シャム猫の性格とは?特徴や飼う時の注意点まで

シャム猫の性格とは?特徴や飼う時の注意点まで

純潔種の代表格とも言えるシャム猫。元々タイの貴族にのみ飼育を許されていた猫なだけに、やはり見ためも高貴なイメージです。そしてシャム猫の性格は、その見ため通りわがまま女王様なのです。今回はシャム猫の性格や飼う際の注意点をご紹介します。

467view

シャム猫の性格

ソファーにいるシャム猫

シャム猫の性格はまさに女王様!

猫といえばワガママ、自由気ままというイメージがあると思いますが、シャム猫の性格はまさにその通りなのです。シャム猫の性格の特徴は大まかに次の四つ。

  • 活発で元気
  • いたずら好き
  • 警戒心が強いが、慣れると甘えん坊
  • わがままで気難しい

この特徴だけを聞いたら、高飛車なワガママ女王様をイメージしてしまいますが、実際は人を選び心を許した相手には、忠誠心を見せて甘えん坊となりますので、とても可愛くイジラしい猫です。

では、順番にシャム猫の性格の四大特徴を見ていきましょう。

シャム猫の性格 4つの特徴

バスケットの中にいるシャム猫

1.活発で元気

シャム猫はとても活発な猫で、一人で遊ぶより飼い主さんに猫じゃらしを投げてもらうなど、沢山遊ぶのが大好きな甘えん坊です。また見た目のスリムなモデル体型からもわかるように、数ある猫種の中でも大変運動量の多い猫として有名です。お部屋では必ず運動のできる場所を確保してあげましょう。

2.いたずら好き

シャム猫の性格で有名なのが、【いたずら好き】ということです。よく言われているのが、テレビのリモコンを隠すいたずらです。全てのシャム猫がする訳ではないようですが、被害にあったシャム猫の飼い主さんは多いようです。また、その他には・・・

  • 眼鏡を隠す
  • 壁をひっかく
  • 家具で爪研ぎ
  • 人のご飯を盗む

シャム猫の凄いところは、このイタズラが悪いことだとわかっているのに飼い主さんの様子を見ながらやるところです。筋金入りのイタズラ好きですね。

イタズラ好きの性格の為、シャム猫のしつけはとても難しく、根気のいるものとなります。子猫の頃から駄目なものは駄目だとしっかり教えましょう。厳しすぎるのは駄目ですが甘やかしすぎると、後々イタズラで痛い目に合いますので注意しましょう。

3.警戒心は強いが、慣れると甘えん坊

飼い主さんには甘えん坊ですが、元々警戒心が強いシャム猫は初対面の相手には警戒心を剥き出しにします。しかし、信頼できる相手だと思った瞬間に、一気に心を開き「遊んで」とせがむくらい甘えます。

また飼い主さんと仲良くしてくれる人と遊ぶのも大好きで、皆でわいわいと遊ぶことを好んだりします。一見クールに見えますが、実は愛情深く感受性が強いのがシャム猫の性格の特徴であり、魅力のひとつでもあります。

4.わがままで気難しい

シャム猫の性格の、最大の特徴と言っても過言ではないのが、【わがままで気難しい】という性格。例えば、

  • 自分が欲しいタイミングで餌がなかった
  • 遊んでほしい時に遊んでくれなかった
  • たまの長時間の留守番が寂しかった

そんな理由でシャム猫は機嫌を損ねてしまい、飼い主の言うことを聞かずに無視したり素っ気なくなったりします。しかし、だからと言って構わなかったらさらに機嫌を損ねるので、全力でご機嫌取りをしなければいけません。

困った性格ではありますが、その反面、愛情深くて甘えん坊でもありますので、そのギャップがたまらないというシャム猫好きの方も多いようです。

シャム猫の特徴と飼育上の注意点

シャム猫の顔

シャム猫の性格について詳しく見ていきましたので、ここからはシャム猫の基本情報と飼育にあたっての注意点を見ていきましょう。

シャム猫の身体の特徴

シャム猫の特徴とも言えるポイントカラーは、ブルー、シール、ライラック、チョコレートなど数種類存在します。この色の違いはシャム猫の体温によって違いが出ると言われ、産まれたばかりの子猫は全体的に白い被毛に覆われ、体温の低い耳や尻尾の先から、徐々にポイントが出始めます。老猫になると全体的に色が濃くなります。

体重は2.2kg~4kgで、小柄です。目の色は美しいブルーサファイアですが、角度によっては赤く見えます。ちなみにシャム猫の性格と目について、面白い逸話があります。

「シャム猫の夫婦をある僧侶が飼っていました。ある日、しばらくその僧侶が旅に出る事になり、シャム猫夫婦に僧侶は自分が帰ってくるまで仏像を守るように言いつけます。シャム猫夫婦はそれから朝も夜も仏像の前から離れず、尾を仏像に巻き付け、夜も寝ずに闇を見つめ続け仏像を守り続けた。そして僧侶が帰ってきた時には、目は赤くなり、尾はくるりと曲がり、声もしわがれ、顔も黒くなっていたそうです。」

この逸話を見てもわかるように、シャム猫は飼い主に従順に従うのがわかりますよね。その性格は猫よりも犬に近いのかも知れませんね。

シャム猫がかかりやすい病気

  • 糖尿病
  • 慢性肝不全
  • 角膜黒色壊死症

他の猫でも注意しなければいけない病気は、シャム猫もやはり注意するべきです。その中でも角【膜黒色壊死症】は特に注意が必要です。この病気は、白い被毛で、青い目を持つ猫に発症しやすい病気です。失明をしてしまう恐ろしい病気なので、予防接種を必ずうけましょう。

シャム猫の歴史

シャム猫は前述でも述べた通り、タイの王族、貴族、寺院などの高貴な者にしか飼育を許されていない尊い存在でした。それが1800年代のイギリスのキャットショーにて出展されたことにより、モデルのような美しい体型や被毛、そしてその高貴な姿に、一気に人気に火がつき、世界中に広がることになりました。

シャム猫は英語表記だと「siam(サイアム)」と表記され、海外だと「サイアミーズ」と呼ばれています。サイアムとは昔のタイ王国の名前です。国の名前がそのまま猫の名前になるくらいですから、シャム猫はタイでは、重要な存在だということがわかりますよね。

まとめ

カーペットの上で寝転んでいるシャム猫

高貴な見た目通りの、わがままな女王様のシャム猫ですが、飼い主や慣れ親しんだ者には、深い愛情と従順な性格を見せてくれるとても魅力的な性格です。日本でも、飼育している猫種トップ10に必ずと言っていいほど入る、人気猫種なのも頷けますね。シャム猫の性格を理解して仲良くなれれば、とても楽しい日々が送れること間違いなしですね。

人気のキーワード