猫のFIPとは 症状・治療方法について

猫のFIPとは 症状・治療方法について

猫の病気の1つに「FIP」という病気があります。若い猫と老猫によく見られる、不治の病で発症をすれば数日~数ヶ月という驚異的なスピードで死に至る恐ろしい病気です。今回は猫ならかかる可能性がある「FIP」の症状と原因をお伝えします。

766view

猫のFIPとは何か

布団で寝る猫
  • 「FIP」とは:猫伝染性腹膜炎という病気
  • 発症すると数日~数ヶ月で死に至る

「FIP」とは「猫伝染性腹膜炎」という名称の恐ろしい病気です。コロナウィルスという多くの猫が保有しているウイルスが突然変異し血管に炎症を起こした結果、様々な疾患を多臓器に起こし最終的に死に追いやる病気です。発症すると数日~数ヶ月という短期間で死に至る恐ろしい病気です。

猫のFIP 症状

お腹が大きい猫

FIPには「ドライタイプ」と「ウェットタイプ」の2種類が存在し、症状がそれぞれ少し違います。初期症状は共通していて、発熱や食欲減退、痩せてくるなどの症状があります。

ウェットタイプ

  • 特徴:お腹が異様に膨れる
  • 脱水
  • 貧血
  • 黄疸
  • 嘔吐、下痢、便秘

腹水や胸水が溜まるのが特徴です。お腹が異様に膨れていることで気づく飼い主様も多く、私の愛猫も「FIP」にかかったた時はこの「ウェットタイプ」でした。

猫ちゃんによっては脱水や貧血がみられ、黄疸、嘔吐、下痢、便秘を繰り返すこともあります。

身体に対してお腹が大きくなり、風邪のような症状がでて体調も悪そうだったので病院に連れていったところ「FIP」と診断されました。私の愛猫はそれまではあまり症状は見られませんでした。

ドライタイプ

  • 神経障害、歩行障害、腎臓や肝臓の障害、視覚障害など
  • てんかんや性格の変化、異常行動
  • 腹水や胸水は溜まらない

神経障害、歩行障害、腎臓や肝臓の障害、視覚障害などが見られ、てんかんや性格の変化、異常行動を経て死に至ります。

ウェットタイプより症例は少ないですが、そのぶんドライタイプのほうが予後は悪いと言われています。

また、ウェットタイプと違い腹水や胸水が溜まることはありません。その為、こちらをドライタイプというのです。

猫のFIPの治療方法

病院で診察をうける猫
  • 猫のFIPに効く特効薬はない
  • ステロイド剤、インターフェロンなど

痛みや苦しみを和らげる対処療法

残念ながらFIPに効く特効薬は開発されておらず、症状に合わせて、痛みや苦しみを和らげる対処療法が主な治療となります。

ステロイド剤や抗生物質を用いた治療や、インターフェロン(免疫抑制剤)を用いた治療が行われますが残念ながらFIPはまだ解明されていない部分が多く、治療は大変難しいです。神経障害や衰弱が見られる場合はさらに悪いでしょう。

FIPは初めの治療が延命のカギ

治療して一時的に症状が軽快しても、再発して亡くなるケースが多いので、初めの治療から症状が緩和された期間をいかに長くするかということがポイントになります。

FIPは再発するとステロイド剤が効かない

しかし、再発は必ず訪れるので幸運にも1~2年存命した猫ちゃんもいますがほとんどの場合は数ヶ月で再発し、さらに再発時はステロイド剤が効きません。

1歳以下で発症した場合は同じ治療を用いても3ヶ月以内に亡くなることがほとんどです。

猫のFIPの原因はストレス

ひきつった顔の猫

率直にいうと原因はわかっていません。コロナウィルスを持っている猫は多いですが、突然変異をし「FIP」となる猫は全体の5%前後といいます。発症する猫としない猫、その違いはわかっておらずまだ研究段階です。

FIPと猫の多頭飼いの関係

ただ一部の研究報告によると、多頭飼いの家庭での発症率が高いことが報告されています。その為、以前はウィルスが伝染するために発症すると考えられ「猫伝染性腹膜炎」と名付けられていました。

多頭飼いによるストレスが原因の可能性

ですが、最近の報告だとウイルスの感染が原因ではなく多頭飼いによりストレスがたまったことにより発症するのではと言われています。

実際に統計を取ると、2頭目を飼い初めてから数ヶ月後に先住猫が「FIP」を発症したという報告が多くあがりました。

これは2頭目がウイルスを持ち込んだのではなく、2頭目を飼い初めたことにより先住猫がストレスを感じたからということです。

猫の「FIP」の予防

暖炉の前で寝る猫

残念ながらFIPのこれといった予防方法はありません。発症原因も特定されておらず、特効薬もワクチンもありませんので完全に予防するのは不可能です。

しかし、今現在はストレスが原因ではないかと言われていますので、愛猫にストレスをかけさせない生活を心懸けるようにしてください。

まとめ

撫でられる白猫
  • FIPは猫伝染性腹膜炎という致死率100%の病気
  • 症状:腹水・胸水が溜まる症状などのウェットタイプ
  • 症状:てんかんの様な症状などのドライタイプ
  • 症状が治まっても再発する
  • FIPが発症する理由は不明
  • 治療方法はない
  • 予防する方法は「ストレスを減らす事」

生きている者はいつかは死に至ります。

特に「FIP」は致死率100%で治ることはありません。ストレスが原因とは言われていますがそれすらも真偽は定かではないのが現状です。

私の愛猫は「FIP」と診断された次の日に亡くなりました。

もっと早く異変に気付けてあげられなかったのか?ストレスを溜めさせる生活をさせていたのか?果たして愛猫は私の元に来て幸せだったのか?と、後悔が後を絶たず今も時々思い出しては悲しい気持ちになります。

後悔の無いように皆様は大切な愛猫と限られた猫生を幸せに暮らして下さい。

人気のキーワード