猫用レボリューションの効果と副作用、実際に使用した感想まで

猫用レボリューションの効果と副作用、実際に使用した感想まで

レボリューションは猫のノミやダニ、フィラリアなどに対して有効な駆虫剤です。1ヶ月に1度の投与で効果が持続すると言われていますが、副作用はないのでしょうか?愛猫に対してのレボリューションの効果はもちろん、安全性も気になりますね。猫にレボリューションを使うことについて、詳しくみていきましょう!

409view

猫用レボリューションとは

レボリューションはゾエティスジャパン株式会社が販売する、猫のノミやダニ、フィラリアなどに有効な駆虫剤です。殺虫剤ではないので、猫に投与しても安全だと言われています。有効成分はファイザー製薬が開発した「セラメクチン」。ピペット式で投与も簡単です。セラメクチンはフィラリアだけでなく、特にノミに高い効果を発揮します。

猫用レボリューションの効果

庭で伏せている猫

レボリューションは猫の皮膚に薬液を付け、そこから浸透して効果を発揮します。ある大学や動物病院、ファイザー製薬による共同研究結果によると、ノミとミミビセンダニの駆除、ノミの予防への有効性が認められたそうです。販売元であるゾエティスジャパンからは、フィラリアの幼虫も低濃度で死滅させることができると公表されています。

日本では、

  • フィラリア
  • 回虫
  • ミミカイセン
  • ノミ

に対しての認可を取得しています。マダニに関しては種類が沢山あり、マダニの種類によって効果が異なります。アメリカにいるマダニに対しては認可をとっているそうですが、日本のマダニに対しては効果が確認されていません。ですから、マダニに関しては効果があるかないかはまだ分からない、というのが現状です。

猫にレボリューションを投与すると皮膚から吸収され、2時間後にシャンプーをしても、効果は低下しないそうです。飼い主さんへの安全性も高く、もしレボリューションが入っているピペットの全量が飼い主さんの皮膚についても、毒性学上極めて微量なので安全と、ゾエティスジャパンが発表しています。猫よりも体の大きな人に害があるのなら、愛猫に投与するが心配になってしまいますが、これなら大丈夫そうですね!

猫用レボリューションの副作用

芝生の上で横たわっている猫

猫用レボリューションについて調べていると、「愛猫に投与したら嘔吐した」などの副作用について書かれていることがあります。確かに、農林水産省動物医薬品検査所のホームページには、レボリューションについての副作用が掲載されています。それらをチェックするとほとんどが死亡例となっています。このように聞くと、「猫にレボリューションを使用するのは危険なの?」と思ってしまいますが、早合点はいけません。

猫がレボリューションの副作用で死亡したケースのほとんどが、何かしらの体に異常があった子猫の場合でした。拾ったばかりで弱っていたり、多数の寄生虫がいる状態だったり、避妊手術と同時など、体調が良いとはいえない時に投与したことで、副作用が起きてしまったケースが多いのです。ですから、猫にレボリューションを投与する前に、何か異常はないかなど、健康状態を確かめて行う必要はあります。

レボリューションは2005年に発売されました。そこから2016年までにされた副作用の報告は24件です。これが多いと感じるか少ないと感じるかには個人差があると思いますし、結局の所レボリューションを愛猫に使用するか否かは、飼い主さんの判断となります。

猫用レボリューションの使用例

庭にいる2匹の猫

我が家では愛猫2匹に、レボリューションを毎月投与しています。今の所、これといってレボリューションによる副作用は起きていません。ノミやダニは愛猫だけでなく、人間にも害を及ぼします。

フィラリアの感染率はどの位なのか分かりませんが、愛猫が感染しないに越したことはありません。加えてもし完全室内飼いの愛猫が何かの拍子に脱走してしまった場合、どこかで回虫をお腹に入れてくるかもしれません。そう考えた場合、やはり愛猫にはレボリューションを継続投与した方が良いのかな、とも思います。

一方で、レボリューションは愛猫の寿命を縮める危険な薬だ、と訴える人もいて、投与を迷うこともあります。どこまで製薬会社や獣医師、国の組織が言う事を信用するかにもよると思いますが、愛猫の安全を守るのは、最終的には飼い主さんの判断となります。

ノミ・ダニ・蚊よけに天然ヒバ油が良い、としている人も多いですが、逆に猫には有害な成分が入っているから、やめた方が良い、という人もいます。なかなか難しい問題ですね。

まとめ

足を舐める猫

猫にレボリューションを投与することについて、お分かり頂けたでしょうか?レボリューションは良いのか悪いのか、結論がはっきりせずに迷わせてしまったかもしれませんね。お互い、愛猫にとってベストな方法を、選択したいですね!

人気のキーワード