猫ににぼしを与える時の注意点!発病するかもしれない病気とは

猫ににぼしを与える時の注意点!発病するかもしれない病気とは

猫ににぼしを与えたことはありますか?にぼしは魚の風味がとてもいいため、猫ちゃんはとっても喜んで食べてくれそうですが、魚を食べさせるのはあまりよくないという声もよく耳にします。今回はそんな猫ににぼしを与えることについて解析していきましょう。

490view

猫ににぼしを与えていいのか

煮干し
  • 猫と煮干しは相性がよくない
  • にぼしは猫にとって食べ過ぎると危険な栄養素が含まれる
  • 煮干しは栄養が多いが食べ過ぎはよくない

にぼしの中にはカルシウム、鉄分といった身体に猫の身体にいい成分が入っていますが、それと同時にミネラルやリンといった栄養素も入っています。

これは猫の身体にあまり良くない栄養素で取りすぎると病気の原因となります。実際に愛猫家の間では猫ににぼしは良くないという事実が浸透してきています。

確かに栄養価は高く猫ちゃんの食いつきもいい、魅力的な食材ではありますが進んで与えるにはリスクが高すぎます。無理に与えようとはせず、他の食材で栄養価が取れないか考えることが無難です。

猫がにぼしによって引き起こされる病気

病院にいる白い猫
  • 結石
  • 黄色脂肪症
  • 高血圧
  • 腎不全

にぼしを与え続けた結果なる可能性がある病気をまとめてみました。とは言っても、にぼしを与え続けたら必ずなるというものではありません。しかし、病気にかかる可能性は十分に考えられますので注意しましょう。

結石

尿道に結石がたまり、排尿ができなかったり激しい痛みを伴う病気です。オス猫が重症化しやすいと言われています。

結石の原因はストレス、水を飲まない、トイレが汚くて我慢する、などの原因の他にキャットフードや食べ物が原因となることもあります。

なぜにぼしを食べると発病する可能性があるかというと、にぼしの中にはマグネシウム、リン、カルシウムが大変豊富に含まれています。

結石はマグネシウム、リン、カルシウム、ミネラルの過剰摂取によりできやすくなります。にぼしを与え続けることが結石の原因になることは十分に考えられます。

黄色脂肪症

別命イエローファットと呼ばれる病気で、にぼしに含まれる不飽和脂肪酸を大量に摂取することにより通常白い脂肪が黄色に変色してしまいます。ビタミンEが不足することになるので、それを補う投与が必要となります。

不飽和脂肪酸は適量だとガン予防や血液をサラサラにしてくれますがにぼしなどに含まれる不飽和脂肪酸の取りすぎはよくないので注意して下さい。

高血圧

にぼしは塩分もかなり高いです。塩分の取りすぎは高血圧に繋がり、心臓を始めあらゆる内臓に悪影響を及ぼします。

にぼしだけではなく、人間の食べ物は猫には塩分が多すぎるものばかりなので極力与えないようにしましょう。

腎不全

塩分の多いにぼしを食べ過ぎることにより腎不全を引き起こす可能性もあります。

猫の死因1位のガンに次いで多いと言われている腎不全も注意したい病気の1つです。腎臓の動きを著しく低下させてしまう腎不全は、最悪の場合死に至る恐ろしい病気です。

腎不全の原因と言われているのが糖尿病などの病気との併発です。そのため煮干しなどの塩分が多い物を猫に与えると糖尿病になり腎不全を併発してしまう可能性があります。

猫ににぼしを与える安全な方法

猫に魚をあげる女の子
  • 猫用のにぼしを与える
  • にぼしをお湯にくぐらせ塩抜きする

猫用のにぼしを与える

にぼしの危険性は十分にわかったうえで、それでも与えたい方は人間用のにぼしではなく猫用のにぼしを与えるようにしましょう。

猫用として売られているにぼしは塩分を控え目に作られていたり、猫ちゃんが食べやすいように工夫されています。

しかし、猫用のにぼしだからと言ってもやはり塩分は高めに作られています。与え過ぎには注意しましょう。

塩抜きしたにぼしを与える

人間用のにぼしを与えたいと言うかたは、塩分を抜くためににぼしを1度お湯にくぐらせて塩抜きをしてから与えましょう。

お湯にくぐらせたあと水でサッと洗うことで塩をある程度抜くことができます。

しかしそれでも塩分が高めなことに変わりはありませんので、与える場合は1日2本までにしましょう。

まとめ

魚を持つ猫
  • 猫に煮干しはあまり与えない方が良い
  • にぼしを猫が食べ過ぎると病気が発病する可能性がある
  • 猫用の煮干しを与える
  • 猫に煮干しを与える時はにぼしを湯通しして塩分を取る

今回は猫ちゃんが大好きなイメージが強い、にぼしについてご紹介しました。意外と猫にとってにぼしは病気になってしまう可能性がある食べ物でありました。

愛猫が好きだからと何も考えずに人間の食べ物を与えていると取り返しのつかないことになりかねません。

可愛い愛猫の健康を守るためにも、にぼしを与えないように、与えるとしてもちゃんと塩分のことを考えて与えるようにしましょう。

人気のキーワード