猫をペットホテルに預ける時の準備と注意点

猫をペットホテルに預ける時の準備と注意点

長期の出張や旅行などで家を空ける時、心配なのが愛猫です。まさか何日も留守番させる訳にもいきませんし、かと言って連れて行くのも難しい場合があります。そんな時に頼りになるのが、ペットホテルです。愛猫をペットホテルに預ける時、準備するものはあるのでしょうか?注意点や料金なども合わせて、お伝えしていきます。

396view

猫をペットホテルに預ける時に準備するもの

キャリーケースに入っている猫

猫をペットホテルに預ける場合、ホテルによっても多少異なりますが、大体以下のものが必要となります。

  • いつも食べているキャットフード
  • 食器類
  • お気に入りの毛布やおもちゃ
  • ワクチン接種証明書
  • 輸送時のキャリーケース
  • トイレ砂 ひとにぎり

フード

猫をペットホテルに預ける時は愛猫がいつも食べているフードを、チャック付きの袋などに入れて持っていきましょう。

お気に入りの毛布やおもちゃ

食器類を持ってきてください、と言われることもあります。猫が慣れない環境でも安心して過ごせるように、自分の匂いがついたお気に入りの毛布やおもちゃ、トイレ砂なども持参しましょう。

ワクチン証明書

ペットホテルは多くのペットが集る場所ですので、ワクチン接種が義務付けられています。ワクチン接種を受けてしない猫は、断られる場合があります。必ず証明書を提示しましょう。

キャリーケース

自宅からペットホテルまで愛猫を安全に輸送する為、キャリーケースに入れて運びます。

当日の体調

預ける当日の体調を、出かける前にチェックしておきましょう。もし体調が悪そうであれば、その事をホテルへ伝えます。動物病院併設のペットホテルなどであれば、引き受けてくれる事もあります。

猫をペットホテルに預ける際の注意点とは

ホテルのベッドね横になる猫
  • 猫専用ペットホテルが望ましい
  • ペットホテルの管理体制

猫は、個体差はあるものの、環境の変化に敏感な動物です。そして滞在中なるべくリラックスして安全に過ごす為にも、ペットホテル内の環境やスタッフの対応は、非常に重要です。

猫専用ペットホテルが望ましい

犬と猫が同じ場所に滞在するようなホテルでは、猫はストレスや恐怖を感じてしまうでしょう。なるべくなら、猫専用ホテルか、犬と猫は別室になっているホテルが望ましいです。

以前、我が家の猫を安易にペットホテルに預けた事があるのですが、そこは犬と猫が同室だったようで、非常に怯えた状態で愛猫が戻ってきた事がありました。

とても可哀想な事をしてしまったと、反省しています。ですから預ける前に犬とは別室かを、確認することをおすすめします。

ペットホテルの管理体制チェック

動物取扱業者の標識がみやすい場所に掲示されているかどうか、ホテル内は清潔に保たれているか、脱走防止対策がきちんとなされているか、スタッフの数は十分か、深夜の管理体制はどうなっているかなどを確認しましょう。

スタッフの手が足りないと、十分なケアが行き届かない可能性があります。また、深夜は誰もスタッフがいなくなるのでは、万が一の時に対応して貰うことができません。

神経質な子はペットホテルは難しいかも…

猫によって性格が違いますので、ペットホテルに預けても平然としている子もいれば、警戒してご飯を食べなくなる子もいます。

我が家の猫のうち1匹は、警戒心が強く神経質な子なので、一度ペットホテルに預けたら、ご飯を全く食べなかったそうです。

猫は36時間以上何も食べないと、(特に肥満の子は)肝リピドーシスという病気になる可能性がありますので、我が家のような警戒心が強い子の場合は、あまり向いていないと言えるでしょう。

猫のペットホテルの特徴や料金について

ペットホテルにいる猫

ペットホテルにはいくつか種類があり、ペットホテル専門店もあればペットサロン併設のホテル、動物病院併設のホテルなどがあります。駅や空港、宿泊施設にペットホテルがあることも。

猫専用のペットホテルの特徴

猫専用のペットホテルでは、ゲージに猫を滞在させるのではなく、個室に泊まれるようになっている所もあります。

他の猫の気配を感じず、広い部屋で伸び伸びと出来れば、知らない場所とは言え、猫もリラックスしやすいでしょう。

ペットホテルの利用料金

ペットホテルの利用料金ですが、1泊3,000円〜5,000円程度が相場のようです。料金はホテルにより大きく異なりますので、利用予定のホテルに事前に確認を取ってください。

まとめ

トランクに入っている子猫
  • 猫がいつも食べているキャットフード
  • 食器類
  • 猫がお気に入りの毛布やおもちゃ
  • 猫のワクチン接種証明書
  • 輸送時のキャリーケース
  • トイレ砂 ひとにぎり などをペットホテルへ持って行く
  • 猫と犬が別室になっているペットホテルが好ましい
  • 猫専用のペットホテル:個室に泊まれるタイプのホテル
  • ペットホテルの利用料金:1泊3,000円〜5,000円

今回は猫のペットホテルについてご紹介しました。

猫ブームと共に、猫のペットホテルも充実してきているようです。愛猫になるべくストレスを感じず過ごして貰えるよう、選んでいきたいですね。

もしかしたら快適なサービスに、病みつきになってしまう子もいるかもしれません(笑)。

我が家には残念ながら、前述したようにホテルに預けられない子がいるので、専らペットシッターさんをお願いしています。

愛猫の性格を見て、合いそうなペットホテルを見つけてあげましょう!

人気のキーワード