据え置き型のキャットタワーを置くメリットとおすすめ商品3選

据え置き型のキャットタワーを置くメリットとおすすめ商品3選

ペットショップやネットショップを覗くと、数多く陳列されているキャットタワー。いざ購入しようと思っても、「どれが良いのか分からない!」「選べない!!」と、悩み始めてしまいませんか?一体、キャットタワーは何を基準に選べば良いのでしょうか?

571view

据え置き型のキャットタワーとは

キャットタワーと猫

据え置き型のキャットタワーとは、ただ床に置けば良いだけ、という設置が非常に簡単なキャットタワーです。転倒防止の為、重心が下の方になっています。階段やハンモック、隠れ家、爪研ぎなど、猫が喜ぶアイテムが設置されているものもあります。

キャットタワーには大きく分けて、据え置きタイプと突っ張りタイプがあります。据え置きタイプは前述したように、ただ床に置けば設置完了となりますが、突っ張りタイプは床と天井にピタっと突っ張らせなければいけません。どちらにするかはお家の状況などを鑑みて、飼い主さんのお好みで決めて頂ければ良いのですが、据え置きタイプは倒れにくい、掃除しやすい、という意見もあります。

据え置き型キャットタワーを置くメリット

キャットタワーにいるハチワレ

据え置き型のキャットタワーにはどんなメリットがあるのでしょうか?代表的なメリットをまとめました。メリットを分かりやすくする為、突っ張りタイプと比較しています。

①設置が簡単

据え置きタイプのキャットタワーは、購入してから組み立てておくだけで設置終了となります。突っ張りタイプの場合は組み立て+突っ張らせる作業が必要となり、これが高所での作業となりますので、高いところが苦手な方には厳しいかもしれません。高い所が平気な飼い主さんでも、突っ張り作業には多少、手間がかかります。

②メンテナンス不要

突っ張りタイプの場合、突っ張りが弱まってきたり、猫が飛び乗ってずれたりすることがありますので、定期的に突っ張りし直すメンテナンスが必要となることが多いです。据え置きタイプではそのようなメンテナンスは必要ありません。

③掃除が楽

突っ張りタイプのキャットタワーを掃除しようと思うと、天井近くの部分は脚立などを使ってお掃除しなければいけません。ちょっと一手間ですね。また、キャットタワーを移動してお掃除したい時には、突っ張りをいちいち外す必要がありますので、これもまた一手間掛かります。お掃除後にはまた、突っ張らせ作業が入ります。

据え置きタイプの場合、高さのあるキャットタワーですとやはり、高い部分のお掃除には脚立などが必要になる場合はありますが、キャットタワーを移動する手間は、突っ張りタイプよりも掛かりません。

据え置き型キャットタワーのデメリット

棚の上にいる猫

据え置きタイプのメリットばかりをお伝えすると、どこぞの怪しげな営業マンのようになってしまうので、デメリットもお伝えします。それは、突っ張りタイプと比べると、高さが低い、という点でしょう。突っ張りタイプは床から天井までの高さですので、2メートルを超えるものがほとんどです。ですが、据え置きタイプでは、高くても2メートル以下となります。

高い所が好きな猫的にはやはり、なるべく高いキャットタワーの方が喜ぶ傾向にありますが、据え置きタイプではそこまでの高さは実現できない、というのが唯一のデメリットです。ただ、子猫やシニア猫にはそこまで高さが必要ではない場合もあります。また、性格的にあまり高い所に登らない猫もいます。愛猫に合わせて、キャットタワーを選ぶのが1番です。

据え置き型キャットタワーおすすめ商品3選

楽天市場で人気があるキャットタワーで、レビュー評価の高いものベスト3をお伝えします!!(2017年10月時点)

第1位 キャットタワー据え置き全高170cm

高さ170cmの据え置き型キャットタワーで、階段、隠れ家2つ、見張り台が3つ(おもちゃ付き)付いています。こんな豪華なのに、お値段なんと送料込みで\6,900と超お手頃!レビュー件数も2000件を超えており、評価も高いです。組み立ては一人でも簡単に行えるようになっており、更に、ハンモックをプラスしたり、支柱を交換したりのカスタマイズも可能。カラーはベージュ、ブラウン、ホワイト、ネイビー、グリーンの4色ですので、飼い主さんのお好みやお部屋のインテリアに合わせて選択できます!このキャットタワーは他にも、140cm、150cm、175cmの高さの展開があります。色々選べるのが、嬉しいですね!

ご購入はこちらから↓

ottostyle.jp ネコちゃんキャットタワー 据え置き&ワイドタイプ オフホワイト 幅88cm×奥行55cm×高さ170cm
7,800円(税込)

商品情報
据え置きタイプなので、どこでも自由に設置することができます

第2位 キャットタワー据え置きロータイプ

高さ120cm、ハンモック、隠れ家、スロープ、トンネル付きの遊びがいがあるキャットタワーです。お値段は\7,480(税込)。カラーは、どんなお部屋にも合うベージュです。実はこのキャットタワーは、筆者の家でも使用しています。ニオイがあるとの説明がありますが、ウチの子は組み立ててすぐに使ってくれました。ハンモックが大のお気に入りで、そこでぎゅ〜ぎゅ〜になって寝ることが多いです(笑)。購入してもうかれこれ4年以上経ちますが、未だに飽きずに使ってくれています。ウチの子にとっては、このキャットタワーが生活の一部で、もはやなくてはならない物になっていると思います。

ハンモックで寝る愛猫

ご購入はこちらから↓

アイリスプラザ キャットランド ベージュ H120×W53×D53cm
7,685円(税込)

商品情報

第3位 キャットタワー据え置きビッグ

特に、多頭飼いの場合にオススメなのが、高さ183cmを誇るビッグサイズの据え置き型キャットタワーです。スロープや隠れ家はもちろん、見張り台3台と爪研ぎ箇所が10カ所もありますので、きっとケンカすることなくみんなで仲良く使えますね。ポールが太く、ぐらつきにくく設計されているので、長持ちします。隠れ家は大小2つ付いていますので、愛猫たちの好みや体格に合わせて使って貰えそうです♪お値段は送料無料の\10,800、カラーはホワイトとネイビーの2色から選べます。

ご購入はこちらから↓

アイリスプラザ キャットランド ネイビー H183×W71×D61cm
10,500円(税込)

商品情報

据え置き型キャットタワーのまとめ

キャットタワーで横になる猫

据え置き型キャットタワーの良さを、ご理解頂けたでしょうか?警戒心の強い猫はキャットタワーを置いてしばらく、無視状態になるかもしれませんが、しばらくして慣れると、使ってくれることもあります。反応が悪いからと言って諦めず、根気よく待ってみることも大切です。愛猫にぴったりの、キャットタワーを見つけてあげてくださいね!!

人気のキーワード