猫が幸せを感じた時にみせる10の仕草

猫が幸せを感じた時にみせる10の仕草

貴方は愛猫と過ごしていて幸せですか?私は愛猫と出会えただけで幸せです。しかし、愛猫も私たちと同じように共に過ごしていて幸せと感じてくれているのでしょうか?本日は猫が幸せと感じたときのしぐさ、猫にとっての幸せとは何かについて見てみましょう。

1932view

猫が幸せを感じた時の仕草

幸せそうな猫

普段幸せそうにしていると感じる愛猫、でも本当に幸せかどうかは猫の普段見せるしぐさから読み取ることができます。猫はどんなところに幸せを感じるのか?順番に見ていきましょう。

喉をゴロゴロ鳴らす

猫が安心しているとき、幸せを感じているときにする行動の代表ですね。子猫が母猫に甘えるときに出す声なので安心して幸せを噛み締めているということですね。

尻尾をピンと立てる

猫は尻尾で感情を表します。犬の場合は尻尾を振ることでうれしいという感情を表現しますが、猫が尻尾を横に振るときはイライラしているときです。
うれしい、幸せと感じているときは尻尾をピンと立てた状態になります。尻尾を激しく振っているから喜んでいるんだ!なんて勘違いしないようにしましょう。

飼い主にスリスリする

猫が飼い主にスリスリをする行動は機嫌がよく、飼い主に甘えたいときにする行動です。大好きな飼い主が帰ってきて幸せを感じながら甘えたいという気持ちの表れですね。

ヒゲが下を向いている

意外ですが実はヒゲも感情を表す大事なパロメーターなのです。ヒゲが下を向いている時はリラックスし幸せを感じているときですし、弓のような形になっているときは警戒している時です。

お腹を見せてくれる

お腹を見せて床にゴロゴロ、お腹を見せてスヤスヤ眠る、こんな行動を取れるのは信頼して安心しきっているからです。まさに幸せを感じている瞬間ですよね。愛猫がお腹を見せてアピールをしてきたらもっと幸せを感じてもらうようにしっかりとモフモフしてあげましょう。

顔をなめてくれる

飼い主様の事が大好き!という感情を表す行動として顔をなめてくれることがあります。これは猫にとっての最上級の愛情表現とも言われており、なめられている飼い主様が幸せを感じるだけではなくなめている愛猫本人も幸せを感じてくれています。

ザラザラした舌はなめられる箇所によってはとても痛いけどしっかりと愛情表現をうけいれてあげましょう。

ゆっくりと瞬きをする

猫は信頼している愛しい相手に対してゆっくりと瞬きをしてくれます。これは子猫が親猫に対してする行動でもあります。逆に瞬きをせずに目を見開き見つめてくるのは威嚇していたり警戒している証拠です。愛猫がゆっくり瞬きをしてくれたら、こちらも同じようにゆっくり瞬きをし二人だけの世界で幸せを噛みしめましょう。

何かをひっかく

貴方の愛猫は飼い主様が帰ってきたとき、ご飯を食べるとき、嬉しいことがあるとき、何かを引っかいていませんか?それは嬉しい気分やハッピーな時、何かを期待しているときに何かをひっかくという事が猫によく見かける行動だからです。猫が何かをひっかくのは安心感を覚えるためだとも言われているので幸せを感じているときだといえます。壁や床をひっかいて困る方は、爪とぎなどを用意するようにしましょう。

目を細める

目を細めてジッとしている姿、幸せそうに見えますがあれは猫同士の世界でいうと敵意が無く安心している状態だと言えます。つまり敵がいない環境でリラックスしている状態です。これもやはり幸せということですね。

ふみふみ

飼い主や毛布や枕にふみふみ、これは母猫を思い出して甘えている状態です。安全な信頼している人の前でしか見せない行動なのでふみふみが出来る環境で生活している猫ちゃんはやはり幸せですよね。

猫にとっての幸せとは

幸せそうに眠る猫

猫にとって幸せとは「安心して暮らせる場所で信頼できる人に思う存分甘えられる環境」のことを言うと私は考えます。

  • お腹いっぱいご飯を食べられる
  • 新鮮な水がいつでも飲める
  • 夏は涼しく、冬は暖かい寝床がある
  • 清潔なトイレがある
  • 外敵におそわれることがない
  • 大好きな飼い主がいる
  • 大好きな飼い主が遊んでくれる

これだけで猫は幸せを感じてくれるのではないでしょうか?猫が安心して暮らせる環境を出来る限り提供できるように注意して見守ってあげましょう。

猫が飼い主にもたらしてくれる幸せ

飼い主と猫

猫が飼い主にもたらしてくれる幸せは様々でしょう。癒してくれる、愛情を向けてくれる、側にいてくれる、絶大な信頼を寄せてくれる、むしろ同じ空間にいれるだけで幸せ、愛猫がもたらしてくれる幸せは十人十色。皆様は愛猫にどんな幸せをもらっていますか?

まとめ

二匹寄り添い眠る猫

愛猫が本当に幸せなのかを知るのは難しいです。もちろん猫に直接聞くことができればいいのですが、猫と人間は言葉を交わすことができませんのでそんなことは不可能です。

でも猫が幸せそうに愛情表現をこちらに向けてくれているのが幸せを感じてくれている証ではないでしょうか?愛猫に幸せを感じてもらえるように、出来るかぎりのことを愛猫にしてあげるようにしましょうね。

人気のキーワード