猫に日光浴は必要?効果と正しい方法

猫に日光浴は必要?効果と正しい方法

猫の寝場所と言えば、日光が燦々と降り注ぐ、暖かい場所が思い浮かびます。日光浴をしながら気持ち良さそうにウトウトする姿は、見ている側も幸せになります。猫は日光浴が好きですが、それはなぜなのでしょうか?猫に日光浴は必要か、またその効果や正しい日光浴の方法を、お伝えします。

632view

猫に日光浴は必要なのか

眩しそうに日光浴してる猫

基本的に猫は日光浴が大好きなので、必要と言えます。毎日適度に日光浴をさせてあげるよう、心がけましょう。愛猫が快適に日光浴できる場所を、作ってあげるのも良いですね。直射日光でもガラス越しでも構いません。特に窓際は、猫が好む日光浴スポットのようです。お気に入りのベッドやクッションなどを置いておくときっと、ゆったりと心地よさそうに過ごす、愛猫の姿を見ることができるでしょう。

猫が日光浴をする効果

塀の上で日光浴してる猫

猫が日光浴をする理由には、以下のものが考えられます。

  • ビタミンの吸収を良くする
  • 体温の維持
  • 殺菌、消毒
  • 被毛の乾燥
  • 良質な睡眠の為
  • ストレス解消
  • ノミ、ダニ予防

ビタミンの吸収を良くする

猫は紫外線を皮膚に浴びることでビタミンDを生成しているという説がありますが、この信憑性は確かではありません。ある実験では、日光浴の量と猫の体内のビタミンD濃度に差はなかった、という結果が出たからです。ビタミンDは食事から摂り、その吸収を助ける為に日光浴している、と言われています。

体温の維持

ぽかぽかと暖かい日光に当たることで、体温を維持していると考えられます。気温の低い場所では体温を維持するのにそれだけ、エネルギーを消費しますが、日光浴をしていれば、エネルギーの消費を減らすことができます。

殺菌、消毒

日光の紫外線には殺菌、消毒力があるのは周知の事実です。体に付着した有害な菌などの殺菌、消毒の為、日光浴していると考えることができます。

被毛の乾燥

被毛が水に濡れてしまった時、乾燥させる為に日光浴をすることもあるでしょう。同時に、体温を保つこともできます。猫にとって太陽の光は、天然の乾燥機だと言うことができるでしょう。

良質な睡眠の為

猫は一日の大半を、寝て過ごす動物です。人間もそうですが、日光に当たることで、ぐっすりと眠ることができるのです。睡眠をより良質なものにするため、日光浴をしていると考えられます。

ストレス解消

暖かい太陽の光に当たり、猫なりのリラックスタイムを過ごしているのかも、しれません。嫌な事があっても、ぽかぽかの日光の中にいれば、忘れることができるのでしょう。日光浴をしている猫の表情を見れば、幸せを感じていることは一目瞭然です。ある意味、猫が羨ましいですね。もしかしたら飼い主さんも愛猫と一緒に日光浴をすれば、日々溜まっていくストレスの、解消になるかもしれません。

ノミ、ダニ予防

日光を浴びることによって猫の体に付いているノミ、ダニを殺すことができますし、繁殖予防にもなります。日光浴には実に多くの、メリットがあるのですね。

猫を日光浴させる正しい方法

窓際で日光浴してる猫

愛猫を日光浴させる場合は、直射日光でもガラス越しでもどちらでも大丈夫です。夏のキツイ日差しは、強過ぎるかもしれません。その場合はカーテンを閉めるなどして、調整してあげましょう。

白猫など、被毛の色が薄い猫は、日に当たりすぎると皮膚炎を起す場合があります。耳の先端や目の上の毛が薄い部分、まぶたの下などは特に、気をつけなければいけません。とは言え、皮膚炎を起した猫を全く日光浴させないのも現実的ではありませんので、その場合はUVカットフィルムを窓に張ると良いでしょう。また、老猫では、扁平上皮癌になるリスクが高まります。日光浴をする時間を短めにするなど、充分注意してあげましょう。

まとめ

日光浴して寝てる猫

猫は日光浴をする事で、体と精神の健康を保っている、と言えそうです。猫は快適な場所を見つけるのが得意ですが、たまには愛猫と一緒に、昼寝をしてみてはいかがでしょうか?きっと、ほんわかとした幸せな気分に、なれることでしょう!

スポンサーリンク

人気のキーワード