猫がふみふみする理由

猫がふみふみする理由

猫ちゃんの人気の1つに可愛い仕草があげられます。「ふみふみ」「スリスリ」「クネクネ」「ゴロゴロ」など愛らしい姿で愛情表現をしてくれる愛猫にメロメロになっている飼い主が後を経ちません。今回はそんな猫の可愛い仕草の中の「ふみふみ」をピックアップしたいと思います。

787view

猫がふみふみをする理由

毛布と子猫

赤ちゃん返りで甘えている

「ふみふみ」する仕草、これは赤ちゃん返りだと言われています。子猫時代、まだ母猫からミルクをもらうとき母猫のミルクが出やすくなるように子猫は母猫のおっぱいをふみふみしながらミルクを飲みます。

「ふみふみ」される事で、乳腺が刺激され母乳がたくさん出のです。その時の事を思いだし猫は「ふみふみ」をすると言われています。つまり飼い主様に母猫の面影を映し甘えているのです。

睡眠導入儀式

  • リラックスして眠るため

寝る前に「お風呂に入る」「本を読む」「音楽を聴く」など人間でも睡眠に入る前に必ず行う事ってありますよね?

猫も一緒で「ふみふみ」することにより、安心して睡眠をするためのいわば睡眠導入儀式のような役割を果たしている場合があります。

自分のお気に入りの毛布などにふみふみすることによりリラックスして眠ることができるそうです。

精神的なストレス

レアケースとして精神的なストレスが原因でふみふみ行動をする可能性があります。精神不安定な状態をなんとか安定させようとする行動だと言われています。

しかし、これはレアケースで万が一この問題がおきてもストレス原因を排除するだけで、すぐに治まる場合がほとんどです。

お気に入りに対しての主張

お気に入りのぬいぐるみや毛布、他の猫などのペットに「ふみふみ」する行動が見られますが、これは自分のものだと主張しているということが考えられます。

ふみふみすることはいろんな意味があるんですね。

猫がふみふみをしない理由

仰向けで寝る猫

猫ちゃんの中には「ふみふみ」をあまりしない猫ちゃんもいます。しかし、それは決しておかしなことではないのでご安心下さい。

親離れができている

3ヶ月以上母猫と過ごしうまく親離れ出来た場合は、「ふみふみ」行動をする猫ちゃんはあまり見られません。

母猫を思いだし「ふみふみ」をする猫の大半が生後3ヶ月未満、つまり親離れ前に母猫と引き離された猫に見られます。

と、いうのも猫は通常3ヶ月までは母猫や兄妹猫と過ごし協調性を養いながら母猫の愛を一心に受けて育ちます。

しかし、ペットショップの子猫や捨て猫は3ヶ月未満で母猫と離れて育つことがあります。そうすると、うまく親離れ出来ず子猫気分が抜けないまま成猫となり母猫を思いだし「ふみふみ」するのです。

オス猫はあまり「ふみふみ」しない

性別によっても違いがあります。自分が強いと思っているオス猫は基本「ふみふみ」行動をあまりしないと言われています。威厳を重んじる猫は「ふみふみ」などしないということですね。

かと言ってオス猫は絶対にしないわけではなく、我が家のオス猫は毎晩私に「ふみふみ」しにきますし、普段は威厳を重んじているオス猫がお気に入りの毛布に「ふみふみ」している姿を目撃されたりしています。

猫の「ふみふみ」はやめさせるべきか

ピンクの背景と猫
  • 繁殖を考えているオス猫の場合はやめさせるべき
  • イエネコで繁殖も考えていないなら問題ない

答えは「繁殖を考えているオス猫の場合はやめさせるべき」で「イエネコで繁殖も考えていないなら問題ない」です。

繁殖を考えているオス猫はやめさせるべき

ただ「繁殖を考えているオス猫」の場合は話が別です。「ふみふみ」行動が見られるオス猫は、性的に成熟していないことが多く子作りがうまくいかない場合があると言われています。

もし愛猫を繁殖させることをお考えの方は、「ふみふみ」行動を辞めさせるか否か考える必要があります。

猫のふみふみは精神の安定や飼い主への愛情表現

成猫という意味では、人間でいうところの赤ちゃん行動をとる中年という意味では問題かもしれませんが猫にとって「ふみふみ」することが精神の安定や飼い主への愛情表現となっているため無理に辞めさせる必要はありません。思う存分「ふみふみ」させてあげて下さい。

まとめ

笑顔の猫

猫の丸く可愛いあのお手てで「ふみふみ」されたら誰でも幸せな気持ちになりますよね。愛猫からの愛情の証に答えてあげて飼い主様もたくさん撫でてあげてくださいね。

人気のキーワード