雑誌「NyAERA(ニャエラ)」は一冊丸ごと猫だらけ!

雑誌「NyAERA(ニャエラ)」は一冊丸ごと猫だらけ!

社会情勢などを中心に取り扱うニュース週刊誌「AERA」から、増刊号として発売された一冊まるごと猫だらけの「NyAERA(ニャエラ)」。猫とは無縁のような、お堅い雑誌から発売された猫雑誌「NyAERA(ニャエラ)」の実態をご紹介。

277view

NyAERA(ニャエラ)とは

「NyAERA(ニャエラ)」とは、2016年12月31日にニュース週刊誌「AERA」の臨時増刊号として発売された、まるごと一冊ねこだらけの猫雑誌です。その表紙を飾っているのは、人気アプリゲーム「ねこあつめ」を題材にした映画「ねこあつめの家」で話題となった人気タレント猫の「シナモン」。その出来栄えは、さすが人気タレント猫、一流芸能人並みに決まっています。実際に表紙のシナモンちゃんと目が合ってしまい、ついつい手に取ってしまった人も多いとか。

「AERA」の増刊号として発売された「NyAERA(ニャエラ)」ですが、その題名からみても、一見パロディのような体裁ですよね。しかし、その内容は猫好きスタッフの力を結集して作られていることや、雑誌作りの取材、撮影、編集までその工程はすべてプロの手によって行われていることから、大変クオリティが高く、猫に対する熱い情熱と愛情が注ぎ込まれた一冊となっています。

NyAERA(ニャエラ)の内容

「AERA」といえば、社会情勢などを中心に取り扱う、どちらかというとお堅い週刊誌というイメージが強く、柔らかいイメージがある猫雑誌とは対極にありそうですよね。そんな対極の雑誌から生まれた「NyAERA(ニャエラ)」ですが、その気になる内容はどんなものなのでしょう?その一部をご紹介しますね。

NyAERA(ニャエラ)見どころ紹介

  • 巻頭特集、タバコ屋の看板ネコ、内航船船長ネコ、校長ネコ、工場長ネコ、駅長ネコ、相撲部屋親方ネコ、などの「働くネコ」取り卸し写真。
  • 100枚以上の読者のお宝ネコ写真
  • ロシアのプーチン大統領から贈られた秋田県知事の猫暮らし
  • 動物写真家に学ぶネコの撮り方
  • 腎臓病治療や再生医療など猫の寿命に関する最新情報
  • 被災地で試練を迎える猫達

NyAERA(ニャエラ)には、猫の可愛さに癒されるような記事はもちろん、猫の為になる記事、ニュース誌らしい切り口の情報も豊富に掲載されています。個人的に気になるのは、ロシアのプーチン大統領から秋田県知事に贈られた猫「ミール」君の特集です。秋田県公式WEBサイトでも写真を見ることができますが、果たして秋田県知事とミール君が普段どんな暮らしをしているのかとっても興味があります。

さらに表紙の「ネコの寿命が30歳に」という見出しにも、とても惹かれますよね。確かに、猫の寿命が年々伸びているのは知っていますが、30歳とはすごい!とっても気になる記事が盛りだくさんとなっています。

AERAの人気連載も猫バージョンに!

AERAには人気連載が多数存在しています。そんな連載も、NyAERA(ニャエラ)では猫バージョンとして掲載しています。

  • 現代のニャン像(現代の肖像)
  • はたらく猫カンケイ(はたらく夫婦カンケイ)
  • 実践ニャース塾(佐藤優の7DAYS実践ニュース塾)

(※カッコ内はAERAでの連載題名)

普段AERAを読んでいる人は、思わずクスっとくるコンテンツとなっています。もちろん普段購読していない方にも楽しめる内容となっていますよ!

NyAERA(ニャエラ)の購入方法

僕のアモーレ猫記事

「NyAERA(ニャエラ)」は2016年12月31日に、全国の書店やセブンイレブンで発売されました。現在、店頭で手にするのは商品の入れ替えもあるため難しいかもしれませんが、ネット通販で購入可能です。NyAERA(ニャエラ)のお値段は、定価680円となっており、通常のAERAより少し高めとなっています。しかし、十分なボリューム内容で、永久保存版にしてもいい程の一冊となっています。

Amazonや楽天でNyAERA(ニャエラ)を購入↓

NyAERA (ニャエラ) (AERA増刊)
円(税込)

商品情報

まとめ

猫と女性と雑誌

いかがでしたか?パロディ色が強いと思われたNyAERA(ニャエラ)ですが、さすがAERA。その内容、クオリティ、ボリューム、全てにおいて大満足の一冊です。皆様も一冊まるごとねこだらけ、猫好きもそうでない人も必見の本格猫雑誌、「NyAERA(ニャエラ)」を手にしてみてはいかがでしょうか?

人気のキーワード