猫のひげ袋の役割りについて

猫のひげ袋の役割りについて

猫の顔のひげが生えている「ω」の形になっている「ひげ袋」と呼ばれるこの膨らんだ部分、笑っているように見えるし猫のチャームポイントとして猫好きの間では親しまれています。私も猫のひげ袋は大好きです。でもなんで猫の口元ってこんな形なの?そもそもひげはなんであるの?と、いうわけで今回は「猫のひげ袋」についてご紹介します。

1102view

猫のひげ袋の役割り

ひげ袋アップ

猫の口元の可愛い膨らみ「ひげ袋」はただ可愛いから付いている訳ではもちろんありません。ひげ袋の大切な役割はズバリ「大切なひげを支えること」です。

「わざわざひげを支える所って、所詮ひげごときに大袈裟な・・・」

そんなことを思ってしまったかた、猫にとってひげは大変重要な器官なのです。

  • 身体の平衡感覚を保つ
  • 自分が通れる幅か確認する
  • 暗闇でも空気の流れをひげで感じとり歩く
  • 目を守る役目を果たしている
  • 感情の表現

ざっとあげただけでもこれだけの役割を果たしています。そして驚くのは猫ちゃんに生えているひげはひげ袋から生えているだけではないということ。

目の上 →上毛(じょうもう)
頬骨辺り→頬骨毛(きょうこつもう)
鼻の横 →上唇毛(じょうじんもう)
顎 →頭下毛(とうかもう)

これだけの箇所に生えているひげの総本数は、なんと50~60本。ちゃんと注意深く見てみると意外なところからひげが生えているので一度ご自身の愛猫を観察してみて下さい。その50~60本生えている中でひげ袋から生えているひげは片ひげ袋から12本、左右合わせて24本のひげが生えています。全身のひげの半数以上がひげ袋から生えているのです。それだけでもひげ袋がいかに重要かお分かりいただけるかと思います。

猫のひげは身体の被毛よりも太さが2倍も太く、3倍も深いところから生えています。そのため大変深いところからひげが生えているので、必然的に神経から近いところから生えていることになり大変敏感です。その為、ひげを切るのはもっての他です。絶対にやめましょう!

またひげ袋を触られると嫌がる猫ちゃんが多いのは、敏感なひげを支えているひげ袋も敏感だからです。だから嫌がるようなら無理矢理触ったりしないようにしてあげてくださいね。

猫のひげ袋の構造

猫のアップ

ひげは神経に近い深いところから生えていることは説明しましたが、実際の構造はどうなっているのでしょう?

猫のひげ袋の構造は1本のひげに対して1つづつ液体が入った袋に浮いているような構造になっています。このひげ袋には数多くの神経が集中しています。またこのひげ袋の中にはたくさんの血液が流れており、興奮すると猫のひげ袋が赤くなるのはその為だと言われています。

猫のひげ袋の正式名称は「ウィスカーパッド」

猫の口元にあるこのひげが生えている「ω」の部分、正式名称を「ウィスカーパッド(Whisker Pad)」といいます。ウィスカーとは日本語で「ほおひげ」という意味で和訳すると「ほおひげの生えている部分」ということになります。ちなみに頬とウィスカーパッドの間にある窪みを「ウィスカーブレイク」というそうです。と、言っても日常生活で「ウィスカーパッド」「ウィスカーブレイク」という言葉を使う機会はあまりないと思うので、雑学として猫友達に自慢しましょう。

ひげ袋は「ウィスカーパッド」以外にも「鼻タブ」「ふぐふぐ」と呼ばれています。鼻タブ、ふぐふぐ、というワードで検索をすると猫ちゃんたちの癒しのひげ袋がたくさん出てきますので疲れて癒しを求めているかたは是非見てください。

猫のひげ袋は個性がでる箇所

猫のひげ袋のドアップ

ひげ袋は同じ猫種、同じ兄弟だとしても柄や形が違います。キャットショーではその猫種の理想のひげ袋の形(マズルの形)、ひげ袋周辺の色というのも審査項目に含まれています。

雑種の猫にしても同じキジトラでも口元だけ白かったり口元も全部キジ柄だったりと様々ですよね。このように同じような顔に見える猫でもちゃんとひげ袋の柄や色で個性がありますので、似た猫がいて見分けがつかない!なんて困った時はひげ袋を見て特徴を探してみるのもいいかも知れませんね。

まとめ

目をつぶる猫

今回は猫好きのあいだでもとても人気のある「ω」の部分、ひげ袋(ウィスカーパッド)についてご紹介しました。ちなみに我が家の猫は、ひげ袋を優しく撫でてあげると意外に喜んでいます。でも強く押すとすごい怒ります。力の加減が難しいです。ひげ袋を触られるのを嫌がるかそうでないかは猫によるようですね。皆様も愛猫のひげ袋をじっくり観察して癒されて見てはいかがでしょう?猫を飼っていない方は是非ネットで画像を検索するなり、近所の野良猫に見せてもらったりしてください。

人気のキーワード