猫に与える餌の量 計算方法と目安の注意点

猫に与える餌の量 計算方法と目安の注意点

愛猫に毎日、どのくらいの量の餌を与えていますか?また、新しい猫を迎えた場合、餌の量に迷うことはありませんか?適正な量を与えないと、肥満の原因となってしまいますし、栄養的にも良くありません。一体猫の餌は、どのくらいの量を与えればよいのでしょうか?

761view

猫に適した餌の量を計算する方法

電卓操作

それでは実際に、どのくらいの餌の量を与えればよいのでしょうか?愛猫に必要な餌の量を知るために、飼い主さんが自ら計算することができます。

餌の量を計算 ステップ1:安静時に必要な猫のエネルギー量を算出する

  • 「30×愛猫の体重+70」
  • 4kgの猫:190kcal

猫が1日に必要とするエネルギー量を出すには、まず安静時に必要としているエネルギー量(RER)を「30×愛猫の体重+70」の計算式で求めます。4kgの猫でしたら、190kcalが安静時に必要なエネルギー量です。

餌の量を計算 ステップ2:ライフステージにより決められた数値を掛ける

ステップ1で出たエネルギー量に、猫の状況によって決められた数値を掛ければ、1日に必要なエネルギー量を算出できます。その決められた数値とは、以下の通りです。

  • 1歳未満の成長期の子猫→2.5
  • 1歳以上で未去勢未避妊→1.4
  • 1歳以上で去勢避妊済み→1.2
  • 妊娠中→1.6〜2.0
  • 母乳が出ている猫→2〜6
  • 活発な猫→1.6
  • 肥満の猫→1.0
  • ダイエット中→0.8
  • 増量中→1.2〜1.4
  • 老猫→1.1〜1.6
  • 集中治療中→1.0

ですから、4kgの猫で1歳以上、去勢避妊手術済みであれば、ステップ1の計算で出した190kcalに、1.2を掛けます。190kcal×1.2=228kcalが、1日の必要なエネルギー量になります。

餌の量を計算 ステップ3:猫に与える餌の量を計算する

  • 100g当たり360kcalの場合
  • 適した猫の餌の量:228kcal÷360kcal×100g=63g

キャットフードによってカロリーが違いますので、パッケージを見て確認してみてください。大抵、猫の餌には100g当たりのカロリーが記載されているはずです。

たとえば、100g当たり360kcalのキャットフードでしたら、ステップ2で出したエネルギー量228kcalを360kcalで割り、それに100gを掛ければ、1日に与える餌の量が算出されます。

228÷360×100=63gですから、体重が4kgで1歳以上、去勢避妊手術済みの猫に、100g当たり360kcalのキャットフードを与えるのであれば、餌は1日に63gが適量である、ということになります。

そこまで複雑な計算ではありませんので、一度愛猫に合った餌の量を出してみると良いでしょう!

猫の餌の適量を判断するときの注意点

ただ、この計算で出た数値は、より正確なものではありますが、実際愛猫に与えてみて、最終的な餌の量を判断します。

愛猫が太ってきたら餌の量を減らさなければいけませんし、逆に痩せてきたら餌の量を増やす必要があります。

また、おやつを食べる猫の場合は、その分のカロリーも計算に入れましょう。

猫のおやつの量

おやつの分も計算に入れる場合は、例えばキャットフードが100g当たり360kcal、おやつが10g当たり5kcalだったとすると、228÷(360+5)×110=68g程度となります。

68gからおやつ分の10gを引くと、58gがキャットフードの適正量ということになりますね。

一般的な計算式

一般的には、愛猫の体重×80kcalが、1日の餌の量と言われます。

説明した内容は、3ステップで簡単に餌の量を計算できるので、ぜひお試しください。

猫に与える餌の目安量に関する注意点

餌をもらう猫

キャットフードのパッケージに記載されている餌の量は、あくまでも目安と前述しました。ということは、いい加減な値ということなのでしょうか?

実は、餌のパッケージに書かれている量は、愛猫が理想的な体重の時の給餌量なのです。どういうことでしょう?

例えば理想体重が4kgだけれども、実際には肥満で6kgの猫がいるとします。

そこで6kgの給餌量を見て、その通りに与えてしまうと、明らかに多過ぎる量の餌を与えることになってしまうのです。こうなると、どんどん体重が増えていくのは、目に見えていますね。

ですから、猫の餌のパッケージに記載されている量は、いい加減という訳ではなく、理想体重の猫を元に書かれていることを念頭に置いておくと、間違えて与え過ぎてしまうのを防げます。

猫に与える餌の量

フードボウルと舌を出す猫

一口に餌の量と言っても、猫の年齢や体の状態、飼育環境によっても違ってきます。

キャットフードのパッケージに記載されている目安量は、あくまでも目安であるので、その通りに餌を与えても、愛猫には適していない場合もあります。

まとめ

女の子から餌をもらう猫

愛猫に与える餌の量、計算してみましたか?

簡単な計算式で、餌の適量を出すことが出来るので、手軽で良いですね!餌を与えるのは毎日のことですから、適量を把握するのは、愛猫の健康を守るためにはとても重要です。

我が家にも1匹、とても太りやすい子がいますので、餌の量には気をつけています。是非、愛猫の餌の適正量を、確かめてあげてくださいね!

人気のキーワード