猫が飼い主と一緒に寝たがる7つの理由とは?心理や眠るときの注意点

猫と一緒に寝るととても幸せな気持ちになりますよね。夜中にふと目が覚めると隣に猫がいるという経験は、猫と生活されている方ならよくあることだと思います。でも、なぜ猫は飼い主と一緒に寝たがるのでしょうか?どういった気持ちで猫は一緒に寝るのでしょうか?そんな猫の「一緒に寝る」時の心理を見ていきましょう。

838view

猫が飼い主と一緒に寝るのは何故?

猫と一緒に寝る、とても微笑ましい光景ですね。そんな時、自分が信頼されている事を実感できて幸せな気分になれますよね。猫が飼い主と一緒に寝たがる理由は、どうやら信頼関係だけではなく他にもある様です。

猫が飼い主と一緒に寝る7つの理由

猫が飼い主と一緒に寝たがる理由は大きく分けて7つあります。

  • ①心地よい場所を知っている
  • ②子猫気分が抜けきらない
  • ③常に飼い主の傍にいたい
  • ④飼い主を信頼している
  • ⑤飼い主を守る
  • ⑥猫の習慣
  • ⑦飼い主より優位に立ちながら甘えたい

①心地よい場所を知っている

猫は家の中で一番心地の良い場所を知っています。猫の体温は平熱で38℃ですので人間の体温より高い事になります。夏の寝苦しい夜などは涼を求めて飼い主に寄り添うのです。
逆に冬は暖かな飼い主の布団の中に入り込んで温まろうとします。人間が使っている布団や毛布は肌触りが良いため、猫にとっても心地の良いものなので一緒に寝るのです。

②子猫気分が抜けきらない

去勢・避妊手術済み猫は、成猫になっても【子猫気分】が抜けきらないケースが多く、甘えん坊になり易いと言われています。餌を与える立場の飼い主は母猫的な存在となります。そのため飼い主に寄り添って一緒に眠るのです。

③常に飼い主の傍にいたい

猫は甘えたり寄り添ったりする事で安心感を得ようとします。ですから寝る時も飼い主と一緒にいたいのでしょう。中には独立心の高い猫もいますので、そう言う猫は【ツンデレ】精神で育ててあげましょう。

④飼い主を信頼している

眠ると言う事は一番外敵に襲われやすく危険な状態になります。猫は飼い主が自分に対して無害である事を認識しています。そのため飼い主の傍で寝れば自分に危険が及ばないと判断し、信頼して飼い主と無防備な状態で一緒に眠るのです。ですので飼い主が寝る場所なら何処でも一緒に寝ようとするでしょう。

⑤飼い主を守る

猫は信頼できる飼い主を自分の【所有物】、つまり縄張りだと思っている様です。そのため飼い主を他の猫に独占されると嫉妬したりするそうです。一緒に眠る事で、大好きで信頼している飼い主(縄張り)を守り、自分も飼い主から守ってもらえると言う【相互関係】が成り立っています。

⑥猫の習慣

猫は気まぐれだと思われがちですが、子猫のころから環境の変わらない寝床があれば、新しい寝場場所を探すよりは慣れた場所で眠ると言う習慣があります。また、たまたま寝場所が飼い主と同じだから一緒に寝ると言う場合もあります。

⑦飼い主より優位に立ちながら甘えたい

猫も犬と同じで順位をつける習性がある動物です。猫が飼い主のお腹や胸の上で眠る場合は、【飼い主より優位に立ちながら甘えたい】と言う心理が
働いているからです。この場合、自分の方が順位が上だと勘違いしているのかも知れません。
もう一つは、飼い主の体温で温まろうとしているからとも言われています。しかし何と言っても、大好きな飼い主のニオイを直に感じながら一緒に眠るのが、猫にとって一番安心だらです。

猫の寝ている位置で信頼度が分かる

猫とソファー

猫が一緒に寝ている位置で飼い主への信頼度が分かります。猫が飼い主を心から信頼している場合は【顔の近く】で寝ます。寝る位置が飼い主の足元に進むに連れて信頼関係が薄くなって行きます。
これは猫の【自己防衛本能】から来る心理です。例え足元であっても飼い主の傍で寝るのは、ある程度信頼している証拠です。懐いていなければ傍に寄って来ません。
この様に信頼度は添い寝する場所でハッキリ分かって来ます。

猫と一緒に寝る際の注意点

猫の寄生虫・ノミ・ダニの駆除をする

動物には寄生虫がつきものです。一緒に寝るのであれば、ノミ・ダニなどの寄生虫駆除を定期的に行なわなければなりません。
また、こまめなブラッシングで抜け毛対策をすると寄生の危険度が大幅に軽減されるでしょう。

猫の爪を切っておく

何かの拍子で引っ掻かれてしまう場合があるかも知れませんので、 爪は常に適切な長さに切っておきましょう。

猫の爪切り

引っ掻かれると【パスツレラ症】や【猫ひっかき病】に感染してしまう事があります。もし引っ掻かれたり噛まれたりしたら、必ず丹念に傷口を洗い消毒して下さい。もし自分の身体に何か変った症状が現れたら直ぐに医師の治療を受けて下さい。

布団で猫にオシッコをされない様に注意する

猫と一緒に寝る布団

せっかく愛猫と添い寝をしても、布団にオシッコされては困りますよね。その原因の一つとして考えられるのは未去勢であると言う事です。
未去勢の雄猫は犬と一緒で【マーキング】をします。
もう一つは、布団をトイレだと思っている場合もあります。一度布団にオシッコされてしまうと、ニオイが消えるまで同じ場所にされてしまいます。
また、ストレス,不満,不安を表現するためや、体に異変がある場合も布団に続けてオシッコする場合もあります。体に異変があると、自身の意思に関係なくオシッコの失敗を繰り返す事があります。もし布団にオシッコしてしまったら原因をよく考えて対処しましょう。
そしてオシッコ対策ですが、マーキングなら去勢すれば治る可能性は大です。しかし勘違いによるオシッコは躾が重要にまります。と言いましても猫は犬と違いトイレの躾けは大変です。一般の方ですと相当難しいと思われます。どうしても治らない場合は、防水シーツや防水布団カバーなどを購入して対処するしかないでしょう。

まとめ

寝ている猫

愛猫と一緒に寝るのは賛否両論あるでしょう。猫が飼い主との添い寝を望むのなら一緒に寝てあげて下さい。
アレルギーや感染症が心配だと思うのなら飼い主自体が健康である事です。健康でないと動物と同居できません。口や手を舐められたら洗ったり消毒すれば良いのです。寄生虫,ノミ,ダニが心配なら、寄生されない様に猫の体や室内を清潔にしておけば良いのです。それでも心配なら一緒に寝ない事です。
猫をこよなく愛する人ほど、そう言った対策をしっかりしているはずです。自分の愛する猫と一緒に寝るのは、飼い主にとって最高の喜びであり幸せでもあります。毎日猫と一緒に寝ながら深い信頼関係を築いて行って下さい。

おすすめ記事

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター