猫がハンドクリームを舐めてはいけない理由

猫がハンドクリームを舐めてはいけない理由

空気が乾燥する冬は、ハンドクリームを付ける人が多くなるのではないでしょうか?外出前や家事の後など、ハンドクリームの出番は頻繁にあります。ハンドクリームを付けた後、猫に触ることもあるでしょう。でも、ちょっと待ってください。ハンドクリームが付いた手で猫に触るのは、問題ないのでしょうか?

1586view

ハンドクリームが猫に良くない理由

人の手を舐める猫
  • 猫はハンドクリームに配合されているアロマオイルを分解できないから
  • 保存料、香料、ハイドロゾールなどが有害な場合もある

人が使うハンドクリームは、基本的には安全性が確認されています。ですがそれはあくまでも「人が皮膚に使用する場合」であり、猫が口から摂取する場合の安全性ではありません。

ハンドクリームを付けた後、猫に触るのは、なるべく避けた方が良いでしょう。人の手についてクリームが猫の被毛に付き、そのクリームを毛づくろいで猫が舐めとってしまうからです。

ハンドクリームにアロマオイルが配合されているものは避ける

特に、アロマオイルが使われているハンドクリームは、猫にとって毒となってしまう事があります。猫はアロマオイルを分解できないので、体に悪い影響を与える事が分かっています。

もちろん、一部猫にも使用できるアロマオイルもあるにはありますが、よほどアロマオイルに精通していなければ、全てのアロマオイルが入っているハンドクリームは使わない方が無難です。

その他にも、保存料、香料、ハイドロゾール(精油を作る際にできる水)などが含まれています。

いずれも、猫が口にする事に対しての安全が確認されている訳ではありませんので、なるべく口に入れさせないようにする方が安心です。

ハンドクリームを好んで舐めてしまう猫もいる

猫はハンドクリームの油分や香りがお好みのようで、中にはハンドクリームのチューブを噛んでしまう子もいます。飼い主さんがハンドクリームを塗ると、わざわざ舐めにくる子もいるようです。

愛猫に万が一の事がないよう、ハンドクリームは猫の手の届かない場所に置き、付けた後は触らないように注意しましょう。

猫が舐めても安全なハンドクリーム

オリーブオイルと猫

愛猫の為にハンドクリームは塗らずに過ごしている、という飼い主さんもいますが、乾燥する冬はハンドクリームなしじゃいられない、という方はどうしたら良いのでしょうか。猫を飼っている方の多くは、ワセリンやオリーブオイルで手の保湿をしているようです。

ワセリン

  • 猫の口に入っても無害
  • 動物病院で処方される事もある
  • 値段も安い、手に入れやすい

ワセリンは安全性が高く、皮膚や粘膜をそのまま通過するため、口に入っても無害です。便秘の猫や毛球症予防の為に処方される事もあります。もちろん人に対しても安全な上、お値段がかなりお手頃です。ドラッグストアやネット通販などで、簡単に手に入ります。

オリーブオイル

  • 猫の口に入っても安全
  • ピュアオイルは避ける

高品質なものは、顔に使う人もいる程のオリーブオイル。猫の口に入っても安全です。余談ですが、オリーブオイルをハンドクリームとして使う場合、ピュアオイルは避け、なるべく酸度の低いものを選ぶと良いようです。

そして塗った後の余分な油分は拭き取るようにします。余分な油分をそのままにしておくと酸化し、お肌を傷つけてしまうからです。成分的には猫にとって安心ですが、使い勝手はあまり良くないかもしれません。

猫が舐めても大丈夫なハンドクリーム

100%食品由来成分や天然成分で作られているハンドクリームで、猫が舐めても大丈夫と謳っている商品があります。

とは言え、積極的に猫に舐めさせるのは避けた方が良いでしょうが、このようなハンドクリームであれば安心して使うことができます。飼い主さんにも優しい成分なので、敏感肌の方も使えます。

まとめ

人の手と猫
  • ハンドクリームを塗ったあと猫を触る事は避けるべき
  • ハンドクリームにアロマオイルが配合されている物は危険
  • 保存料や香料などが猫にとって有害な場合がある
  • ハンドクリームとして代用すると良い物:ワセリン、オリーブオイル

冬はハンドクリームを手放せない!!という方は特に、愛猫への影響が気になりますよね。

ハンドクリームには猫にとって有害な成分が含まれていることがあります。少量ではあまり影響がないかもしれませんが、ちりも積もれば山となる、です。

確かにハンドクリームなどを塗った後はニオイが気になるのか、鼻を近づけてペロペロしてくる事が多いように思います。

毎日のように猫がハンドクリームを舐めていたら、良くない影響が出る可能性があります。ハンドクリームを塗った後は、なるべく猫に触らないようにした方が安全です。

愛猫の安全を守る為、充分に気をつけていきたいですね!

スポンサーリンク

人気のキーワード