猫にみかんを与える際の注意点と嫌う理由

猫にみかんを与える際の注意点と嫌う理由

肌寒い季節にになると、ポツポツとお店に出始めてくる「みかん」。ビタミンが豊富で健康にとっても良いものですが、猫にとってみかんはどうでしょうか?みかんが猫に与える影響を調べてみました。

1348view

猫にみかんを与えても大丈夫か

ハンドクリーム

結論から言いますと「猫にみかんは、皮を剥けば食べても構わないが、推奨はしない」ということになります。というのも、猫にとって良くないのは実ではなく皮なのです。みかんの皮に含まれる成分がどうやら猫にとっては有害のようです。

猫にみかんを与えてもいいのかは、これからが旬のフルーツですし、気になる方も多いと思います。近年では眠っている猫の手や頭などにみかんを詰んだりする画像が話題になりましたね。

猫にとってみかんの皮に含まれる「リモネン」は有毒

みかんの皮

リモネンなんて可愛いらしい名前ですが、この名前の由来は「レモン」にあります。柑橘系の果物の皮に香りの成分です。私たちがグレープフルーツなんかを剥いた時に「あー、いい匂い!」というのは実はリモネンの効果だったんですね。

リモネンは、オレンジ、レモン、グレープフルーツ、ライム、ユズ、カボスなど全ての柑橘系果物に含まれます。このリモネンによる柑橘系の爽やかな香りは、人間にとってはそれこそ、ストレスや不安などを和らげるアロマ効果があります。グレープフルーツを剥いた皮を、枕元に置くとよく眠れるというのも、まさにこの効果です。多くの化粧品や洗剤などに入っています。また、最近ではガンの治療や予防にも役立つ事が注目されています。

ここまで見るとみかんって本当に万能な果物ですが、これはあくまで人間への効果です。猫ちゃんには全く違った効果として現れます。

作用の仕方

まず、人間と違うのは猫ちゃんにはリモネンを分解する酵素が無いということです。リモネンを分解出来ないと、肝臓に異常が出てしまいます。

症状や悪影響

みかんの皮に含まれるリモネンを猫ちゃんが摂取すると、こんな症状が出ることがあります。

  • 嘔吐
  • 手足の痙攣
  • 麻痺
  • 皮膚のかぶれ

猫にみかんを近づけると嫌がる理由

隠れてこちらを見る猫

同じ部屋でみかんを食べたり、お酒用にグレープフルーツを絞った時など、猫が過剰に反応する事がありますよね。それにはキチンとわけがあったんです!

それは猫がみかんなどの柑橘系の酸っぱい匂い=腐敗臭や毒だと思っているから、なんです。

猫ちゃんはもともと狩りをして獲物を食べていたので、食べても良い肉と悪くなってしまって食べてはいけない肉を嗅ぎ分ける力が必要になります。そのため、腐敗臭独特のあの酸っぱい匂いを本能的に避けるが故に、みかんの酸っぱい匂いは苦手なのです。

みかんを詰まれた猫達も大丈夫

SNSなどで話題になっている、猫の体や頭にみかんを詰んだ画像ですが、別に口や体内に取り込んでいる訳ではないので問題はありません。しかし、剥いていないみかんでも敏感に反応する猫ちゃんはいるので、撮影をしてみたい際には嫌がらないかどうか気をつけながらしてあげて下さいね。

ハンドクリームなどに含まれる柑橘系の香り

みかんは前述した通り、人間にとってはとてもリラックス効果のあるものなので、化粧品にも多く含まれます。もちろんこれも、気にしない子は問題ありませんが、加工品でも敏感に嗅ぎ分ける猫ちゃんはいますので、最近化粧品を変えてから猫ちゃんに嫌われたと感じる方は、ちょっと見直してみると良いでしょう。

猫とみかんに関するまとめ

みかん

猫がみかんを前にしたときのあの異常な怖がり方の謎が解けましたね。人間にはあんなに重宝されて、むしろ食べる事を推奨されているみかんが猫ちゃんにとって有毒だったなんて、知らないと怖いですよね。でも、中には剥いてもらったみかんを美味しそうに食べる、みかん大好きな猫ちゃんもいるそうです。実の部分のみを食べること自体、悪影響は無いのですが、量に注意して、慎重にする必要があります。

また、食べなくてもみかんの皮を2つに折って、みかんの皮の汁を飛ばしたりした際に猫ちゃんにかかると、皮膚にかぶれを起こす場合もあるので、イタズラでもそんな事はしないで下さいね。

旬の栄養満点なものは猫ちゃんにも与えたいというのはどんな飼い主さんでも思いますよね。しかし、それは猫ちゃんにとって安全でしょうか?
飼い主として、猫ちゃんの安全を守るためには、猫ちゃんにとって良いものと悪いものをはっきりと区別しなくてはなりません。人間が食べている時に、猫ちゃんが欲しがったりするような素振りを見せた際には、きちんと調べて安全性を確認してから、自信を持って猫ちゃんに与えて欲しいと思います。

今回ご紹介したリモネンの効果には、幸い命を脅かすような危険はありませんがら中には少し食べただけで命を落とす物もあります。そうなってしまってからでは取り返しが付きません。まず、知ることが事故の予防になります。

女性 piko

猫にリモネンが良くない、という話は聞いたことがあります。
エッセンシャルオイル(精油・アロマオイル)でもオレンジ系のものにはリモネンが含まれているので、
使わない方が良いのですよね。

リモネンが多く含まれているエッセンシャルオイルは、
・オレンジスイート
・レモン
・グレープフルーツ
・ベルガモット
・ブラックペッパー
だそうです。

人間には癒しとなるエッセンシャルオイルも、猫には残念ながら、毒となってしまうことがあるのですね。
ネコ科の動物は、エッセンシャルオイルをうまく消化して栄養として利用できない為、中毒になってしまうそうです。
ティートゥリーオイルについては猫に対するその毒性がはっきりとしているそうですが、
実は、他のエッセンシャルオイルについてはまだはっきりと分かっていないとか。

ですが、リモネンを始め、フェノール類、ケトン類、ピネンを多く含むエッセンシャルオイルは
猫には毒性が強いと言われていますので、人間に使用する際には充分な注意が必要です。
ワタシも以前はエッセンシャルオイルを使っていた事がありますが、猫には毒となる、と聞いてからは使わないようにしています。

女性 tonakai

猫は柑橘系のニオイが嫌いだというのは聞いたことがありますが、なぜ嫌いなのかを考えたこともありませんでした。「皮に含まれる成分を分解する酵素がなく、それが原因で肝臓に影響が出る」、というのは驚きでした。人と猫は体の中の仕組みが違うということを頭に置いておかないと、事故につながるかもしれませんね。
我が家の猫は、人間が食べるものにあまり興味がなく、同じ部屋でミカンを食べてもほとんど無反応です。家族がみかんを食べた後に、猫に近づいて逃げられると「みかんを食べたからかな」と言っています。ですが、我が家の猫は抱っこされるような気配を感じると逃げるのでみかんは関係なく、家族はそれに気付いていません。みかんを食べる猫もいるとは、みかんへの反応は猫によってバラバラですね。

30代 女性 コウバコ

人にとっては美味しいものでも、猫にとっては危険な食べ物が身近にたくさんあるので、私自身が日頃から気を付けています。
と言うのも、肉食のハズのうちの子、うっかり置き忘れていたサラダ油をぺろぺろと舐めていたり、目を離した隙に食卓のから揚げをちゃっかり頂いていたりと、油断ならない一面を持っているからです。

から揚げにはしっかりとニンニク、しょうゆ、しょうが、塩コショウと味付けしてありましたし、油は、ハンバーグを焼いた後のもの。
大事には至りませんでしたが、玉ねぎの入った油を舐めたあとはやはり嘔吐してしまったので、ヒヤヒヤしました。

幸い、柑橘系は私が得意ではないので、あまり家にある事はないものの、身の回りには色々な匂いで溢れているので、キツイ香りには気を付けてあげようと、心から感じました。

女性 アリ

愛猫に嫌われたくないので、日頃から柑橘系の匂いには気をつけています。ボディシャンプーも、ボディクリーム、部屋の匂い消しも柑橘系の匂いのものは一切排除しました。
みかん自体は皮さえ食べなければ、毒ではないけど〜という感じなんですね。
でも我が家は、猫の食べ物以外は絶対に与えないようにしています。ずっとそうなので人間が食べているものを欲しがったりもしません。
以前、りんごを与えた時、一度口に入れたので、食べるのかと思ったら、そのあと噛むことも、味わうこともせずに「ぶっ!」と吐き出しました。きっと未知の食べ物過ぎて受け付けなかったのでしょう。
そういう経緯もあり、何でも食べたり、欲しがったりはないので、食べ物に関しては安心しています。

女性 ゆき

猫は柑橘系の香りを嫌うというのは有名な話なので、あげようかと思ったことは1度もありませんが、我が家の猫は子猫のとき、なんでもおもちゃにしてしまう時期があり、その時なんかはみかんを転がして遊ぶことがありました。

特に気にせず、「ダメ」、「こら」などと叱り、みかんを取り上げていましたが、リモネンという猫にとっては有害な成分が入っていることを知りませんでした・・・。時々興奮し、みかんに爪を立ててしまうこともあったので、もっと早く知っていればと後悔しています。

こちらにかかれている、嘔吐や手足の痙攣、そして麻痺や皮膚のかぶれなどは1度も見られなかったので、ホッとしました。

これから冬になり、みかんが我が家の食卓に置かれることが多くなりますので、気をつけなければと思いました。

30代 女性 みかん

うちの猫は、柑橘系の香りをとにかく嫌います。冬場にみかんを箱買いして、キッチンに置いておいても見向きもしません。ただ、記事にあったようにみかんの皮に含まれる成分は、猫にとって毒だと聞いたことがあったので、なるべく猫が触れない場所に保管するようにしています。

猫が子猫の頃は、このみかんの香りを嫌う性質を逆手にとって安全対策をしていました。テレビ裏などの入ると危険な場所に、柑橘系の香りがする石鹸などを置いておくと好んで侵入しなくなるので便利でしたよ!芳香剤や消臭剤は、香りが強すぎて猫にとっては、部屋全体にニオイが充満しているように感じてしまう可能性もあります。そのため持続性のない、石鹸やハンドクリームを含ませたコットンを香り袋に入れるなどの方法がおすすめです!また、コードを噛む癖がある子猫の場合、コードにも柑橘系の香りがするものを振りかける、塗るなどの方法が効果があるようです。ただ、口に入れてしまうことも考慮して選ぶ必要がありますね!

女性 ふーたん

以前友人の猫がフルーツを好むという話を聞き、猫もフルーツに興味を持つこともあることに驚いたことがあります。うちのねこたちはフルーツに全く興味を示しませんが、友人の猫ちゃんはバナナやりんごをたしなむ程度に食すらしいです。

もちろん大量にはあげないそうですが、私も猫ちゃんがだいすきでどうしてもほしがるのなら、無害ならば与えても・・・?と思ってしまいます。しかし、このような甘やかしが猫ちゃんを肥満にさせてしまう原因につながるでしょうね><;

そういえば、バナナやりんごを欲しがる時に少しだけ与えているという友人も、みかんを猫に与えているという話はしてきたことがありません。それについて特に気にしたこともありませんでしたが、この記事に書いてあるように、みかんの皮に含まれているリモネンという成分が、猫にはよくないことをわかっていたのかもしれませんね。
人気のキーワード