猫の腹水の原因と症状。隠れた病気の可能性について

猫の腹水の原因と症状。隠れた病気の可能性について

腹水は健康な猫にも存在しますが、腹水が増えるということは病気が隠れている可能性が高いです。お腹が急激に膨らんできたとなれば、早めに獣医さんにかかることをお勧めします。ここでは腹水が貯まる病気について詳しく書きました。

8638view

目次
猫の腹水とは
猫の腹水の原因と症状
猫の腹水の見分け方
猫の腹水に関するまとめ

猫の腹水とは

女医と猫

腹水とは、その名の通り、お腹の中の水、のことです。本来、健康な猫でも少量の腹水は存在します。腹水は腸がうまく動くように潤滑油のような役目を果たしていますが、お腹の中での量は腹膜という部分から吸収されるため、一定に保たれています。この腹水が何らかの原因によって増えることがあります。

猫の腹水の原因と症状

猫に注射

腹水が増えると、まず飼い主さんが気づくのはお腹が膨らんでいたり、張っていたりすることです。腹水の原因によってはそのほかの症状も出てきます。腹水が大量に存在すると、肺を圧迫して呼吸が苦しくなることもあります。

腹水が増える原因は、腹水が腹膜からうまく外に排出されないことがひとつです。血中のアルブミンというタンパクが減ることで、吸収力が減ります。血中のアルブミンを低下させる病気は、もちろん栄養的にタンパクが足りていないということもありますが、それ以外に下記のものが挙げられます。

  • 肝臓疾患
  • 蛋白漏出性腸症
  • ネフローゼ症候群などの腎疾患
  • 猫伝染性腹膜炎
  • 膵炎
  • 消化器型リンパ腫などの腫瘍
  • 異物
  • 心筋症などの心臓疾患

肝臓疾患

慢性肝炎や門脈の異常などは肝臓の機能を低下させてしまいます。肝臓はアルブミンなどのタンパクを合成する場所ですから、肝臓がうまく働かないとアルブミンが産生されないため、腹水が腹膜から吸収できなくなります。肝臓が悪いと、嘔吐や下痢などの消化器症状や食欲不振、黄疸などの症状が出ることがあります。

蛋白漏出性腸症

アルブミンが腸内に異常に漏れ出る腸疾患です。リンパ管拡張症や、炎症性腸疾患などが挙げられます。消化器症状が出ることがあります。

ネフローゼ症候群などの腎疾患

腎臓が悪いと、尿中からアルブミンが流れ出て行くことになり、血中のアルブミン足りなくなります。ネフローゼは、アビシニアンやシャムなど遺伝性が原因であったり、そのほかの基礎疾患をかかえているとなりやすいと言われています。治療は、基礎疾患の治療を優先します。

頭を抱える猫

その他、腹水が増える原因として、腹腔内の激しい炎症が考えられます。猫の腹腔内の炎症性疾患は下記のような病気が挙げられます。

猫伝染性腹膜炎

コロナウイルス由来の感染症で、ワクチンや特効薬はありません。若い猫で多頭飼いや純血種に多いと言われています。病型がウェットタイプとドライタイプに分けられますが、腹水が貯まるのはウェットタイプの方です。食欲や元気がなくなり、発熱を認め、後に下痢や嘔吐、黄疸なども出てくることがあります。血液や腹水からウイルスに対する抗体検査を行い、診断することができます。治療は、症状を緩和させる対症療法になります。

膵炎

激しい膵炎を起こすと腹水が貯まってくることがあります。猫は解剖学的に膵管と胆管、腸が隣接している為、胆管炎や腸炎が膵炎を引き起こすことがありますし、肝臓、腸、膵臓全てに炎症を併発している状態を三徴候ということもあります。膵炎では嘔吐や下痢などの消化器症状が出ますし、黄疸も出てくることがあります。脱水が進行しないように栄養支持と点滴が必要です。

消化器型リンパ腫などの腫瘍

消化器系の腫瘍でも炎症を引き起こし、腹水が溜まります。腫瘍そのものが壊死して、腹水自体が膿になり、腹膜炎や多臓器不全を引き起こすこともあります。消化器型リンパ腫とは、腸管や隣接するリンパ節などにできる腫瘍です。老齢の猫や、白血病ウイルスを保持している猫はリスクが高まります。食欲不振、嘔吐や下痢などの消化器症状も出てきます。治療は外科手術や抗がん剤治療となりますが、具合が悪いと、脱水の予防であったり、栄養支持であったりと対症療法になる場合も多いです。

異物

腫瘍もそうですが、異物も腸閉塞を起こす原因のひとつです。腸閉塞によって腸炎や腸の壊死をもたらします。異食癖のある猫は要注意です。特に猫が飲み込みやすいサイズのものや、紐状のもには気をつけましょう。一度異物を食べてしまうと、異物が胃から十二指腸までにあれば内視鏡で除去できる可能性はありますが、最悪外科手術で胃腸を切開し取り除かなければいけないことになります。

心筋症などの心臓疾患

最後に、心臓病が原因の腹水について、です。

猫では肥大型心筋症が多く、この病気は心臓の筋肉が厚くなることで心臓がうまく収縮できずに、血液の循環不全を引き起こします。食欲や元気がなくなり、肺に水が貯まったりすると口を開けて呼吸することもあります。腹水も貯まってくることがあるため、お腹が張ることがあります。循環不全のため、血栓ができやすく、後肢麻痺を生じることもあります。循環不全を改善する薬で治療することになります。

猫の腹水の見分け方

診断中の猫

単なる肥満では、腹部は柔らかい脂肪が触れますが、腹水が貯まると、触感的に水風船のようにパンパンで、弾くと響きがあります。また、妊娠などでは徐々にお腹が膨らんできますが、腹水は数日で急激に増えることが多いです。

猫の腹水に関するまとめ

診察を受ける猫

腹水が貯まってくると外観的に特徴的な膨らみ方をしますので、飼い主さんも気づきやすいと思います。猫に腹水をもたらす病気は多いですから、飼い猫のその他の症状についても詳しく獣医さんに伝えましょう。

  • 40代 女性 ririco

    猫を飼っているので、何かあったときのために猫の病気について調べたりするのですが、腹水のことは全く知りませんでした。腹水を引き起こす病気がこんなにたくさんあると知って少し不安に感じましたが、改めてワクチン接種や定期検診はしっかりとしておこうと思いました。そうすることで、腹水の異常を予防することができますし、仮に何かあったとしても、早期に発見できるかと…。

    それに加えて、普段猫の体を撫でるときに、何かいつもと様子が違うところがないか、気に掛けておくことも大切ですね。お腹はフサフサの被毛で覆われていますし、とくに、私が飼っている猫は、お腹を触られるのが苦手なので、今まで積極的に触ろうとはしていませんでしたが、少しずつ慣らしてときどき触って確認していこうと思います。
  • 女性 むぅ

    動物病院で勤務しております。
    当院でよく見る腹水の症例は、成猫はリンパ腫、子猫は猫伝染性腹膜炎です。

    腹水が貯まると、臓器や肺を圧迫して呼吸が苦しくなってくるので、原因はどうあれ、定期的に外から針を刺して腹水を抜かなければなりません。

    リンパ腫の場合は、抗がん剤などの内科治療が一般的ですが、抗がん剤の副作用でさらに体が弱ってしまうリスクもあります。そのため、抗がん剤の治療をするかどうかは飼い主さんに選択してもらっています。
    どちらにせよ予後不良であることが多いため、抗がん剤を使わずに、ステロイドなどを使ってできるだけ腹水が貯まるペースを遅くしていったり、出ている症状を抑える対処療法を行って、余生のQOLの向上を図るケースが多いです。

    伝染性腹膜炎は、免疫力を上げる注射での治療が一般的ですが、こちらも予後不良であることが多いため、ステロイドを使用して炎症を抑えながら、出ている症状を改善する対処療法を行うことが多いです。

    どちらも病気が進行すると根治が難しい病気なので、悪い日が続いたり、ちょっと調子が良くなったと思ったらまた悪くなったりと、浮き沈みのある生活を続けなければならないのでかなり辛い闘病生活を送ることになります。
     
    猫は極限まで弱味を見せない動物ですので、飼い主さんが「ちょっと元気がないかも?」と思った頃には、病気がかなり進行していることが多いです。
    ですので、特に気になる症状が無くても、定期的な血液検査、レントゲン検査、超音波検査を欠かさないことをおすすめします。
  • 40代 女性 たなか

    4歳9ヶ月の飼い猫が悪性腫瘍になりました。現在腹水胸水も溜まっており、トイレはまだ出ていますがよく粗相をしています。ご飯は食べれています。週3回パラディアのお薬を飲ませています。週四回はステロイドを投薬しています。かかりつけの先生に、苦しそうなので腹水が胸水を抜いていただく相談をしましたがタンパクが抜けて低血圧を引き起こしたりしますよ、と言われたので様子を見ていますがお腹がかなり張っており、水を抜いてもよいのでは、と思っています。セカンドオピニオンもしました。そちらの先生は胸水を抜くと楽になるので抜きましょうか、と言われましたが針を刺して痛い思いをさせるのではと、薬を飲ませ続けてそっとしておく方が良いのか決めかねています。アドバイスどなたかよろしくお願いいたします。
  • 女性 ゆんぼ

    記事を見て猫の腹水の原因に数多くの病気が隠れているを改めて実感しました。動物病院に通っていた患者さんの中で、異物を食べたことで腹水が貯まるまでに発展してしまった猫ちゃんについての話を聞いたことがあります。患者さんの話によると、よく紐をおもちゃにして遊んでおり、とある日お尻から紐らしきものが数センチ出ていたけれど、いつの間にか引っ込んでしまったから1週間くらいそのままにしておいた、最近お腹が膨らんでいた、とのこと。手術でお腹を開いた時には紐が腸を引き裂いて、腸破裂を起こし腸液が腹水として貯まっていたようです。残念ながら、その猫ちゃんはしばらくして亡くなってしまいました。このお話から、紐状異物の恐ろしさを思い知らされました。誤食は防げるものですから、家庭内では十分気をつけたいものですね。
  • 女性 阿部

    腹水ですか・・・ワクチンや特効薬が無いと言うのが残念ですね。
    うちで1番最初に飼った猫は去年腎不全で亡くなりました。
    現在は3匹の猫と一緒に生活していますが、病気になって苦しみながら亡くなる姿を見るのはもう嫌ですね。

    気になったので調べてみましたが、コロナウイルスは弱いウイルスであるものの、
    咳や便から排出されるので猫の集団では容易に広がってしまい、あっという間に多くの猫に感染してしまうようですね。
    このコロナウイルスによる重症化は猫だけのモノなのですね!

    うちも多頭飼いですので
    一匹が感染したらあっと言うまに他の猫にも移りますね。

    気を付けないといけないなと思いました。
  • 女性 のん

    腹水が溜まると呼吸が苦しくなって、辛いようですね。病気によってはほとんど動けなくなってしまうこともあるようで、考えただけで心が苦しくなります。

    ウチの猫は良くヒモのおもちゃで遊んでいて、食べてしまったことがありました。幸い、うんちと一緒に出てきていたので幸運でしたが、それ以降はおもちゃを出しっぱなしにしないよう、注意しています。

    腹水が溜まった猫ちゃんが、どんなに苦しくても自分で立ってトイレに行ったり、飼い主さんと一緒に寝るためにベッドに飛び乗ったりすることもある、と聞きました。そのように生きようとする強い気持ちは、私たち人間に何かを教えてくれているような気がします。

    愛猫の苦しそうな姿に安楽死を考える飼い主さんもいるようですが、どうするのが1番良いのかは、難しい選択となりそうですね。色々と考えさせられる記事でした。
  • 50代以上 女性 猫大好き

    19歳になる猫とその子が産んだ4匹のうち2匹と暮らして居ました。
    子供達は
    16歳で2匹とも亡くなりました。
    お母さんである、猫は何1つ病気もせず、病院に掛かったのも、怪我ぐらいでしたが、急にご飯を食べないので、寿命だなあと思っていましたが、4キロ強あった体重が3キロまで落ちたのに、お腹だけがパンパンで、病院に行きましたら、腹水が溜まっいると。
    腹膜炎を起こしてると。
    便も10
    日はみていません。
    お腹が動くようにと5日前に点滴などして頂きましたが、全く出なくて、お水しか飲みません。
    先生はしんどくないように、お腹が痛くないようにと、言われて点滴をして貰いましたが、これはどうしようも無いのでしょうか?
    便を出し、少しでも、腹水が減る治療は無いのでしょうか?
  • 40代 女性 YOU

    11歳になるうちの子のお腹が急に張ってきてお医者に連れて行ったところ、腹水がたまっているのをレントゲンで確認しましたが切開して見ないと何とも診断できずリスクがかなり高いとのことでそのまま薬もなく帰ってきました。
    昨日までは食べていたのが急に食欲がなくなりただ見守るだけしかできません。
  • 40代 女性 パン君

    生後約3ヶ月になるオス白黒柄の雑種でボランティアの壌土会の人から貰う猫ですが 保健所からの3姉弟のメス、オスと聞き見て選ん出来たのですが 生後2ヶ月目に出会い貰い手になりました。3ヶ月になりますが 胴回り?首から下の身体が数日過ぎても全体には成長してると思うが見た目が貧相で栄養失調の子供のような腹だけポンポンで体つきが変わるはずなのに貧相でワクチン済みと聞いたけど新しい環境に来てすぐ風邪何かとデリケートな子なのかな?腹膨れてパンパンだと思って見てたら常にポッコリ してるから腹水と聞き当てはまるかもって考えてしまい

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード