猫のグレインフリーフードとは?特徴と選び方について

猫のグレインフリーフードとは?特徴と選び方について

猫は本来肉食動物ですが、市販のキャットフードの中身はどうでしょう。トウモロコシや小麦などの穀物が並んでいませんか。穀物によるトラブルが問題視され、グレインフリーフード(穀物不使用)が注目されています。

376view

猫のグレインフリーフードとは

小麦を嗅ぐ猫

グレインフリーフードとはキャットフード等に含まれる穀物を使っていないフードの事をいいます。

グレインフリーフードが注目される理由

鉢植えとねこ

グレインフリーフードのメリット

  • ダイエット効果がある
  • 穀物アレルギーの発症リスクを軽減する
  • 消化吸収がよいので、下痢や嘔吐が減る

グレインフリーフードには米や麦、トウモロコシや大豆などが含まれていません。これにより以上のようなメリットが期待できます。

猫は穀物の消化が苦手?

猫は分類上肉食動物なので自然界では穀物はほとんど食べません。猫の唾液中には炭水化物を分解するための酵素(アミラーゼ)が非常に少なく、腸の構造も非常に短いため穀物の消化に向いていないのです。

このため大量に穀類を摂取すると消化器官に大きな負担がかかります。特定のフードによって猫が嘔吐したり、下痢をしたりすることがありませんか。

特定のフードで消化不良の症状があれば、フードの中の穀物で消化不良を起こしている可能性があります。

グレインフリーフードの選び方

ショッピングカートを押す猫

グレインフリーフード選びのポイント

  • 安全な生肉や生魚を使用している
  • 化学合成添加物が無添加
  • ペット先進国のヨーロッパなどで製造されている

おすすめグレインフリーフード

  • カナガンキャットフード
  • シンプリ―キャットフード
  • ジャガーキャットフード
  • ナウ
  • オリジンキャットフード
  • モグニャンキャットフード

通常のキャットフードに比べるとグレインフリーフードはかなり高価な餌です。そんな中でもカナガンキャットフードは比較的利用しやすい金額なので、グレインフリーフードの中では人気があります。

どれも厳選された材料と栄養バランスが自慢なので、猫の健康管理がしやすいこともウリの一つです。

ユニークな名前のモグニャンキャットフードは日本の会社が企画しました。イギリスのフード専門家との協力で生まれ、ペット先進国イギリスの工場で生産されているこだわりのフードです。

腎臓の弱い猫はタンパク質に注意

メリットの多さが注目されるグレインフリーフードにも注意すべき点があります。猫に多い腎臓病への影響です。腎臓病の治療では、腎臓で処理しきれないタンパク質の量を減らすことが必要になります。

安価なグレインフリーフードの中には猫の体に適さない植物性たんぱく質を大量に使用しているものもあるのです。腎臓病の猫に与える餌についてはお医者さんに相談し、適切な療養食を与えるのが安心ですね。

また、高齢の猫も腎臓が弱っている可能性が高いので、高タンパクの餌については慎重な検討が必要でしょう。

まとめ

小麦畑と猫

ご飯やパンを与えることが、猫にとって害になるなんて…一昔前はご飯メインの「猫まんま」が餌の主流だったことが信じられないですね。

キャットフードは国産が安心と思っている人も多いようですが、実はまだまだヨーロッパに比べると材料の規制もゆるい方なのです。

イギリスなどでは餌に使う原料へ厳しい基準が設けられ、ペットの健康に配慮されています。グレインフリーフードが日本でも注目されてきたのは近年猫が家族という意識が強くなり、長く健康に生きて欲しいと願う飼い主さんが安全な餌を求めた結果かもしれません。

人間同様、食事は健康の基本です。グレインフリーフードはメリットの大きい餌ですが、まずは猫の年齢や体質にあった栄養は何かを見極め、そのうえで検討するのがよいでしょう。

また、グレインフリーフードはかなり高価な餌と認識しておくべきです。買う時は安い餌を選んではいけません。穀物より添加物や植物性タンパク質などの害の方が怖いですから

スポンサーリンク

人気のキーワード