猫に関わる仕事について 職種や必要な資格をご紹介

猫に関わる仕事について 職種や必要な資格をご紹介

猫好きなら誰でも思う、猫と関わる仕事ができたらどれだけいいかということ。猫と関わる職業はたくさんあっても実際にどんな仕事があるのか求人はあるのか、国家資格はあるのかなどわからないことがたくさんありますよね。今回はみんなの憧れ、猫に関わる仕事について見ていきましょう。

596view

猫に関わるお仕事の職種

猫と獣医師

まずは猫に関わることができる仕事をご紹介します。

獣医師

いわずも知れた動物のお医者さんです。猫と言うよりは動物全般に関われる仕事で私もよくお世話になっています。もちろん獣医師になるためには大学で勉強し国家資格である獣医師免許を取る必要があり非常に難しいです。動物病院でペットの診断、治療を行うほか動物病院以外にも、民間の水族館や動物園、競走馬の育成施設、民間企業の製薬会社、国家公務員、NPO法人の動物保護施設での活動など様々な場所で活躍できます。

動物看護士

動物病院で獣医師のサポートを行う動物の看護士さんは獣医師同様、動物病院のほか動物保護施設などの動物と関わる仕事なら常に必要とされている仕事です。無資格でも就職可能ですが、近年は動物看護士資格の統一化を目指し専門学校、大学、短大などで動物看護学を履修し「動物看護師統一認定試験」に合格したものが動物看護士として働けるという流れになっています。

トリマー

トリマーも猫と多く関われる仕事です。ペットサロンにて犬猫のシャンプー、カット、爪切りなどのお手入れをする猫の美容師のことです。

必要資格は特に無いので、専門学校かペットサロンに就職し技術を学ぶことになりますが、確かな技術力と知識を身につけたいならばやはり専門学校でしっかりと学んでから就職し技術を磨くほうがいいでしょう。

ペットショップ

ペットショップ店員として働くのも猫と関われる仕事の一つです。ペットショップは、ペット用品販売、生体販売を行うため様々な猫種と関われるメリットがあります。しかしペットショップによっては猫以外の取り扱いもあるため、爬虫類、小動物、熱帯魚などのお世話もしないといけません。動物全般が好きならいいですが、猫だけのお世話をしたいなら猫専門のペットショップなどを探しましょう。

猫カフェ

猫カフェの店員として働けば、多くの猫に囲まれて働くことができモフモフ天国を1日中味わうことができます。たくさんの可愛い猫に囲まれる生活はとても魅力的ですよね。しかし猫カフェの求人は少なく、その割には希望者が多いので採用されるにはライバルがとても多いのを覚悟しましょう。

キャットブリーダー

子猫を繁殖し販売する仕事です。キャットブリーダーは意外かもしれませんが何も資格を有して無くても始めることができます。そのため好きな猫種がいる人なら副業で始めるブリーダーもいます。問題は猫の知識を何も持っていない素人が始めたことで猫が思ったより繁殖してしまい多頭崩壊が起きてしまった、無理な繁殖により遺伝疾患の持っている子猫を生み出す悪徳ブリーダーが増えています。そのようなブリーダーが増えないようにしっかりとした知識を身につけて業務を行うようにしましょう。

キャットシッター

キャットシッターとは留守にしている飼い主の代わりに、自宅を訪問しご飯やトイレなどのお世話をしてあげる仕事です。こちらも特に資格はなくても働けますが知識を持っていた方が仕事の信用度が違います。

猫に関わるお仕事で必要な資格

資格をとるため勉強している人

猫に関わる仕事をするうえで、獣医師以外はほぼ無資格で働くことが可能です。しかし猫に関わる仕事をするうえでやはり確かな技術と知識を有しているという証明のためにも、資格を得ることは大切です。

トリマーなら専門学校にて取れるトリマー資格を、動物看護士なら動物看護統一試験に合格することで得られる動物看護士資格とそれぞれの職業にあった資格を得るようにしましょう。

猫の仕事に関わる仕事をするうえで取っておくのをおすすめするのはこちらの資格。

キャットケアスペシャリスト

日本ペット技能検定協会認定の資格で、猫の飼育管理、ペット社会学、猫学、動物看護学、動物介護学などを学ぶことができます。

http://www.tanomana.com/smp/item/1145T351.html

↑ヒューマンアカデミー「キャットケアスペシャリスト」

猫に関わる仕事をするかたは是非資格獲得を検討してください。

まとめ

猫とパソコンを打つ人

今回は皆の憧れ、猫のいる職場、猫と関われる職業をご紹介しました。国家資格が必要なものから今すぐにでも働けそうな職業まで様々ですね。

猫ちゃんをはじめ、命と向き合う仕事は責任が伴いますがそのぶんやりがいはあります。
大好きな猫ちゃんと過ごせる仕事を貴方も検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

人気のキーワード