猫アレルギーで咳が出る原因と効果的な対策

猫アレルギーで咳が出る原因と効果的な対策

猫がいると咳が出始める…いわゆる「猫アレルギー」ですね。猫アレルギーによって咳が出る原因は、猫が持っているある物質が関係しています。出来るだけ猫には近付かないようにすれば咳も出ないでしょうが、既に猫と暮らしている場合は、どうしたら良いのでしょうか?猫アレルギーによる咳が出た時の対策についても、まとめてみました。

417view

猫アレルギーで咳が出る時

ベロを出すバーマン

猫アレルギーで咳が出てしまう原因には、猫が持つアレルゲンが関係しています。アレルゲンが人の体内に侵入すると、体はそれと戦おうとして、ヒスタミンという化学物質を分泌します。ヒスタミンは咳やくしゃみ、鼻水などを引き起こします。ですから、猫アレルギーによって咳が出る、という訳です。

猫アレルギーによって出た咳に対しての対策としては、室内環境を整えたり症状を抑える薬を飲んだり、また、腸内環境を整えることで症状が軽減される、という話もあります。次項からは、猫アレルギーによって咳が出る原因と対策を、詳しく解説します。

猫アレルギーで咳が出る原因

くしゃみをする猫

猫アレルギーによって咳が出るのは、猫の持つアレルゲンが関係している、と前述しましたが、そのアレルゲンにはどのようなものがあるか、見ていきましょう。現在、猫アレルギーの原因となるアレルゲンは8種類が確認されていますが、そのうちの代表的な2つをご紹介します。

Feld1

Feld1は、猫の脂腺から分泌される糖タンパク、セクレトグロビンから構成されているアレルゲンです。猫アレルギーを持つ人の約9割が、このアレルゲンに反応を起すそうです。特に、猫の顔や首周辺からの分泌が多いと言われています。

サイベリアンやオリエンタルショートヘア、バリニーズ、コーニッシュレックス、スフィンクス、デボンレックスなどはこのFeld1の値が低く、猫アレルギーが出にくいと言われることもありますが、これらの猫種の全ての猫が当てはまる訳ではない、ということに注意が必要です。Feld1の値が低いというのはあくまでも平均値であって、中にはこれらの猫種であっても平均よりも高い値を示す猫もいるからです。

Feld4

Feld4は、リポカインという物質から構成されているアレルゲンです。猫の唾液に含まれているので、毛づくろいの際に被毛やフケに付着し、空気中にFeld4が飛び散ります。猫アレルギーの人のうち、約6割がこのアレルゲンに反応するそうです。

猫アレルギーで咳が出る時の効果的な対策

お掃除する猫

猫アレルギーの原因であるアレルゲンは、花粉はほこりの10分の1程度の大きさしかなく、非常に小さな物質です。ですから、飛び散りやすいという特徴があります。猫を飼っていない家でもアレルゲンが検出される事がありますし、なんと猫がいないはずの南極で発見された事も。ということは、どこでも猫アレルギーによる咳が出る可能性がある、と言えます。そこで、咳が出てしまった時の対策をご紹介しましょう。

掃除を徹底する

家で猫アレルギーによる咳が出た時は、とにかく掃除を徹底しましょう。着ている洋服を着替えるのも大切です。アレルゲンは家中の至る所に付着していますので、マスクとメガネをして家中を掃除します。特に、クッションやマットレス、ぬいぐるみ、カーテンやカーペット、布団などはアレルゲンが溜まりやすい場所です。そして、壁もしっかりと掃除しましょう。濡らした雑巾で拭いた後に、乾拭きをするのが理想です。掃除後は空気清浄機を使って、部屋の空気を浄化するのもオススメです。

可能であれば猫専用の場所を作り、人が暮らす場所と隔離すると咳が出にくいでしょう。猫がストレスを溜めないよう、適度な広さを確保する必要があります。

愛猫をキレイにする

愛猫をブラッシングしたりシャンプーしたりして、抜け毛と共にアレルゲンを取り除くのも有効です。また、床に落ちた抜け毛や、洋服に付いた毛をマメに取り除くこともオススメです。なるべく猫の毛が部屋の中にないように気をつけると、咳を軽減できるでしょう。

薬を飲む

市販されているアレルギー薬を服用する、という方法もあります。有効な薬としては、以下の4種類があります。

  • エリアス(個人輸入で購入可)
  • アレグラFX(久光製薬)
  • アレジオン10(エスエス製薬)
  • ストナリニZ(佐藤製薬)

いずれもアレルギーの症状を緩和する効果がある薬ですが、副作用が起きることもありますので、購入の際は薬剤師に相談するなどして、慎重に服用するようにしてください。

病院を受診する

たかが猫アレルギー、とたかをくくって放っておくと、症状が重くなり喘息に発展する事や、まれに命に関わる場合もあります。あまりに咳がひどい時には、病院を受診するようにしましょう。

腸内環境を整える

今までご紹介した方法を使って咳が出にくいようにするのも大切ですが、腸内環境を整える事で、アレルギーを軽くしていくことも重要です。乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖などで腸内環境を整えると、咳が和らぐ可能性があります。腸内環境を良くする事はアレルギーだけではなく、お通じやデトックスなどにも有効ですので、前向きに取り組んでいきたいですね!

まとめ

膝に乗る猫

猫アレルギーは、完治は難しいと言われていましたが、最近では研究が進み、もしかしたら近い将来、完治できる可能性もゼロではないようです。猫が好きだけどアレルギーだから飼えない…という方には朗報ですね!なるべく早く、猫アレルギーの治療法が確立して欲しいものです。

人気のキーワード