猫の腹水の原因と症状。隠れた病気の可能性について
元獣医師

猫の腹水の原因と症状。隠れた病気の可能性について

腹水は健康な猫にも存在しますが、腹水が増えるということは病気が隠れている可能性が高いです。お腹が急激に膨らんできたとなれば、早めに獣医さんにかかることをお勧めします。ここでは腹水が貯まる病気について詳しく書きました。

2956view

猫の腹水とは

腹水とは、その名の通り、お腹の中の水、のことです。本来、健康な猫でも少量の腹水は存在します。腹水は腸がうまく動くように潤滑油のような役目を果たしていますが、お腹の中での量は腹膜という部分から吸収されるため、一定に保たれています。この腹水が何らかの原因によって増えることがあります。

猫の腹水の症状

腹水が増えると、まず飼い主さんが気づくのはお腹が膨らんでいたり、張っていたりすることです。腹水の原因によってはそのほかの症状も出てきます。腹水が大量に存在すると、肺を圧迫して呼吸が苦しくなることもあります。

寝ている猫

猫の腹水の原因と病気

腹水が増える原因は、腹水が腹膜からうまく外に排出されないことがひとつです。血中のアルブミンというタンパクが減ることで、吸収力が減ります。血中のアルブミンを低下させる病気は、もちろん栄養的にタンパクが足りていないということもありますが、それ以外に下記のものが挙げられます。

肝臓疾患

慢性肝炎や門脈の異常などは肝臓の機能を低下させてしまいます。肝臓はアルブミンなどのタンパクを合成する場所ですから、肝臓がうまく働かないとアルブミンが産生されないため、腹水が腹膜から吸収できなくなります。肝臓が悪いと、嘔吐や下痢などの消化器症状や食欲不振、黄疸などの症状が出ることがあります。

蛋白漏出性腸症

アルブミンが腸内に異常に漏れ出る腸疾患です。リンパ管拡張症や、炎症性腸疾患などが挙げられます。消化器症状が出ることがあります。

ネフローゼ症候群などの腎疾患

腎臓が悪いと、尿中からアルブミンが流れ出て行くことになり、血中のアルブミン足りなくなります。ネフローゼは、アビシニアンやシャムなど遺伝性が原因であったり、そのほかの基礎疾患をかかえているとなりやすいと言われています。治療は、基礎疾患の治療を優先します。

猫に注射

その他、腹水が増える原因として、腹腔内の激しい炎症が考えられます。猫の腹腔内の炎症性疾患は下記のような病気が挙げられます。

猫伝染性腹膜炎

コロナウイルス由来の感染症で、ワクチンや特効薬はありません。若い猫で多頭飼いや純血種に多いと言われています。病型がウェットタイプとドライタイプに分けられますが、腹水が貯まるのはウェットタイプの方です。食欲や元気がなくなり、発熱を認め、後に下痢や嘔吐、黄疸なども出てくることがあります。血液や腹水からウイルスに対する抗体検査を行い、診断することができます。治療は、症状を緩和させる対症療法になります。

膵炎

激しい膵炎を起こすと腹水が貯まってくることがあります。猫は解剖学的に膵管と胆管、腸が隣接している為、胆管炎や腸炎が膵炎を引き起こすことがありますし、肝臓、腸、膵臓全てに炎症を併発している状態を三徴候ということもあります。膵炎では嘔吐や下痢などの消化器症状が出ますし、黄疸も出てくることがあります。脱水が進行しないように栄養支持と点滴が必要です。

消化器型リンパ腫などの腫瘍

消化器系の腫瘍でも炎症を引き起こし、腹水が溜まります。腫瘍そのものが壊死して、腹水自体が膿になり、腹膜炎や多臓器不全を引き起こすこともあります。消化器型リンパ腫とは、腸管や隣接するリンパ節などにできる腫瘍です。老齢の猫や、白血病ウイルスを保持している猫はリスクが高まります。食欲不振、嘔吐や下痢などの消化器症状も出てきます。治療は外科手術や抗がん剤治療となりますが、具合が悪いと、脱水の予防であったり、栄養支持であったりと対症療法になる場合も多いです。

異物

腫瘍もそうですが、異物も腸閉塞を起こす原因のひとつです。腸閉塞によって腸炎や腸の壊死をもたらします。異食癖のある猫は要注意です。特に猫が飲み込みやすいサイズのものや、紐状のもには気をつけましょう。一度異物を食べてしまうと、異物が胃から十二指腸までにあれば内視鏡で除去できる可能性はありますが、最悪外科手術で胃腸を切開し取り除かなければいけないことになります。

頭を抱える猫

最後に、心臓病が原因の腹水について、です。

心筋症などの心臓疾患

猫では肥大型心筋症が多く、この病気は心臓の筋肉が厚くなることで心臓がうまく収縮できずに、血液の循環不全を引き起こします。食欲や元気がなくなり、肺に水が貯まったりすると口を開けて呼吸することもあります。腹水も貯まってくることがあるため、お腹が張ることがあります。循環不全のため、血栓ができやすく、後肢麻痺を生じることもあります。循環不全を改善する薬で治療することになります。

猫の腹水の見分け方

単なる肥満では、腹部は柔らかい脂肪が触れますが、腹水が貯まると、触感的に水風船のようにパンパンで、弾くと響きがあります。また、妊娠などでは徐々にお腹が膨らんできますが、腹水は数日で急激に増えることが多いです。

診断中の猫

まとめ

腹水が貯まってくると外観的に特徴的な膨らみ方をしますので、飼い主さんも気づきやすいと思います。猫に腹水をもたらす病気は多いですから、飼い猫のその他の症状についても詳しく獣医さんに伝えましょう。

  • 40代 女 ririco

    猫を飼っているので、何かあったときのために猫の病気について調べたりするのですが、腹水のことは全く知りませんでした。腹水を引き起こす病気がこんなにたくさんあると知って少し不安に感じましたが、改めてワクチン接種や定期検診はしっかりとしておこうと思いました。そうすることで、腹水の異常を予防することができますし、仮に何かあったとしても、早期に発見できるかと…。

    それに加えて、普段猫の体を撫でるときに、何かいつもと様子が違うところがないか、気に掛けておくことも大切ですね。お腹はフサフサの被毛で覆われていますし、とくに、私が飼っている猫は、お腹を触られるのが苦手なので、今まで積極的に触ろうとはしていませんでしたが、少しずつ慣らしてときどき触って確認していこうと思います。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター