猫が飼い主と一緒に寝る7つの理由とは?心理や眠るときの注意点

猫が飼い主と一緒に寝る7つの理由とは?心理や眠るときの注意点

猫と一緒に寝るととても幸せな気持ちになりますよね。夜中にふと目が覚めると隣に猫がいるという経験は、猫と生活されている方ならよくあることだと思います。でも、なぜ猫は飼い主と一緒に寝たがるのでしょうか?どういった気持ちで猫は一緒に寝るのでしょうか?そんな猫の「一緒に寝る」時の心理を見ていきましょう。

50027view

猫が飼い主と一緒に寝るのは何故?

飼い主と眠る猫

猫と一緒に寝る、とても微笑ましい光景ですね。そんな時、自分が信頼されている事を実感できて幸せな気分になれますよね。猫が飼い主と一緒に寝たがる理由は、どうやら信頼関係だけではなく他にもある様です。

猫が飼い主と一緒に寝る7つの理由

水玉柄のベッドと猫

猫が飼い主と一緒に寝る理由は大きく分けて7つあります。

  • ①心地よい場所を知っている
  • ②子猫気分が抜けきらない
  • ③常に飼い主の傍にいたい
  • ④飼い主を信頼している
  • ⑤飼い主を守る
  • ⑥猫の習慣
  • ⑦飼い主より優位に立ちながら甘えたい

①心地よい場所を知っている

猫は家の中で一番心地の良い場所を知っています。猫の体温は平熱で38℃ですので人間の体温より高い事になります。夏の寝苦しい夜などは涼を求めて飼い主と一緒に寝る事があるようです。
逆に冬は暖かな飼い主の布団の中に入り込んで温まろうとします。人間が使っている布団や毛布は肌触りが良いため、猫にとっても心地の良いものなので一緒に寝るのです。

②子猫気分が抜けきらない

去勢・避妊手術済み猫は、成猫になっても【子猫気分】が抜けきらないケースが多く、甘えん坊になり易いと言われています。餌を与える立場の飼い主は母猫的な存在となります。そのため飼い主に寄り添って一緒に寝るのです。

③常に飼い主の傍にいたい

猫は甘えたり寄り添ったりする事で安心感を得ようとします。ですから寝る時も飼い主と一緒にいたいのでしょう。中には独立心の高い猫もいますので、そう言う猫は【ツンデレ】精神で育ててあげましょう。

④飼い主を信頼している

眠ると言う事は一番外敵に襲われやすく危険な状態になります。猫は飼い主が自分に対して無害である事を認識しています。そのため飼い主と一緒に寝れば自分に危険が及ばないと判断し、信頼して飼い主と無防備な状態で一緒に寝るのです。ですので飼い主が寝る場所なら何処でも一緒に寝ようとするでしょう。

⑤飼い主を守る

猫は信頼できる飼い主を自分の【所有物】、つまり縄張りだと思っている様です。そのため飼い主を他の猫に独占されると嫉妬したりするそうです。一緒に眠る事で、大好きで信頼している飼い主(縄張り)を守り、自分も飼い主から守ってもらえると言う【相互関係】が成り立っています。

⑥猫の習慣

猫は気まぐれだと思われがちですが、子猫のころから環境の変わらない寝床があれば、新しい寝場場所を探すよりは慣れた場所で眠ると言う習慣があります。また、たまたま寝場所が飼い主と同じだから一緒に寝ると言う場合もあります。

⑦飼い主より優位に立ちながら甘えたい

猫も犬と同じで順位をつける習性がある動物です。猫が飼い主のお腹や胸の上で眠る場合は、【飼い主より優位に立ちながら甘えたい】と言う心理が
働いているからです。この場合、自分の方が順位が上だと勘違いしているのかも知れません。
もう一つは、飼い主の体温で温まろうとしているからとも言われています。しかし何と言っても、大好きな飼い主のニオイを直に感じながら一緒に眠るのが、猫にとって一番安心だらです。

猫の寝ている位置で信頼度が分かる

猫とソファー

猫が一緒に寝ている位置で飼い主への信頼度が分かります。猫が飼い主を心から信頼している場合は【顔の近く】で寝ます。寝る位置が飼い主の足元に進むに連れて信頼関係が薄くなって行きます。
これは猫の【自己防衛本能】から来る心理です。例え足元であっても飼い主の傍で寝るのは、ある程度信頼している証拠です。懐いていなければ傍に寄って来ません。
この様に信頼度は添い寝する場所でハッキリ分かって来ます。

猫と一緒に寝る際の注意点

猫の寄生虫・ノミ・ダニの駆除をする

動物には寄生虫がつきものです。一緒に寝るのであれば、ノミ・ダニなどの寄生虫駆除を定期的に行なわなければなりません。
また、こまめなブラッシングで抜け毛対策をすると寄生の危険度が大幅に軽減されるでしょう。

猫の爪を切っておく

何かの拍子で引っ掻かれてしまう場合があるかも知れませんので、 爪は常に適切な長さに切っておきましょう。

猫の爪切り

引っ掻かれると【パスツレラ症】や【猫ひっかき病】に感染してしまう事があります。もし引っ掻かれたり噛まれたりしたら、必ず丹念に傷口を洗い消毒して下さい。もし自分の身体に何か変った症状が現れたら直ぐに医師の治療を受けて下さい。

布団で猫にオシッコをされない様に注意する

猫と一緒に寝る布団

せっかく愛猫と添い寝をしても、布団にオシッコされては困りますよね。その原因の一つとして考えられるのは未去勢であると言う事です。
未去勢の雄猫は犬と一緒で【マーキング】をします。
もう一つは、布団をトイレだと思っている場合もあります。一度布団にオシッコされてしまうと、ニオイが消えるまで同じ場所にされてしまいます。
また、ストレス,不満,不安を表現するためや、体に異変がある場合も布団に続けてオシッコする場合もあります。体に異変があると、自身の意思に関係なくオシッコの失敗を繰り返す事があります。もし布団にオシッコしてしまったら原因をよく考えて対処しましょう。
そしてオシッコ対策ですが、マーキングなら去勢すれば治る可能性は大です。しかし勘違いによるオシッコは躾が重要にまります。と言いましても猫は犬と違いトイレの躾けは大変です。一般の方ですと相当難しいと思われます。どうしても治らない場合は、防水シーツや防水布団カバーなどを購入して対処するしかないでしょう。

まとめ

寝ている猫

愛猫と一緒に寝るのは賛否両論あるでしょう。猫が飼い主との添い寝を望むのなら一緒に寝てあげて下さい。
アレルギーや感染症が心配だと思うのなら飼い主自体が健康である事です。健康でないと動物と同居できません。口や手を舐められたら洗ったり消毒すれば良いのです。寄生虫,ノミ,ダニが心配なら、寄生されない様に猫の体や室内を清潔にしておけば良いのです。それでも心配なら一緒に寝ない事です。
猫をこよなく愛する人ほど、そう言った対策をしっかりしているはずです。自分の愛する猫と一緒に寝るのは、飼い主にとって最高の喜びであり幸せでもあります。毎日猫と一緒に寝ながら深い信頼関係を築いて行って下さい。

女性 ごじちゃん

多頭飼いの場合、猫布団になりまして、飼い主は、よく悪夢をみることになります。なにしろふと目覚めると、胸の上に猫が……。
猫布団にも、定位置があるようです。やはり年長の、よく可愛がられている猫が、顔に近い位置にきます。
いつもえらそうな、デブの牡猫が胸元に乗るので、これが一番やっかいです。
大人しい猫たちは、足下でひっそり寝ています。可哀想に、時々飼い主の足で、蹴飛ばされてしまいますが。
猫布団は楽しいですが、やはりシーツやカバーを、まめに洗濯することが必要です。粘着テープの毛取りであるコロコロも、寝る前と目覚めた後の必需品ですね。
悲しいことに、老いて尿失禁のある猫は、自主的に猫布団に加わらなくなりました。ホットシートの上で、いつも一人で寝ています。
猫なりに気を遣ってくれたのでしょうか。
不思議なのは、夜になるとベッドに来るくせに、日中はそれぞれが好きな場所で寝ていることです。猫なりに、ルールでもあるのでしょうか。布団が干せて、助かりますから、そのほうがいいのですけど

40代 女性 アイビー

愛猫と寄り添って寝るのは、もうこの上ないぐらい幸せで、私にとっては1日の中で一番大好きな時間です。いつも私の腕枕で気持ちよさそうに寝てくれています。ただ、唯一の難点は寝返りがうてないことですかね。この幸せなひとときを壊したくないけど…、体が痛いから動かせてくれ、という思いの間をいつもさまよっています。
寝ていると暑くなるせいか、ときどき前足をビヨーンと伸ばしてくるのですが、それが私の顔の上にかぶさり、フニャっと柔らかな肉球があたる感触もまた何とも言えず、たまりません。
最初に暮らし始めた頃は布団の感触や音に警戒して、なかなかベッドの中に入ろうとしなかったのが、まるで嘘のようです。今は当たり前のように一緒に寝ていますが、信頼してくれているからこそなんだなぁと、この記事を読んで改めて感じることができました。

50代以上 女性 ともちゃん

近所で多頭飼いをしていた12才のメス猫ちゃんが、家出?をしてきて2年前から家で飼い始めました。
最初は警戒して二階で一匹で寝ていたしたが、次に部屋のソファー、ベッドの下と徐徐に距離感が縮まって今は枕を一緒に使って寝ています。
「ねねちゃん、寝るよ」 って声を掛けるとベッドの上に飛び乗ってきます。
本当に警戒心の強い猫で触ろうとしただけで引っ掛いたり、怯えていたりしていた事が嘘のように穏やかな顔になりました。

30代 女性 ひぃーちゃん

我が家には、チンチラ×エキゾチックショートヘアのマーブル(オス9歳)と、日本猫のミル(6歳メス)が居ます。
我が家の猫の寝床は、猫用のベッドと、ダンボールが好きなので、そこに寝たりして居ます。
冬は、こたつを出しているので、その中で寝て居たり、夏の暑い日には、玄関の床や、お風呂場などで寝たりしています。
気が付けば、近くで寝て居ると言う感じですが、特にミルは、捨てられていた猫なので、特に甘えん坊な所が有り、私が夜寝ようとすると、私の横にくっつくように寝たりしています。

女性 kaori

毎日、愛猫と一緒に寝ています。布団の中に潜り込むことは嫌みたいで、顔だけ布団から出して私の腕枕で寝るのですが、その姿は人間顔負けで笑ってしまいます。そのため、朝起きると猫の顔が急接近し過ぎていることもしばしば…。
本当にときどきですが、私のところには来ないで違うところで寝ていたりするのですが、そんなときは自由に寝返りができて楽な反面、ちょっと寂しくも感じます。
猫と一緒に寝るのは賛否両論ありますが、私の猫は外で暮らしていた期間が長いので、今さらケージに入れて寝かすのはほぼ無理です。外で生活していたときの様子も見てきているので、猫が一緒に寝たいと感じているのであれば、そうしてあげたいなとついつい思ってしまいます。

50代以上 男性 イチロウ

我が家のベッド事情は、飼い主派と最長老の「とら」派、とに分かれていました。

どういう事か、と言いますと、長男猫と次男猫のみの折には、飼い主と一緒に寝ていたのですが、次々と保護猫さんを家に入れて行く過程で、長男猫の「とら」の人気が飼い主を上回り、猫達のみで寝る決りになった訳です。

「とら」のみが居る時代には、勿論、一緒に寝ていました。 手枕で。 詰まり、私が右を向いて寝て、右手を枕に差し出すと、「とら」が顎を載せて寝るのが毎夜のことでした。 

困ったのは、私が上を向いて寝ると、駄目出しをされることでした。 詰まり、「とら」は、飼い主が自分を見ていないと機嫌が悪かったので、私は常に右を向いて寝なければならなかったのです。

日中は、何処でもベッドにするのが「とら」の性格で、キッチンのテーブルであろうが、玄関のマット上であろうが、好きな場所がベッドになるのでした。 それでもお気に入りの場所がありましたので、夏には玄関に木製のベッドを置き、冬には、リビングの窓辺に毛布を敷いたベッドを置き、と工夫しました。

保護した仔猫達は、飼い主よりも「とら」に懐いたので、何時しか、飼い主は無視され全員が「とら」の廻りで寝るようになりましたので、五、六頭が集まり寝られる大型で丸いベッドをリビングに置きました処、冬には猫団子が見られるようになりました。

飼い主は、猫と一緒に寝られなくなったのですが、「とら」は自分の役割を自覚していたのか、毎朝、飼い主を起こすのが日課になり、月月火水木金金と休みなく飼い主を起こしてくれる日が十数年続きました。 

そして、「とら」を我が家に迎えた二十年前のように並んで寝たのは、昨年の晩夏、お別れをするまでの数日のことでした。

女性 Keiko

私の愛猫は基本夜は私と一緒に寝ます。毎年寝る場所のブームがあるようで、今年は私の脇に寝て、頭を私の腕に乗せて寝るのが、彼女の中でのブームになっているようです。こちらとしては、とっても嬉しい限りなんですが、体勢をかえられないのと、たまにフワフワの毛が顔に襲いかかってくるので、ぐっすり眠れません。でもこの子がぐっすり眠れているのなら、しょうがないと思っています。ねこちゃんと暮らしていらっしゃる方にはきっとあるあるネタではないでしょうか。記事を読んで顔の近くで寝るほど信頼度が高いということですが、正直とっても嬉しいです!いつも我が家に来て、この子は幸せだと思ってくれてるのかな?とふと考えることがありますが、少しでも安心して過ごしてくれているのかなと寝顔をみて思っています。

女性 のん

ウチには2匹の雑種猫がいますが、やはり肉布団が1番温かいのか、冬はワタシの布団に潜ってきます。ですが夏は悲しいかな、ほとんど寄り付いてくれません(泣)。近くにはいてくれますが・・・まぁでも、もし夏にベッタリくっつかれても暑いので、逆に良いのかもしれません。

他の方の体験談にもありましたが、腕枕は定番なのでしょうか?少し前に何だか腕がしびれるなぁ、と思って目を開けたら、愛猫がワタシの腕枕で気持ち良さそうに寝ていて思わず、「お前はワタシの恋人かっ!!」とツッコミを入れたくなりました。本当に猫の行動には、楽しませて貰えますね。

猫と寝るのはとても幸せですが、じりじりと攻めてきて、そのうち布団の真ん中に陣取るのは、止めて欲しいと思っています。ワタシの寝る場所が・・・ソファなどでもそうですが、トイレなどで少し席を外したダケなのに、戻るとしっかりど真ん中を取られているのは、日常茶飯事です。

女性 にゃコロ

日中は自分のお気に入りの窓ぎわで寛いでいる愛猫ですが、夜中に気がつくと私の足下や頭上の枕元で目をつむっている事が頻繁です。
お腹に乗っかる事もあり、重さの辛さで目が覚める日常も当たり前に考えていました。
この行動を深く考えた事はありませんでしたが、寝心地の良さと、自分が上な意思表示は、心当たりアリです。
なにより、重さで目覚めた時の愛猫の優越感たっぶりな目には、真夜中なから"おいおい!"とツッコミをしてしまう程。
頭上の枕元でゴロゴロと喉を鳴らしてフミフミ付きの時の可愛さはたまらずで、私が動くと止めてしまう勿体なさから、狸寝入りをしてしまう事もあります。
一方、一緒に寝てくれる幸せな日常の隣に潜むのが、おトイレ事情。以前羽毛の掛け布団を使っていましたが、度々その上でおしっこをされてしまい、羽毛布団とは随分昔にお別れしました。トイレのしつけも完了していて、去勢も終わっていましたが、柔らかい布団で心地よく、人で例えるなら
"ウォシュレット付きの温かい便座"
なんでしょうね。と獣医さんに言われて、納得しつつ、勘弁してね~。と夜な夜な涙な日々でした。猫のおしっこは、熱湯ですすぐのが良いと聞いた事があり試しましたが、やはりクリーニング行きの痛い出費だったのを思い出します。
羽毛布団、要注意です。

女性 匿名

最近、一緒に寝てくれない。たまに足元で寝ていたのですが、誰もいない二階で一匹でねています。さびしいです。
何が原因かな?

男性 匿名

おきるたびに違う場所で寝ていますね。

40代 女性 サスケママ

最近母猫から逸れた子猫を引き取りました。病院に連れて行ったところ5週という事。小さくて愛らしくて私の後をべったりくっついて離れない子猫ちゃん。寝る時は私の枕の上で私の顔にピッタリ寄り添って寝ています。寝返りをするとすかさず移動してまたピッタリくっついて離れません。お母さんと逸れてどんなに不安で寂しかった事かと思うと涙がでます。
人気のキーワード