海賊のようなパッチ(眼帯)をつけた子猫、その理由は…

海賊のようなパッチ(眼帯)をつけた子猫、その理由は…

人里離れた場所に左目に致命的な感染症を患った生後2週間の子猫が捨てられていました。その後、子猫は片目を失うことになります。そして…

1245view

病気で捨てられた子猫

目に酷い感染症

生後わずか2週間の黒猫の”スカー”は、左目にとても深刻な感染症をもっていました。

救いの手

海洋生物学者のサバンナさんは、人里離れた地域で捨てられていた子猫の”スカー”を発見、保護し、左目の摘出手術を受けさせました。

それはとても小さな体が命をかけた大手術となりました。そして、手術は成功しました。

スカーは術後の目を保護するために、小さな皮の眼帯をしています。
それがスカー(Scar=傷跡という意味)という名前の由来です。

この眼帯は、サバンナさんの手作りです。目を保護する同時に、手術後、傷をひっかこうとしたスカーのためにサバンナさんがこれを考案したのです。

インスタグラム

スカーはインスタグラムのアカントをもっています。

スカーのインスタグラム

What is your favorite treat? I need treat recommendations pronto! Every treat mom tries to give me I want nothing to do with it...

Scarさん(@cat_with_the_eyepatch)がシェアした投稿 -

冒険

元気に成長したスカーは、新しいママとなったサバンナさんと一緒に、海や山に一緒に行き、様々な冒険を楽しんでいます。

Going freediving with my mama! Hopefully we see some sharks I love adventures! • • • PC: @jarrettjseiler

Scarさん(@cat_with_the_eyepatch)がシェアした投稿 -

成長

スカーは現在、生後9週間となっています。(2017年10月時点)

Channeling my inner cheetah on this mornings run on the beach PC: @jarrettjseiler

Scarさん(@cat_with_the_eyepatch)がシェアした投稿 -

スカーの成長は、目覚ましいものがあります。
スカーはわずか生後9週間で普通の子猫のおよそ2倍の大きさまで成長しています。

スカーは、メインクーンまたはボブキャットの血が半分入っているのかもしれないと、サバンナさんはインスタに書いています。

インスタグラムは2017年9月20日に始められたばかりなので、現時点での写真や動画の投稿はまだわずかなのですが、既にスカーのフォロワーは約3,600人もいます。

「眼帯が似合ってかっこいいね!」

「なんて可愛いのでしょう!」

「彼がとても幸せに暮らしている様子を見ることが好きです。」

「彼の成長を見るのが楽しみとなっています。」

などなど、たくさんのファンからのコメントが入っています。

マスメディアも紹介

スカーのことはメディアも注目しています。

LIFE WITH CATS

KSPテレビ

最後に

Stalking a seagull... • • • PC: @jarrettjseiler

Scarさん(@cat_with_the_eyepatch)がシェアした投稿 -

『捨てる鬼あれば、拾う神あり。』

病気になったからと捨てる人は鬼。

助けを求めている命に対して救いの手を差し伸べられる人は神。

筆者はいつもそう区別しています。

あなたはどっちのタイプの人間ですか?

人気のキーワード