猫が低血糖になっている時の症状や対処法

猫が低血糖になっている時の症状や対処法

人間と同様に、猫も低血糖になる事があります。猫が低血糖になってしまうと、どのような症状が現れるのでしょうか?万が一愛猫が低血糖になったら、どのように対処すれば良いのでしょう?猫が低血糖になった時の症状や原因、対処法、予防法をお伝えしていきます。

446view

猫が低血糖になった時の症状

顔を覆っている猫

猫が低血糖になった時、どのような症状が現れるのでしょうか?低血糖になるとまずは自律神経の症状が出ます。その後更に血糖値が下がると今度は中枢神経に影響が及び、意識障害などが起きてきます。

自律神経の症状

  • 震え
  • 動悸
  • 失明する
  • 気が動転する

中枢神経の症状

  • 元気がなくなり、ぐったりとなる
  • 怒りやすい
  • ぼーっとする
  • 痙攣
  • 意識を失う
  • 歩かない、動かなくなる

猫は不調を隠す動物ですので、気がついた時にはかなり重症になっていた、という事もあり得ます。日頃から様子を、しっかりと観察してあげてください。

猫の低血糖の原因

低血糖

猫が低血糖になる原因は、年齢によって異なるようです。

子猫

子猫は成猫よりも肝臓の糖補填機能が働きずらく、低血糖になりやすいです。特に産まれて間もない子猫の場合、6時間〜半日程度何も口にしないだけでも低血糖になってしまうので、注意しなければいけません。

子猫が低血糖になる原因は、空腹、体の冷え、運動のしすぎ、寄生虫、栄養吸収不良などです。子猫は自分の体力を分かっていないので遊び過ぎたり、体温調整機能も完全ではない為、寒いと体がすぐに冷えたりして、低血糖になってしまいます。

成猫

成猫が低血糖になるのは、空腹、栄養失調、運動のしすぎ、興奮、膵臓や肝臓の異常などです。猫はご飯にこだわりがある場合が多く、気に入らないといくらお腹が空いても食べない!という頑固な子もいます。もちろん、全ての猫がそうではありませんがもし、愛猫が頑固なタイプの場合は注意してあげましょう。

また、猫が興奮するような場面、例えば急に新入り猫に会わせる事や大きな音などはなるべく、避けるようにしましょう。猫の運動会も興奮する原因となります。空腹の場合は特に、気をつけてください。

老猫

7歳以上の猫が低血糖を起す場合、何かしらの病気が原因となっている事が多いです。膵臓の腫瘍、糖尿病、肝障害、肝臓がん、不整脈、胃下垂などが挙げられます。特に膵臓に腫瘍があるとインスリンが過剰に生成され、血糖を必要以上に細胞に取り込んでしまう事で、低血糖になってしまいます。また、先ほど挙げた病気に対して行っている治療の副作用で、低血糖になることも。

糖尿病の猫

糖尿病の猫がインスリン注射をして治療を行ないますが、その量が多過ぎて、低血糖になってしまうことがあります。血糖値が50mg/dl以下になると震えやふらつき、意識を失う、痙攣などが起こることがあり、これを低血糖発作と読んでいます。

猫が低血糖になった時の対処法

タオルをかぶった猫

愛猫が低血糖になった場合、どのように対処すれば良いでしょうか?低血糖はすばやく対処しないと、死亡する可能性もあります。子猫の場合、ブドウ糖溶液やガムシロップ、蜂蜜、砂糖水などで糖分を補給します。指につけて子猫の口の中に、塗り付けるようにします。この時大量に流し込むと危険ですので、少量ずつ様子をみながらにしましょう。同時に体温を保てるよう、暖かくしてあげてください。

成猫の場合は、消化吸収の良いご飯を与えましょう。意識がない場合は子猫と同様、ガムシロップなどを口の中に塗り付けます。糖分の補給と言っても、アメやチョコレートなど、人間用のお菓子を与えるのは避けてください。応急処置をしたら早急に、動物病院へ連れていきましょう。

猫の低血糖を防ぐには?

頭を撫でられる猫

猫の低血糖を予防する方法は、あるのでしょうか?

健康な猫

健康な猫でも空腹などにより、低血糖になってしまう事があります。特に子猫の場合は空腹にならないよう、食事の回数に気をつけたり、室温に気をつけたりして、予防に務めます。運動のしすぎを防ぐ為、適度に休ませるようにしましょう。成猫の場合は空腹時に運動させすぎないよう、配慮しましょう。また、お気に入りのご飯を与え、長時間食べない時間がないようにしてあげてください。

糖尿病の猫

インスリン注射の際、1mlの投与量の違いが、猫の体に大きな影響を与えます。しっかりと量を守り、与えすぎないよう気をつけましょう。ご飯を食べない時やいつもより食べた量が少ない時などは、獣医師に相談してください。

まとめ

病気になった猫

愛猫が低血糖を起したことがある場合はもちろん、無くても事前に低血糖について知っておく事で、予防や早めの対処に繋がります。起こらないのが1番ですが、もしなってしまった場合は落ち着いて、上記の対処法を行うようにしてください。愛猫の命を守れるのは、飼い主さんだけです。早めに愛猫の異常に、気がつけるようにしたいですね。

人気のキーワード