ロシアンブルーの適正体重と肥満の悪影響

ロシアンブルーの適正体重と肥満の悪影響

ロシアンブルーは体重が軽くスレンダーな身体をしていますが、性格が穏やかで大人しい為肥満になりやすく体重管理に気を付けないといけない猫種です。適正な体重や体型を維持するにはどうすればいいか?今回はそんなロシアンブルーの体重についてご説明します。

138view

ロシアンブルーの適正な体重

横向きロシアンブルー

ロシアンブルーは大変小柄で軽いスレンダーな猫です。

  • オス 4.3kg
  • メス 3.5kg

猫全体の平均体重から比べると小柄な事がよくわかりますね。また体型事態もスレンダーで筋肉質な体型なので、余計にスリムに見えます。

しかし、ロシアンブルーは「ボイスレスキャット」の異名を持つだけあり、元気に猫じゃらしやおもちゃで遊ぶより飼い主の膝の上でゆっくり過ごしことを好む性格のため、運動をあまりせず結果的に肥満になりやすい猫種とも言えます。

ロシアンブルーの肥満

キャットフードを食べるロシアンブルー

ロシアンブルーは5kgを越えると肥満体型

元々小柄でスレンダーなロシアンブルーは5kgを越えると肥満体型と言われ6kgを越えると、立派な肥満猫と認識されます。一般的な猫の平均体重は4~5kgと言われるのに対し、5kgを越えると肥満だと認識されるのがロシアンブルーの体重管理に当たって注意しなければいけないところです。

肥満の弊害

肥満になると、あらゆる病気の原因となったり身体が重くなることにより足腰に負担がかかってしまったりといいことはありません。特にロシアンブルーの場合、元々スレンダーな為体重が重くなると細い足腰に負担が大きくかかり最悪の場合歩けなくなる可能性もあります。ちゃんと体型にあった適正体重を理解し体重管理をしてあげる必要があります。

体重にあった食事

基本やせ形のロシアンブルーですが、運動量が落ちることにより肥満になることが考えられます。もちろん、同じロシアンブルーでも運動が大好きなロシアンブルーもいますので一概には言えませんが、少し運動量が少ないなと感じたら食事の量で調整をしてあげる必要があります。

キャットフードにはパッケージの裏に、猫の体重にあった食事量の目安が記載されていますのでその目安量より気持ち少な目が適していると言われています。また肥満の原因になりやすい【高たんぱく、高脂質、高カロリー】なものを避けてあげるのも肥満を予防するのに適しています。しかしだからといって食事をあまり与えず痩せすぎるのもよくないので、あくまで適正体重を目安に体重コントロールをしてあげましょう。

運動

前述した通り、ロシアンブルーは飼い主と遊ぶことはもちろん好きですがどちらかというと飼い主様の膝の上でのんびりと過ごすことを好む傾向にあります。その為、運動不足による肥満が起こりやすいと言われています。

ロシアンブルーの体重管理の為にも、飼い主は適度な運動もかねて猫じゃらしなどで遊んであげましょう。またキャットタワーなどを用意してあげるのもいいですね。ただ運動のさせすぎは間接疾患の原因にもなりますので、適度な運動を心がけて下さい。

ロシアンブルーが体重管理不足によって起こる病気

こちらを見ているロシアンブルー
  • 糖尿病
  • 関節疾患
  • 泌尿器系疾患

ロシアンブルーに起こりやすい肥満。肥満や体重管理不足が原因でもたらされる病気の代表的な病気をご紹介します。参考にして頂き、大事な愛猫がかからないように今一度体重管理を見直してみて下さい。

糖尿病

血糖値を下げるインスリンの働きが悪くなることでおこる病気。原因として過剰な食事があげられます。過剰な食事により肥満となり、結果糖尿病となります。

関節疾患

体重が重くなることにより足腰の関節に過剰な負担がかかり関節疾患を引き起こします。「関節リウマチ」「捻挫」「靭帯断裂」「骨折」などがあげられます。

泌尿器系疾患

逆に食事制限のしすぎで栄養不足となると泌尿器系疾患になる可能性が高まります。「血尿」「頻尿」「尿結石」には十分注意をしてください。

この他にも肥満が原因となる「心臓系」「呼吸器系」の病気の他にも「麻酔が効きにくくなる」という弊害も出ることがあります。過剰な食事、過剰な食事制限、どちらも病気の原因となりますので愛猫をよく観察し健康的な身体を維持できるようにしてあげましょう。

まとめ

おもちゃで遊ぶロシアンブルー

ロシアンブルーの体重についてご紹介しました。ロシアンブルーはファンも多く愛猫家がこぞって飼いたがる人気の猫種ですが、あまりにも可愛がりすぎてついつい食事を与えすぎて肥満猫にさせてしまう人も多いです。ロシアンブルーを飼う場合には体重管理をしっかり行い、健康維持に努めてあげるようにしてください。

人気のキーワード