猫が中耳炎になった時の症状と治療の方法

猫が中耳炎になった時の症状と治療の方法

猫が耳をかきかきしているのは特別珍しい事ではありませんが、最近やたら頻繁に行ってはいないでしょうか?愛猫が耳を気にしている時は、もしかしたら中耳炎にかかっているのかもしれません。猫が中耳炎にかかると、どのような症状が出るのでしょうか?治療はどうしたら良いのでしょう?予防法も合わせて、お伝えします。

262view

猫の中耳炎とは

猫の横顔

猫の中耳炎は中耳に炎症が起き、痛みが出る病気です。放っておいて自然治癒するものではありませんので、早めに適切な治療を受けさせてあげましょう。

症状

猫が中耳炎にかかると、以下のような症状が現れます。

  • 外耳炎が見られる
  • 頭を振る、傾ける
  • 耳をしきりに掻く
  • 歩く時にふらつく
  • 瞬膜の突出(ホルネル症候群)
  • 頭に触られるのを嫌がる
  • 発熱
  • 元気消失
  • 顔面神経麻痺
  • 目の揺れ
  • 口を開けたがらない
  • よだれ
  • 瞬きしない
  • 倒れてしまう

これら全てが現れる訳ではありませんが、耳を気にするような様子が見られたら、注意が必要です。

原因

中耳炎は主に、外耳炎が悪化して炎症が中耳まで広がってしまったり、外耳炎が慢性化したりすることが原因で起こります。外耳炎の原因は細菌感染や真菌、ダニ、異物などです。中耳は咽頭の奥とも繋がっている為、咽頭炎や鼻炎から中耳炎が起こることも。まれですが、腫瘍やポリープにより起きることもあります。片耳だけ中耳炎が起きている場合は、腫瘍やポリープが疑われます。

猫の中耳炎の治療法と治療費

医者と猫

猫の中耳炎の治療法と、かかる費用について見ていきましょう。

治療法

細菌や真菌による外耳炎が原因の中耳炎の場合、抗生物質や抗真菌薬、抗炎症薬を投与します。ですが抗生物質が効かないことも多いので、その場合は外科手術を行ない、耳の中を洗浄することもあります。

治療費

治療にかかる費用は、その内容によりけりです。投薬で治療ができる場合は検査や薬代で5,000円程度、レントゲン代は4,000円程度です。耳の中の洗浄は1,500円程度、手術を受けると5万円程度はかかると思っておいた方が良いでしょう。その他に術前検査費用や麻酔料、入院費などがかかる場合もあります。

猫の中耳炎の予防

聴診器を当てられた猫

まずは、外耳炎にかからないように注意しましょう。まめに愛猫の耳チェックを行ない、汚れていないか匂いはないか、耳垢が溜まっていないかなどを確認します。汚れていたら耳掃除をするのは有効ですが、力を入れたりやりすぎたりしてしまうと、逆に悪化させてしまう原因となります。また、折れ耳のスコティッシュフォールドやアメリカンカール、耳の中の毛がふさふさしている猫などは外耳炎になりやすい傾向があります。十分注意してあげましょう。

猫の中耳炎は早めに治療しないと慢性化し、一生抱えていかなければいけなくなる可能性があります。その為、外耳炎の段階で完治させる事が必要です。もし外耳炎にかかり、愛猫が耳を気にする、耳が臭う、耳がやたら汚いなど、耳の異常がある場合は、早めに受診するようにしてください。命に関わることは少ないですが、だからと言って放っておくと、後々大変になる事がありますし、愛猫も苦しみ続けることになってしまいます。

中耳炎で耳を失った猫

寝ている猫

真っ白の被毛とアクアブルーの透き通る目が美しいオス猫のオウタイティスさんは、中耳炎により両耳と聴力を失ってしまいました。交通事故に遭った事が原因で、重度の不安障害をかかえるモリーさんと運命的な出会いを果たし、今ではモリーさんの不安を和らげてくれる大切な存在として、愛されています。

オウタイティスさんと暮らし始めてから、モリーさんが通院する回数は減ったそう。インスタグラムに投稿したオウタイティスさんの画像は予想以上の反響があり、驚いているのだとか。オウタイティスさんのような特別なケアが必要な動物も、一般家庭で愛される存在になれる事を知って貰いたい、と言うモリーさん。仏頂面がお得意のオウタイティスさんですが、インスタグラムではモリーさんたちご家族が大好きな事を、全身で表現している微笑ましいオウタイティスさんの様子を見ることができます。

https://www.instagram.com/adventuresofotitis/

まとめ

遠くを見つめる猫

猫の中耳炎はその耳の構造から、治りにくい病気なのだそうです。慢性化しては大変です。愛猫の耳の様子が何かおかしい、と思ったら軽くみずに、早めに受診して必要な対処を行いましょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード