猫の健康診断 料金・検査内容

猫の健康診断 料金・検査内容

皆さんは愛猫の健康診断を受けていますか?病気の早期発見の為には健康診断を定期的に受けることが非常に大切です。この記事では猫の健康診断の内容や料金について詳しく書かせて頂きました。参考になれば幸いです。

230view

猫の健康診断の料金

計算機を持つ医師

あくまで目安ですが、下記の料金くらいの動物病院が多いのではないでしょうか。

  • 身体検査  1000円
  • 糞便検査  500〜1000円
  • 尿検査  1000〜2000円
  • 血液検査 CBC検査  2000円  生化学検査 3000〜5000円
  • レントゲン検査  3000円  2枚以上であれば加算
  • エコー検査  2000円〜5000円

猫の健康診断 主な検査内容

チェック項目

動物病院で行われている検査を下記にまとめました。

身体検査

検査の基本です。体の外観や触診、聴診により体表に異常がないか確認します。目や耳、皮膚、毛並みは問題ないか、脱水がないか、体重は適正か、心拍数は正常かなど、獣医師が確認します。

糞便検査

家で採れた糞便を持ってくると良いでしょう。なるべく病院に来る直前の便が好ましいです。外飼いの猫では消化管寄生虫に罹患している可能性があります。

尿検査

こちらも病院に来る直前に採れたものが好ましいです。もし尿が採れなければ、膀胱を圧迫して採尿する圧迫排尿や、膀胱を針で刺して採尿する膀胱穿刺を行う必要性が出てきます。なるべく猫に負担をかけたくないですよね。尿検査では、尿のpH、タンパク、ビリルビン、潜血、グルコース、ケトン体、亜硝酸塩、白血球数、尿比重の他に、結石の原因である結晶などが存在しないか確認します。

血液検査

血液検査は、一般的な簡易検査であるCBC検査と、生化学検査に分けられます。CBC検査では、赤血球数、ヘモグロビン濃度、白血球数、血小板数などが分かります。生化学検査では、ALT(肝酵素)、AST(肝酵素)、BUN(尿素窒素)、CRE(クレアチニン)、GLU(グルコース)の他、電解質やコレステロール値など詳細に調べられます。また、ウイルス検査も併せて行うことができます。
健康な猫であれば上記の検査だけで十分ですが、上記の検査で異常を認めたり、異常の原因が突き止められなかった場合は下記の検査も行うことがあります。

レントゲン検査

胸部、腹部の内臓の形態や、骨の様子を確認する検査です。猫はじっとできないので、獣医師や動物看護士が保定しながら行います。

エコー検査

エコー検査では主に心臓と腹部を見ます。心臓では、レントゲンでは分からない心臓の断面や血液の流れなどを確認していきます。腹部では、レントゲンで異常があれば内臓の内部構造を確認していきます。痛みは伴わない検査です。
上記2つの検査は、胃の中に食事が混ざっていると食塊が臓器を見る際に邪魔になり、詳細が分からなくなりますので、検査の前は絶食水が基本です。

猫の健康診断の適切な頻度

聴診器と猫

年齢によって罹りやすい病気も異なりますから、大まかに子猫、成猫、老齢猫で健康診断の頻度を分けると良いと思います。1歳未満の子猫は、免疫も十分にありませんし風邪などの感染症に罹りやすい時期です。元野良の猫だったり、拾ってきた猫の中には寄生虫疾患やウイルス疾患に罹っている可能性があります。元気でも、こまめに健康診断に行くと良いですね。成猫はだいたい1年に1回程度の目安で良いです。10歳以上の老齢猫になると、体も弱くなってきて、腎不全などの老齢猫に多くみられる病気に罹りやすくなります。半年に1回の健康診断を受けると良いでしょう。

猫にも健康診断は必要

診断される猫

猫が病気と闘う際には、人間と同じように早期発見、早期治療が有利になることが多いです。ましてや猫は言葉を話せませんし、病気を隠す動物です。少し食欲がないな、と思っていたら末期の腎不全だった、ということもあり得るのです。愛猫の健康の為に、飼い主が積極的に健康診断を受けさせて下さい。

猫の健康診断に関するまとめ

猫と女の子

健康診断は病気の早期発見につながる重要なものですが、全部の検査を受けるとなると、15000円〜20000円はかかると思います。中には1年に1回の検査の為に、猫用貯金をされている方や、ペット用の保険に入られている方もいらっしゃいます。愛猫の為に皆さん頑張っていますね。また、普段の愛猫の様子をこまめに観察することも早期発見の補助になります。家での様子は、獣医師にとっても病気を見つける手がかりになりますから、恥ずかしがらずに、気になったことは相談してくださいね。

スポンサーリンク

人気のキーワード