猫用フード「ピュリナワン」の人気の秘密とは

猫用フード「ピュリナワン」の人気の秘密とは

猫のフードに悩むことはありませんか?最近、ピュリナワンという猫用フードが人気のようです。一度ペットショップに行けば選び切れない程の種類があり、余計迷ってしまいますね。猫のピュリナワンはどんな所が人気の秘密なのでしょうか?猫用フード、ピュリナワンについて、詳しくみていきましょう!

246view

猫用フード「ピュリナワン」とは

大皿でご飯を食べる猫

ピュリナワンは、ネスレが販売するアメリカのキャットフードです。かなり人気があり、売れ行きも好調のようです。商品のラインアップも豊富です。

フードの質の割りにお値段が安い事で、購入する人も多いとか。アマゾンでのレビューも高く、評判は上々です。排泄物のニオイが少なくなった、食いつきが良い、体調が良くなったなどのレビューがあります。

もちろん猫によっては体質に合わず、下痢や嘔吐、体重減少があったり、全く食べなかったりする事もあるようです。

猫用フード「ピュリナワン」の特徴とラインアップ

カートを押す猫

ピュリナワンには、どのような特徴があるのでしょうか?

ピュリナワンには実に13種という多種多様な商品ラインアップがあり、愛猫に合わせた柔軟な選択ができるようになっています。商品ラインアップは、以下の通りです。

ピュリナワン子猫、妊娠・授乳期の母猫用

  • 1歳までの子ねこ用/妊娠授乳期の母猫用 チキン

ピュリナワン1歳からの成猫用

  • 美味を求める成猫用 チキン
  • 美味を求める成猫用 サーモン
  • 室内飼い猫用インドアキャット ターキー&チキン
  • 室内飼い猫用インドアキャット サーモン
  • 下部尿路の健康維持F.L.U.T.Hケア チキン
  • 下部尿路の健康維持F.L.U.T.Hケア サーモン
  • メタボリックエネルギーコントロール太りやすい猫用 ターキー

ピュリナワン11歳からのシニア猫用

  • 室内飼い猫用インドアキャット ターキー&サーモン
  • 下部尿路の健康維持F.L.U.T.Hケア チキン
  • 優しく腎臓の健康サポート チキン

ピュリナワン15歳からのシニア猫用

  • 長生き猫の健康維持 チキン

ピュリナワン全年齢用

  • 避妊去勢した猫の体重ケア ターキー

ピュリナワン猫用は小分けされたパッケージのものがある

  • 800gと2.2kgのものは小分けになっている
  • 800g:400g×2包
  • 2.2kg:550g×4包

ピュリナワンには800g、2.2kg、4kgの展開がありますが、このうち800gと2.2kgに関しては、小分けパッケージとなっています。

800gでは400g×2包、2.2kgでは550g×4包に分かれていて、フードの鮮度やニオイを保てるのが良いですね!4kgだけは残念ながら、小分けにはなっていません。

単頭飼いの場合は小分けを、多頭飼いの場合は4kgを選ぶ方が多いようです。ただ、コスト的な面からは、4kgの方が良いようですが…。

キャットフードの酸化を防止できる

フードのパッケージは一度開けると、どうしても酸化が進んでしまいます。猫が食べものと認識するのにはニオイが大事ですので、パッケージを開封してから時間が経つほど、そのニオイも弱くなってしまうのです。

ですから、フードが減るのが遅い単頭飼いでは、コストよりも小分けパッケージを選んだ方が、良いかもしれません。

「ピュリナワン」の猫への安全性

猫と麦
  • ピュリナワンは合成着色料や香料は入っていない
  • 日本よりも厳しいアメリカの基準で作られている
  • 米や穀物が入っているのでアレルギーの猫は注意

ピュリナワンは合成着色料や香料は無し

愛猫に与える上で気になるのが、フードの安全性ですよね。ピュリナワンは合成着色料や香料は添加していないので安心、という方もいます。

ピュリナワン「避妊・去勢した猫の体重ケア ターキー」の場合

アマゾンでベストセラーになっている「避妊・去勢した猫の体重ケア ターキー」で、その安全性をみていきましょう。

原材料

  • ターキー
  • コーングルテンミール
  • 家禽(かきん)ミール
  • 大豆ミール
  • ミネラル類
  • ビタミン類

猫用ピュリナワンの原材料は、ターキー、米、コーングルテンミール、家禽(かきん)ミール、大豆ミールなどとなっています。他にはミネラル類やビタミン類が添加されています。

家禽ミール

家禽ミールとは、鶏やウズラ、七面鳥などの羽、頭、足、内臓を除いた清潔な肉と皮から、脂分を取り除いたものです。

一般的に家禽ミールは危険だ、という話がありますが、ピュリナワンは日本よりも厳しいアメリカの基準で作られているので、それほど安全性については心配しなくても大丈夫、と言えます。

一般的に言われているような羽や爪などは入っていないので、危険性が高いとは言えません。

米や穀物アレルギーのある猫には与えない方がいい

表示を見るとターキーが1番多い原材料となっていて、この点は安心です。ただ、次に多い原材料として「米」となっているので、炭水化物の消化が苦手な猫にとっては、少し負担がかかるかな、という所です。

米以外にも、とうもろこしやコーングルテンミールが含まれていますので、米や穀物アレルギーのある猫には、食べさせられません。

残念ながら今の所、グルテンフリー(穀物が含まれていない)のラインアップはないようですが最近はグルテンフリーのフードが増えているので、今後作られる可能性もあるかもしれません。

まとめ

ご飯を食べる猫

品質も悪くなくお値段もお手頃、という事で、愛猫家の間でピュリナワンの人気があるのが分かりますね。ただ、飼い主さんがこれが良い、と思っても、実際に食べるのは愛猫です。

愛猫のお気に入り具合や体調などを見て、慎重にフードの種類は、決めていきたいところですね。

人気のキーワード