マヌルネコと会える動物園まとめ!特徴から可愛い動画まで

マヌルネコと会える動物園まとめ!特徴から可愛い動画まで

マヌルネコという動物をご存知でしょうか。名前の通り、見た目も仕草も猫そっくりだというマヌルネコは、一体どんな動物なのでしょう。実際に、猫そっくりの愛らしい姿に魅了される人も多く、わざわざマヌルネコを見るために遠方の動物園へ足を伸ばすファンも多いのだとか…。そこでマヌルネコの生態や、日本でマヌルネコに会える動物園についてまとめました♪

347view

マヌルネコがいる動物園

モコモコとしてずんぐりむっくりの体が特徴のマヌルネコ。マヌルとは、モンゴル語で「小さいヤマネコ」という意味を持ちます。現在、マヌルネコを飼育している動物園は以下の5ヵ所です。(2017年11月現在)

  • 神戸市立王子動物園(兵庫県神戸市)

 ペッキー(♀)

  • 東山動植物園(愛知県名古屋市)

 ハニー(♀)

  • 埼玉県こども動物自然公園(埼玉県東松山市)

 レフ(♂)
 グルーシャ・ロータス・オリーヴァ・イーリス・プリームラ 
上記は、2017年4月20日にロシアの動物園からお婿さんにきたレフと、シャルの間に生まれた、5頭のちびマヌル達のお名前です。これらの名前は、それぞれロシア語で花の名前を表しており、梨、蓮、オリーブ、あやめ、桜草という意味が込められているそうです。5頭の子宝を残してくれた母マヌルのシャルは、2017年7月にわずか3歳にして虹の橋を渡りました。

  • 上野動物園(東京都台東区)

 ナイマ(♂)・ユス(♀)・ドロー(♂)
 

  • 那須どうぶつ王国(栃木県那須郡)

 ポリー(♀)・ボル(♂)

現在、日本でマヌルネコに会える動物園は、5園しかありません。是非、マヌルネコに会いに行ってみて下さいね♪

マヌルネコの特徴

それでは、改めてマヌルネコとはどんな動物なのかをご紹介します。マヌルネコは、食肉目ネコ科の動物で、別名モウコヤマネコ。高地に生息する事が多い為、その体は長い毛が密集しており、ずんぐりと大きく見えます。大きさは、体長50cm-65cm、体重2.5-5.0kgと、一般的な猫よりも少し大きいくらいでしょうか。野生のマヌルネコはリス等の小さなげっ歯類や、鳥を捕食して生活しています。夜行性である事や、顔を洗う等の仕草も猫そっくりなのですが、猫とマヌルネコで大きく違うところと言えば、マヌルネコは瞳孔が縦長にならず、明るいところでも丸いままである事くらいでしょうか。

また、マヌルネコは雑菌の少ない高地に生息していた事から、免疫力が非常に低く、平均寿命は10年程とされています。準絶滅危惧種にも分類されており、飼育も非常に難しく、繁殖に関しては近親交配を避ける為に、世界各地の動物園が連携し、人工繁殖にも力を入れています。

実際に、ロシアからお迎えしたマヌルネコとの繁殖が成功し、5頭のちびマヌルが誕生していますし、同年に日本からアメリカへお嫁、お婿へいったマヌルネコ達も、それぞれ5頭ずつの子宝に恵まれています。また、2016年にはシベリア山間部に、野生のマヌルネコ保護地域も誕生しており、まだまだ謎の多いマヌルネコについて、研究も進められるようです。

動物園にいるマヌルネコ

それでは、動物園でのマヌルネコ達の様子をご紹介します♪

こちらは、神戸市立王子動物園で撮影されている事から、ペッキーちゃんでしょうか♪日向ぼっこする様子は、猫そのものですね!

こちらは、上野動物園で暮らすユスちゃんの様子を捉えています!ソワソワしながら、ご飯を待つ様子はとっても可愛いですね♪

5頭の子宝を残してくれた、埼玉県こども動物自然公園のレフとシャルの様子です。

そして生まれたちびマヌル達、じゃれる姿はまさに子猫のよう!

マヌルネコの赤ちゃんたち 埼玉県こども自然動物公園 Felis manul

他にも、たくさんマヌルネコの動画がアップされていますので、是非チェックしてみてくださいね♪

まとめ

マヌルネコがいる動物園は、自宅の近くにありましたか?近ければもちろん、遠くてもマヌルネコへ会いに足を伸ばしてみる価値はありそうですね♪私は、以前動物園でマヌルネコを見かけた事があったのですが、今回マヌルネコについて調べてみると、改めてもう一度会いたくなってしまいました。マヌルネコの赤ちゃんに会える埼玉県こども動物自然公園にも、是非行ってみたいと思います♪

人気のキーワード