猫はお砂糖を舐めても大丈夫?食べていい物・悪い物

猫はお砂糖を舐めても大丈夫?食べていい物・悪い物

猫が砂糖を舐めてしまった!そんなとき身体に害はないのか心配になりますよね?猫には様々な食べていい食べ物、悪い食べ物がありますよね。果たして猫にとって砂糖は食べていいものか、駄目なものなのか詳しくみていきましょう。

312view

猫が砂糖を舐めても大丈夫なのか

口を舐める子猫
  • 砂糖は猫が舐めても害はない
  • 砂糖の取りすぎは病気の元

猫が砂糖を舐めてしまったらとっても驚きますし、焦ってしまいますよね?でも猫にとって砂糖は毒ではありませんのでまずは安心して下さい。ただ大量に舐めてしまった場合は少し問題です。

猫が砂糖を取りすぎた時の危険性

砂糖を取りすぎることで糖尿病や肥満になる可能性はあります。もちろんたった一回大量に摂取しただけで糖尿病や肥満になるわけではありません。

しかし何度も何度も繰り返すと確実に糖尿病などの原因にはなります。百害あって一理なし、極力猫ちゃんには砂糖は与えないようにしましょう。

猫は砂糖などの甘味を感じない

猫とカップケーキ

この甘くて美味しいお菓子、せっかくなら愛猫にも少しだけわけてあげよう。そんな風に思う飼い主様もいらっしゃるかもしれませんが、残念ながら猫の舌は甘みを感じないのです。

そのため猫に砂糖のたっぷり入ったお菓子を与えてもそのおいしさを存分に味わえずに、糖尿病などの病気のリスクを高めるだけです。

飲み水にも砂糖は厳禁

また飲み水についても砂糖の入ったジュースなどを与えたいと言う飼い主様もいらっしゃいますが、猫にとっておいしい飲み物は新鮮な水です。

もちろん、猫用の牛乳も市販で販売されてますし飲ませても問題はありませんが与える必要はありません。猫にとって大切なおいしく新鮮なお水を常に飲めるように用意しておいてあげましょう。

猫が舐めても問題無い砂糖の量

お菓子の材料と子猫

基本的に猫に砂糖を与えることはよくありません。猫には砂糖の入っている食べ物は与えないようにするのが一番なのですが、それでも誤って砂糖を舐めてしまった場合どれくらいの量だと問題はないのでしょう?

答えは「一般的に見て大量でなければ問題はない」ということになります。

一口、二口ならおそらく問題はないでしょうが、ただ下痢や嘔吐をする可能性は否定できません。あまりにもひどい下痢や嘔吐は脱水症状を引き起こす可能性があります。是非注意するようにしましょう。

猫に砂糖水を飲ませる場合もある

小さいお皿でお水を飲む子猫

砂糖は猫の身体によくないとここまでご紹介しましたが、場合によっては砂糖水を作って飲ませなければいけない場合もあります。

砂糖水を経口補水液として活用する

経口補水液は脱水状態や体調不良の時、激しい下痢の時などに効果が発揮されます。経口補水液とは水分や塩分などを素早く補給し適切に維持させる為のものです。

過度な脱水症状を起こした猫ちゃん用に近年各メーカーから販売されていますが実は砂糖を使い家でも作ることが可能なのです。

砂糖水を使った経口補水液の作り方

  • 鳥や鰹節の茹で汁100ml:砂糖40g

作り方は鳥の茹で汁や鰹節の茹で汁などの水100mlに対して砂糖40gを混ぜれば完成です。実際に舐めてみたところ、甘いだし汁といった感じでしょうか?こちらを脱水症状に陥っている猫ちゃんに少しずつ与えます。

砂糖水を使った経口補水液を与える時の注意点

気をつけないといけないのが、無理に飲ませないこと。お皿にだしてあげて自分で飲んでくれるようなら無理矢理飲ませる必要はありません。

自ら飲んでくれない場合、嘔吐を繰り返す場合は様子を見ながらスプーンなどで少しずつ与えるようにしましょう。

経口補水液を自宅で与えられるようになれば、毎日点滴に通っている猫ちゃんも自宅で療養できるようになります。ただその場合は必ず自己判断はせず獣医師に相談をするようにしましょう。

また経口補水液を与える場合は、激しい嘔吐や下痢のため脱水状態にある猫ちゃんに限ってです。可能なら獣医師の診察を受け正しい治療を受けるようにしましょう。

低血糖状態の時に砂糖水を与える

子猫は体力を使い過ぎたり、ご飯を食べなかったりすると低血糖状態になる事があります。低血糖状態に陥った子猫に一番有効な方法が、砂糖水を与える方法です。

もし可能であればガムシロップやオリゴ糖など粘度がある物が子猫も飲みやすいのですが、なければ砂糖水を作りスポイトなどで少しずつ飲ませてあげます。

猫が低血糖の時は…

撫でられる猫

また低血糖状態に陥っている猫は体温も下がっていますので同時に湯たんぽや毛布で温めてあげましょう。

低血糖状態に陥った場合、一刻でもはやく砂糖水などの糖分を摂らせてあげるのが大切です。子猫の命を守るために素早い対処を心がけましょう。

たとえば調子が悪くて食欲がない状態で遊んでしまった場合食事をあまりとっていないことからエネルギー切れで低血糖状態となってしまいます。

また食事の時間が空きすぎても低血糖状態になります。たったそれだけで?と驚かれた方もいるかもしれませんが、低血糖状態に陥ってしまうと最悪の場合は死に至ります。

まとめ

舌を少し出す子猫
  • 砂糖を猫が舐めても一般的に見て大量でなければ問題はない
  • 砂糖は猫が舐めても害はないが舐めすぎは注意
  • 糖尿病や肥満になる可能性がある
  • 猫は砂糖などの甘味を感じない
  • 砂糖水を経口補水液として活用する事がある

今回は猫と砂糖についてご説明しました。

猫にとって少量の砂糖は問題ありませんが糖尿病や肥満のリスクを考えるとやはり与えない方がいいのは間違いありませんよね。

愛猫に長生きしてもらうためにも防げるリスクは防ぐようにしましょう。

人気のキーワード