猫用カリカリの選び方

猫用カリカリの選び方

皆さんは、猫のカリカリをどうやって選んでいますか?ネットにはたくさんの情報があり、どれが本当なのか、どのカリカリが一番良いのか分からなくなってきた…と悩んでしまっていませんか?猫のカリカリ選びで本当に大切なことは、何なのでしょうか。色々調べたけど、難しいことは分からない!という方は、是非参考にして下さい。

658view

猫のカリカリの選び方

猫とカリカリ

猫の主食となるドライフード、通称「カリカリ」は種類がとても豊富で、どれを食べさせればいいのか分からないという声をよく耳にします。かく言う私も、愛猫と暮らし始めてからずっと悩み続けていました。色々調べた結果、難しいことはよく分からないけれど、最低限この4つを意識しよう!と決めた4つのポイントをご紹介します。お手元にあるカリカリのパッケージ裏、原材料などの表記欄を見ながら読んでみて下さいね♪

ポイントその1:日本産が安全とは限らない

愛猫のフード選びのなかで、一番驚いたのが「国産が安全とは限らない」ということでした。人間の食べ物では「国産」と言えば安全、高級というイメージがありますよね。しかしながら、「動物愛護後進国」と呼ばれる日本では、ペットフードは「食品」として扱われておらず、安全性が低いと言われることがあります。

更に驚きなのは、ペットフード安全法(愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律)という法律が施行された2009年までは、日本のペットフード市場は「無法地帯」だったということです。このような背景から、ペットフードについて研究されている方々に、未だ日本はペットフードに対する意識が低いと言われることもあるようですね。

実際に、現在プレミアムフードとして扱われている猫のカリカリは、海外のものが多いですよね。特に「動物愛護先進国」といわれるアメリカ、ドイツ、イギリスなどでは、ペットフードに関してとても厳しい基準が定められていることから、安全性が高く信頼できるとされています。

ポイントその2:原材料の一番始めは何?

パッケージ裏に、つらつらと記載されている原材料を確認してみましょう。一番始めに表記されている原材料は、何になっていますか?安価なカリカリの場合、穀類(トウモロコシ、小麦など)が表記されています。ここで思い出して欲しいのが「猫は肉食」だということです。ちなみに「猫は魚が好き」というのも、人間が勝手に作り出したイメージです。

一番始めに表記されている材料が、そのカリカリに一番多く含まれている材料です。一番始めに表記されているのが「肉(チキン、ターキーなど)」であるカリカリを選びましょう!

ポイントその3:ミールに注意

原材料を見ていると「〇〇ミール」「〇〇パウダー」「肉副産物」「家禽副産物」という表記がありますよね。これらは分かりやすくいうと「人が食べる部分以外の肉をすり潰したもの」です。必ずしも粗悪品というわけではないのですが「4Dミート」と呼ばれる死んだ動物、死にかけの動物、病気の動物、障害のある動物の肉が含まれている可能性もあるとされています。そのため、原材料に肉そのものの表記がなく、上記のような何の肉なのかハッキリ分からない表記しかないカリカリは避けるようにしましょう。少しも含まれていてはいけない、というわけではありません。

ポイントその4:香料、着色料が入っていないか

猫のカリカリも、様々な形と色の粒がありますよね。人間にとっては、茶色ばかりよりも美味しそうに見えるかもしれませんが、愛猫には関係ありません。無駄に着色料や香料が多いものは避けた方が無難ですね!

この他にも、たんぱく質が…ミネラルが…という見解もありますが、難しいことを考え出すとキリがないので、最低限上記の4つをチェックするようにしています。参考にして頂けると幸いです。

猫のカリカリ選びに正解はない

正解不正解イメージ

猫のカリカリについて調べた後、「だから結局、どのカリカリがいいんだ!」と頭を抱えたことがあるのは私だけではないはず。さっき見たサイトでは○○フードがいいって書いてあったのに、こっちではダメって書かれている…なんてこともありますよね。私自身も、かかりつけの動物病院で取り扱われているフードが、オススメできないカリカリとして紹介されていたときは思わず苦笑いしてしまいました。つまり、何を優先するのかという部分で、意見が分かれてしまうのですね。

そこで第一に考えておきたいのは「今、愛猫にとって必要なカリカリはどれか」ということです。まず、自分のなかで上記で紹介したような「最低限の条件」を定め、それを前提として、愛猫にとって必要なカリカリを選びましょう!それにどんなに高価プレミアムフードを意気込んで購入したとしても、愛猫が喜んで食べてくれるとは限りません。実際に私は、ほぼ100%の猫ちゃんが食べた!と有名なプレミアムフードを愛猫に全力スルーされ、泣く泣く定期購入を中止したことがあります…(笑)どれだけ愛猫の健康を考えて購入したカリカリでも、愛猫が気に入ってくれなければ意味がないですものね!

愛猫のカリカリ選びのコツ

3匹の猫とフード

では、「愛猫に必要なカリカリ」について考えてみましょう。それは、たんぱく質だとかミネラルだとか、グレインフリーだとか…そんな難しいことは、考えなくてもいいのです。肥満や、下部尿路疾患の対策が必要なのか、とにかくグルメで味重視なのか…それだけでも、カリカリの種類を絞り込むことができますよね。最低限の条件をクリアできるカリカリの種類が多すぎて、一体どれがいいのか分からないという場合は、何の「対策」に重点を置くのかを考えてみましょう!

少しお高めのプレミアムフードには、お試しが用意されていることもあります。以前、ネット通販で購入したプレミアムフードをスルーされ続けた後、ペットショップで店員さんに相談したところ、サンプルをたくさん頂いたことがあります。大まかに目星を付けて、相談してみるといいかもしれませんね!

長々と書いてきましたが、つまりはネット上の情報だけに振り回されず、愛猫に合ったカリカリを見つけてあげることが大切です。どれだけネット上で評判が良いフードでも、愛猫が嫌々食べているのでは意味がありません。もちろん、安全性を守るためにも、飼い主さんの中で最低限の基準を作ることは必要ですが、高価なフードだけが愛猫の健康を守れるわけではありません。

まとめ

フードイメージ

私は、この方法で猫のカリカリ選びが楽になりました。我が家の愛猫は飽きるのも早く、3種類程度のカリカリをローテーションで食べさせています。猫のカリカリについて調べ尽くしていた時期は、良かれと思って購入したプレミアムフードは愛猫にスルーされ、かかりつけの動物病院で販売しているフードも、ダメと書いてあるサイトがあったし…と、悩んでばかり居ました。今では、最低限の条件をクリアできるカリカリの中から、その時の愛猫の体調などに合わせて楽しくカリカリ選びをしています♪

人気のキーワード