猫がまばたきをする時の気持ち

猫がまばたきをする時の気持ち

猫の「目」はしっぽほどに物を言います。さまざまな感情を読み取る事のできる猫のまばたきに込められた意味とは?親愛の証とも言われる、猫とのまばたきを愛猫と交換をして今まで以上に強い信頼を手に入れよう!

5794view

猫のまばたきの意味

猫と人

猫のまばたきは親愛の証

猫を飼っている人なら、一度は経験があるはずです。目が合った時に、猫がゆっくりとまばたきをしているのを見たことはありませんか?
人間からしてみたら、何気ないこの行動。でも猫にとっては、とても深い意味があるのをご存知ですか?

実は、信頼関係が築けていない相手に向かって、猫は絶対にまばたきをしません。猫がまばたきをするのは、相手を信頼している証拠です。

瞳の開き方やまばたきは気持ちを伝える手段

猫の顔

「女の心は猫の目」と言うことわざがあります。意味は「女心の変わりやすさを、ネコの瞳の開き方が次から次へと変わることに例えたもの」です。その他にも「その時の様子によって、くるくると目まぐるしく変わること」を「猫の目のよう」と言います。そのような言葉があるくらいに、猫の目は目まぐるしく表情を変えます。

また、猫の目は明るさによって、瞳孔の大きさが変化するので、昔の人は猫の目を時計替わりにしていた、と言い伝えられています。
猫の目は光量だけで丸くなったり、細くなったりするわけではありません。猫の目はしっぽのように感情や気分を、私たちに教えているのです。

感情によって、瞳孔の大きさが変化するのは、アドレナリンが関係しているとも言われています。例えば、驚いた時に瞳孔が開くのは、興味のわいた物をもっとよく見よう、とアドレナリン大放出で、ピントを合わせているからです。

猫とまばたきでコミュニケーションを取ってみよう

猫を撫でる

まばたきでアイコンタクト

猫を飼っている飼い主さんは、猫に向かって、ゆっくりとまばたきをして見て下さい。それを見た猫が、あなたと目を合わせ、まばたきをお返ししてくれたら、その猫はあなたのことが、とても好きです。1度で返って来ない場合は、何度かくり返してみて下さい。

どれぐらい長い間、この「ゆっくりまばたき」をお互いにくり返せるかで、その猫のあなたへの信頼度が分かります。まばたきをお返ししてくれる時は、リラックス状態にあり、とても幸せを感じているのです。

まばたきは猫からの返事

猫同士はあまり鳴きません。猫同士で鳴く場合は、ケンカで相手を威嚇する時です。猫が「にゃ」とか「にゃおー」と鳴くのは、人間を相手にしている時だけなのです。迂闊に鳴き声を上げると、敵に居場所を知られてしまう恐れがあるので、猫は鳴かない、と言われています。これは猫の本能です。

しかし、猫はしっぽで返事をすることがあります。飼い主が声を掛けても知らん顔している猫。
実は無視しているわけではないのです。しっぽをぶんぶんと大きく振っている時は「うるさい。話掛けるな」の意味で、ゆっくりしっぽを振っている時は「話掛けられて嬉しい」の意味なのです。

とは言っても、飼い主との仲が親密になればなるほど、猫はリアクションが薄くなる傾向があります。人間の夫婦と同じです。釣った魚に餌はやらない。わざわざ口にしなくても、分かってくれると思っているのです。飼い主が呼んでも、てこでも動かない。耳も動かないし、しっぽを振るサービスもない。

いやでも、よく見ると、こっちを向いて、まばたきをしていることがあります。それは「ちゃんと聞こえてるよ」のサインなのです。

猫のまばたきから「気持ち」を知る

見つめる猫

猫の「目」はしっぽほどに「気持ち」を表します

猫も犬同様に、しっぽで感情を表現します。しっぽをぴーんと立てている時は、甘えたり、嬉しかったりする時、しっぽを左右に大きく振る時は、ご機嫌斜め。或は、闘争心や不快感の現れと言われています。同じように左右に振るでも、ゆっくり振っている時は、リラックスをしている時です。しっぽの毛を逆立てている時は、恐怖、驚き、威嚇など、興奮状態にある時です。

このように、しっぽも勿論、感情のバロメーターになりますが、猫の場合は目の開き方やまばたきの感覚など、くるくると変わる「目」の表情を見れば、もっと深く感情が読み取れるのです。まさしく、猫の「目」はしっぽほどに物を言います。

猫がまばたきをしてくれない場合は?

反対にもしも猫がまばたきもせず、ただじっと見つめて来るようでしたら、間違いなく猫はあなたに敵意があります。猫に取っては、「目が合う=敵」だからです。あなたが襲って来ないか、見張る必要があるのです。敵を前に目を瞑ることは、敵に隙を見せることです。隙を見せたら最後。だからまばたきなど絶対にしません。それが動物の世界なのです。

猫のまばたきについてのまとめ

目を開く猫

このように猫のまばたきには、「親愛の印」と言う素敵な意味が込められています。

その他の動物の場合でも仕草によって、気持ちを読み取る事が出来ます。例えば、インコは機嫌の良い時、頭を激しく上下に振ったり、楽しそうにさえずったりします。うさぎは機嫌の良い時、耳をぴんと立てたり、目を見開いたりします。犬はしっぽで感情を表現します。

猫の場合も同じで、「仕草のポイント」を押さえれば、気持ちを知る事が出来るのです。

猫が本当にあなたに心を許してくれているのなら、何度かまばたきをしてくれるかもしれません。そしてまばたきの交換が出来たら、猫との信頼は益々深まるはずです。

もしも猫の方からまばたきをしてくれたら、すぐにあなたもお返しのまばたきをして見ましょう。

50代以上 女性 ごじちゃん

老猫(14歳)と暮らしていますが、この記事を読んで、そういえば思い当たるなと思ったことがあります。
まだ若猫だった頃は、激しい遊びが大好きでした。それが最近、誘ってもほとんど遊んではくれません。代わりにじっとこちらを見つめ、ものうげにまばたきしています。
いつも寝てばかりなので、眠いのかなと思っていました。眠いから遊ばないんだと納得して、おもちゃをしまって私がくつろいでいると、しばらくこちらを見ていますが、やがて寝てしまいます。
いいよ、遊んでくれようとしてくれるその気持ちだけで。ありがとね、気が向いたら、また遊んであげるからねと、猫は思っていたのでしょうか。
そんな気持ちを、まばたきのアイコンタクトで伝えていたのですね。
私は一方的に猫に話しかけていますが、猫は返事をしません。ですが目では返事をしていたのかもしれないですね。
これからは猫の目を見ながら、話しかけてみます。

40代 女性 acoa

3才の猫を飼っています。1年前に野良猫だったのを保護して家に迎えたのですが、最初の数か月は懐いているものの、まばたきをしてくることはありませんでした。
それが、ある時から目が合うとゆっくりとまばたきをして見つめてくれるようになったのを思い出します。きっと少しずつ家での生活にも慣れて、私たち家族を信頼していってくれているんですね。
これはあくまでも私が感じたことですが、なるべく猫と同じぐらいの目線に合わせて、笑いかけながらゆっくりとまばたきをすると、猫のほうもしてくれるような気がします。

まだ若い猫ということもあるのか、今のところはリアクションが薄くなるといった傾向は見られませんが、もっと大人の猫になったらアイコンタクトも減るのでしょうかね…。
いずれにしても、愛猫との大切なコミュニケーションですので、たくさんアイコンタクトをして信頼を深めていきたいです。

30代 女性 あや

我が家では5匹のにゃんずが居ます。
5匹目の子は、今年の2月末ペットショップから来ました。
その時すでに5ヶ月近かったその子は、どれくらいの期間をペットショップで過ごして居たのか分かりませんが、うちに来た当初からビビリな子で抱っこをすると唸り、ブラッシング、爪切りなどももちろん中々させてくれませんでした。
警戒心バリバリの目つきでしか見てくれず …
ペットショップにいた頃抱っこさせてもらった時も、頭の後ろにタンコブらしきものがあったり人に対しての警戒心から雑な扱いをされていたのではないかと推測していました。
それから、2ヶ月少しずつですが、警戒心も薄くなって来て、人に対して唸る事も少なくなりましたが、まだまだ目を細めて見てくれることはありません。
時々、何かを考えながら私や旦那の行動をじっと見つめている事は多いので、その子なりに何かを感じているのでは無いかと思います。
時間はかかるかもしれませんが、その子がいつか瞬きや目を細めて見つめてくれる事を焦らずに見守っていこうと思います。

40代 女性 aya

猫を飼い始めてから1年が経ちます。もの凄く甘えん坊な性格で、家族にとにかく気に掛けてもらいたいらしく、やさしく声をかけると嬉しそうに瞬きしてきます。そしてこちらからも瞬きするとさらに瞬き。そしてこれが満足するとそこは猫らしく、シラーっとしてあっさりと自分のスペースに戻っていきます。
我が家の猫は尻尾がボブテイルなので、尻尾から気持ちを読み取ることはできませんが、それでも表情を見れば、なんとなく今どんな気分なのか、どうしたいのかなどは察することができます。
よく猫は犬と違って感情表現をあまりしないなどと言われていたりしますが、全然そんなことはなくてビックリです。心を許している相手にはしっかりと気持ちを伝えているように感じます。

50代以上 男性 イチロウ

私の最愛の猫「とら」は、飼い主が呼ぶと必ずお返事をして、飼い主に向かいゆっくりと眼を閉じるのが何時ものことでした。 

写真を撮る折に、「とら」を呼びシャッターを切ると瞼を閉じた姿を撮影する結果になるのが何時ものことでしたので気付いたのです。

反対に、呼びかけずに撮影すると眼を閉じず、飼い主の過失により外出可にしていた折に痛めた左眼も、正常な右眼も、両眼を閉じずに撮影が可能でした。 

動画を見ると、それは歴然で、呼ばれて飼い主に視線を注ぎ、ゆっくりと眼を閉じる姿が、今も見られます。

晩年になり腎臓を病み、日々の輸液が要るようになり、未熟な飼い主が馴れない手つきで針を刺す折に失敗した時には、厳しい視線を注ぐこともありましたが、ただ一度、飼い主の手を噛んだのみで、それも痛いと言うとすぐに止めました。 そして、輸液がし易いように、自ら姿勢を低めるのでした。

「とら」が私を慕ってくれているのが、改めて、痛い程に身に沁みて分かったのは、別れの前の五日前に倒れ、その三日後に寝た切りになった夜に、前脚のみで飼い主の私の座る椅子まで這って来てくれた時でした。 

そして、二日後に付きっ切りで看護する私を見詰めたまま、お別れをしましたが、私が何度「とら」の両目を閉じても、見開くのでした。 

両目を私に向けて見開いたまま、固くなっていく「とら」を抱き、亡くなった事実を信じられずにいました。 何度も、何度も、息をしているのではないか、と確かめました。



人気のキーワード