猫にクッキーを与えてはいけない理由と食べたときの対処法

猫にクッキーを与えてはいけない理由と食べたときの対処法

ふと見ると、楽しみに取っておいたクッキーの袋に愛猫が首を突っ込んで食べていた…こんな惨状を目にした場合、飼い主としたらどう対処すれば、良いのでしょうか?猫にクッキーを与えるのは、良くありません。その理由や食べてしまった時の対処法を、お伝えします。

687view

なぜ猫にクッキーを与えてはいけないのか

猫とクッキー
  • クッキーは猫にとって糖分や脂質が多過ぎるから
  • クッキーは猫の糖尿病や肥満の原因になるから

人間用に作られたクッキーは、猫にとっては糖分や脂質が多過ぎるため、与えてはいけません。

糖尿病や肥満の原因となります。猫ではかなり稀ですが、虫歯になる可能性もあります。飼い主さんが美味しそうにクッキーを食べていると、興味を持って近付いてくる事もあるかもしれませんが、愛猫の健康を考え、心を鬼にしてあげるのは止めましょう。

クッキーの何が猫に悪いのか

オレンジのクッキーと猫
  • クッキーの原料は基本的に猫に必要な栄養素は無いから
  • クッキーの中にはチョコレートなど猫にとって有害な物が入っている場合があるから

クッキーは一般的に、小麦粉や砂糖、卵、バター、バニラエッセンスが材料です。これらの材料は猫にとって致命的な害を与えるものではありませんが、与えなくて良い食べ物です。

クッキーの中には猫には絶対に与えてはいけない、チョコレートが入ったものもあります。猫によって異なりますが、少量のチョコレートにも反応し、中毒症状を起こすこともあります。

小麦粉

  • 小麦は猫が消化できない食べ物
  • 小麦のアレルギーがある猫もいる

クッキーの原料である小麦粉は、猫が消化を不得意とする食べ物です。穀物不使用のキャットフードも、増えています。

絶対に与えてはいけない訳ではありませんが、できる限り少なくする方が、猫の体にとって負担は少ないでしょう。また、小麦粉にアレルギー症状を示す猫もいます。そのような場合は小麦粉を与えてはいけません。

砂糖

  • 猫の舌は甘みを感じないので砂糖は不要な栄養素
  • 食べ過ぎると糖尿病などの病気を引き起こす可能性がある

甘いクッキーには砂糖が大量に入っています。砂糖はそもそもは猫にとって不必要なものです。元々猫の舌には甘みを感じるセンサーである味蕾がないと言います。

ですから食べても美味しさを感じないばかりか、糖尿病の原因となる場合があるのです。ただ、人間と暮らす歴史が長くなる中で、猫の食生活にも徐々に変化が起きていることは確かです。

もしかすると、飼い主さんがクッキーを美味しそうに食べている為、自分も欲しくなってしまうという事も考えられます。でも、与えないようにしましょう。

  • 生卵の白身は猫に与えてはいけない

クッキーを作る上で必要な卵。生の卵の白身には、猫にとって良くない作用をもたらす「アビシン」という成分が含まれています。

ですから、生の白身は与えてはいけません。アビシンは加熱すれば大丈夫です。クッキーの場合は必ず加熱しますので、クッキーに入った卵が猫に害をもたらす可能性は低いですが、クッキー全体で見るとやはり与えるのは良くありません。

バター

  • 牛乳は猫が消化できない成分が入っている
  • バターには塩が使われているの

クッキーの材料のバターは牛乳と塩から作られます。牛乳は、猫の1/3が分解できない「ラクトース」という成分が含まれていますので、与えない方が良いとされています。

塩も、猫にとっては塩分の摂り過ぎとなる可能性があります。無塩バターもありますが、その場合でも牛乳が原料になっているのは変わりないので、あまり与えない方が無難、という事ができるでしょう。

バニラエッセンス

クッキーに美味しそうな香り付けをしてくれるバニラエッセンスですが、こちらが直接猫に害を与えることは考えにくいです。

あまりないとは思いますが、バニラエッセンスの強い香りに慣れてしまうと、他の食べ物の匂いを感じにくくなるという可能性は考えられます。

猫がクッキーを食べてしまったら

クッキーをと口をあけた猫
  • クッキーを食べてしまったら様子を見る
  • 下痢やおう吐があれば動物病院へ受診する
  • 継続的に与えると糖尿病、肥満の可能性がある

もし愛猫が、飼い主さんが目を離したスキにクッキーを食べてしまったら、とりあえずは様子を見ましょう。それほど大量でなければ、問題が起きることは少ないでしょう。

一時的に下痢や嘔吐する事はあるかもしれません。もしそれらの症状が続くようでしたら、受診してください。

もし猫にクッキーを継続的に与えた場合は、糖尿病や肥満などになる可能性があります。クッキーを食べたそうにする猫もいるかもしれませんが、猫の手の届かない場所に、しまっておきましょう。

まとめ

猫と猫クッキー

好奇心旺盛な猫は、クッキーのような驚きの食べ物を口にしてしまう事があります。その様子は面白いですし、可愛く感じることもあるでしょう。

ですが、ただ見ているだけで注意しないのは、愛猫の健康を害する事にも繋がります。

どうしてもクッキーを食べたそうにしていたら、猫用のクッキーを作ってみると良いでしょう。市販されているものもあります。

ただ、猫用クッキーにも小麦粉を使ったものがありますので、アレルギー持ちの場合は注意してください。猫用クッキーで、愛猫と一緒の楽しいティータイムを!

人気のキーワード