までは毛に覆われ、ピンク色の皮膚は繋がっていません。肛門の下には、よく触ってみるとぷっくりとした睾丸が隠れており、肛門と生殖器のあいだを優しくつまんでみるとしこりのようなもの1~2個に触れられる場合があります。肛門の下には生殖器であるペニスが見えます。生殖器(ペニス)は、肛門よりもかなり小さくゴマ粒型をしています。

雄(オス)の成猫の見分け方

次に、雄(オス)の成猫の見分け方です。
生殖器での判別では、未去勢のオスでは肛門の下に睾丸がみられ、肛門から陰部までは子猫のときと同様に長くなります。それ以外での見た目からの判別方法は、2歳になった頃より骨格や筋肉の付き方がメスとはあきらかに異なるようになり、頭部は大きくがっちりした体形になり、体も大きくなることです。また、オス特有の性行動が生後1~1年半のあいだには始まるようになり、自分の縄張りに臭いをつけるスプレー行動をするようになります。かなり臭いの強いオシッコをふりまくことで知られています。

猫のメスの見分け方

猫のお尻

雌(メス)の子猫の見分け方

オスの次は、雌(メス)の子猫の見分け方を見てみましょう
基本的に、肛門から陰部までの距離が短いのが特徴で、誕生時で7㎜、生後4週齢ごろで11㎜ぐらいです(個体差あり)会陰部には、少し毛が生えているものの陰部は無毛で、肛門から縦に無毛な部分が続き肛門から外陰部までピンクの皮膚が繋がっています。肛門の下にある生殖器(陰部)は、肛門とほぼ同じ大きさでコーヒー豆型をしています。

雌(メス)の成猫の見分け方

最後に、雌(メス)の成猫の見分け方です。
基本的には、肛門の下にコーヒー豆型の陰部が見え、子猫のときと同様に陰部までの距離が短くなるので見分け方の違いはありません。年齢が高くなっても健康なメス猫であればふっくらとしなやかな体つきで、体は小さめです。

猫のオスメスを見分けやすい時期とは

猫のオスメスを見分けやすい時期

一般的に、生後2カ月頃まではオス・メスの見分けは難しいと言われています。2~3か月を過ぎてくるとはっきりとした判別ができるようになり、オスの睾丸のふくらみがわかるようになります。他の子猫もいれば一緒に比較してみたり、まわりの方にも協力してもらい一緒に判別させることが大切です。

猫のオスメスが交尾を始める時期について

猫のオスとメス

猫は、日照時間に影響を受けて発情を繰り返す季節繁殖動物で、日照時間が長くなる早春から夏にかけてが主な繁殖期間です。

オス猫には、特に決まった発情期はなく、人為的に発情を誘起したメス猫との交尾も可能であり、オスに限っては季節繁殖動物ではありません。
生まれたとき、精巣は腹腔内にありますが、生後4~5週で精巣は陰のうに下降し、生後8カ月前後で精巣や精巣状態に高い確率で精子が出現し、性成熟時期は、生後9~10カ月前後とみられています。
発情したメス猫の陰部に興味を示すようになるのは、生後6カ月頃であり、実際に交尾が可能になるのは生後1年を超えてからと言われています。(ただし個体差あります)これは、生殖機能が充分に備わり、交尾によりメス猫の受胎が確実になるためです。

またメス猫の性成熟は、生後6~8カ月頃で、目安としては体重が2.5㎏に達するぐらうの時期です。ちなみに短毛種は、長毛種と比べて性成熟が早まる傾向があり、屋外にも自由に行き来している猫のほうが室内飼いの場合よりも性成熟が早くなるようです。
メス猫の性成熟に達する月齢は、飼育環境によっても変化し、季節繁殖動物であるため晩秋に性成熟に達した猫は、春まで発情の兆候を示さないことも多くなります。春に性成熟した猫では比較的早い月齢で初めての発情の兆候を示します。

一般的に、早春から夏にかけてが発情を迎えるシーズンとなり、2~3週間の間隔で2~3回繰り返し、1~2カ月あいだをおいて再び発情を繰り返します。最近では、家庭内の照明の影響で1年中発情を示したり、自然排卵をしているメス猫がいるとの報告もあるようです。発情前期から、発情期に入るとオス猫に交尾を許容するようになります。

猫のオスメスの見分け方のまとめ

猫のオスとメスを判別するのは難しい

猫のオスとメスの見分け方についてまとめてみました。いかがでしたか?
生後間もない子猫の性別をオスメスどっちかに見分けることは大変難しく、特に生殖器が未発達なオスを見分けるのは、プロにおいても判断に迷うところです。しかし、成長とともにオスのスプレーやメスの発情期における鳴き声など、本能的な生殖行動を強く示すようになり、それに伴った避妊・去勢手術を行う場合にはその費用、そして生まれ持った特徴的な性質にも多かれ少なかれ性別的な差が生じることは否めません。初期の段階で、性別を見分けることで、将来的な猫との暮らし方について見通しをたてることが愛猫との幸せな生活に繋がるのです。

50代以上 女性 ごじちゃん

生まれたばかりの子猫は、性別がわかりづらくて本当に困ります。以前、妊娠している猫を保護しました。無事に出産し、3匹の子猫が生まれたので、引き取り手を探したのです。
そのうちの一人に、毛色が好きだけれど、牝じゃなきゃいらないと言われました。そこで子猫を持ち上げて、おしりの辺りを確認し、大丈夫、牝だよと言ってしまったのです。
他の2匹も引き取られ、私は母猫を飼うことにして、何もかもうまくいったと思ったのですが、牝だと言っていた子が、牡だったのです。
他の子猫と交換してもらおうかと申し出たのですが、もう数日一緒に暮らし、可愛くなってしまったから、いまさら交換なんてしたくないと言われました。
猫のことならなんでも知っていると思っていたのにと責められ、大いに反省です。
牡猫を飼うときの注意点を教え、そのまま飼ってもらえることになりました。
猫の性別が、もう少しわかりやすいといいのですが、無理な注文ですね。

40代 女性 goma

以前、某テレビ番組で猫の利き手についての特集を見たのですが、オスは左が利き手で、メスは右だと言っていました。そのため、何か物を取ろうとしたときや、おもちゃなどの動くものに反応するとき、とっさに利き手を出すからどっちがオスかメスかが、わかるのだとか。
我が家の猫はメスなのですが、確かに当たっていました。ちなみに友達が飼っているオス猫にも試してみたのですが、こちらも例に漏れず当たっていました。
あと、オスのほうがメスよりも顔が大きく、鼻筋の幅も広いと聞いたことがあります。でも、きっとオス、メス一緒に並ばせて比べないと私には全く区別がつかないんだろうな…。それに加えて、ただでさえ見た目だけでは判別しづらいのに、去勢してあると尚更わかりづらいです。

40代 女性 yoko

猫の性別を見分けるのは、私にはとうてい無理そうです。とくに子猫だとなおのこと難しく感じます。同じネコ科のライオンは、オスとメスとで見た目があんなに違うのに、なんで猫は見た目がそれほど変わらないのでしょうかね…。猫を見る目がなさ過ぎなのか、なんかあの猫オスっぽいぞ、と思っても全然違かったりなんてことはしょっちゅうです。
あと、猫の性格はオスとメスとで違いがあると言われていたりしますが、私にはそれもよくわからなかったりします。一般的にはオスのほうが甘えん坊で、メスは自立した性格と言われていますが、私が飼っているメスの猫は、とても甘えん坊です。人間もそれぞれ個性があるように、猫の性格も性別ではなく、個体差で違うように感じます

女性 のん

子猫の見分け方は、月齢が低いほど至難のワザですね・・・獣医師さんでも的中率80%位らしいですよ。
数をこなせば分かるようになるかもしれませんが、普通はそんなに、産まれて間もない子猫に触れる機会もありませんから・・・。
ですからある意味、分からなくて当然、とも言えますね!

個人的には、毛色で見分ける方法も使うと良いのではないかな、と思います。
でも、三毛やサビ、茶トラなど、限定はされてしまいますが。
三毛は良く知られているように、オスがかなり珍しい。サビもオスが珍しい毛色です。
茶トラや茶シロは逆に、メスが2割程度なので、お尻チェックと併せて毛色も見ると、ある程度の予測はつきそうです。
それでも、100%にはならないでしょうね〜
もしかしたらすごく珍しい、オスの三毛の可能性もゼロではありませんから。

成猫は頬や鼻の幅、ウィスカーパッド(俗称:ひげ袋)の大きさなどで見分けられる、と聞いたことがあります。
オスは全体的にどれも大きく、メスは小さいらしいです。
ウチの愛猫2匹はどちらもメスですが、やはり顔はコンパクトにまとまっています。
印象として顔がど〜ん(めちゃくちゃ感覚的ですが^^;)としているのが、オスなのだろうと思います。
人気のキーワード