愛猫家の正しい読み方とは

愛猫家の正しい読み方とは

「愛猫家」と言うと何を思い浮かべますか?その字の通り「猫を愛する人」というのは間違えなさそうですが、「愛猫家」を何と読むのか、ご存知ですか?実は今、「愛猫家」を何と読むかで様々な意見が出されているようなのです。「愛猫家」の正しい読み方はもちろん、その他の読み方もお伝えします!!

473view

「愛猫家」の正しい読み方

眠る子猫
  • 愛猫家=あいびょうか

あいびょうか

「愛猫家」の読み方は、正しくは「あいびょうか」と読みます。「猫」は訓読みでは「ねこ」ですが、音読みでは「びょう」となります。

余談ですが、猫の品種を表す「猫種」も、「ねこしゅ」ではなく「びょうしゅ」と読みます。ただ、「あいびょうか」と読むと猫との関連を感じづらい人が多いようで、他の読み方の方が良いのでは?という話も出ています。

あいねこか

「愛猫家」を「あいねこか」と読む方は、多いのではないでしょうか?雑誌などのアンケートでも「あいねこか」と読むと思っている人は多く、逆に「あいびょうか」と読むと知らなかった人もいます。「ねこ」という音が入っているので、猫との関連は想像しやすい読み方ですね。

めねこか、めぬこか

「愛」は「めでる」とも読める為、「めねこか」と読む人も。ネット上で猫を「ぬこ」と呼ぶ場合があるので、「めぬこか」はどうか、という話があります。確かに今っぽい読み方ではありますね。

まなねこ

「愛娘(まなむすめ)」と読む事から、「まなねこか」と読む人もいます。「まな」と言う読み方は、本来は女性に対して使われていた言葉なので、メスばかりではない猫に対して「まなねこか」とするのは間違った使い方かもしれませんが、「あいびょうか」よりは猫感が伝わってくるので良い!という意見もあります。

その他

その他の意見として、「らぶねこか」や「あいにゃんこか」なんていう読み方もあります。自由な発想で楽しいですね!言葉は時代と共に変化していくものなので、このような読み方が受け入れられる日も、そう遠くないのかもしれません!

「愛猫家」を「あいびょうか」と読むのも根強い人気

庭で伏せる猫

「愛猫家」を「あいびょうか」と読むのは何だかピンとこない、可愛くない、何となく病気っぽい、呼びにくいなど、散々な評判の「あいびょうか」ですが一方で、根強い人気があるのも確かなようです。

あるアンケートでは、「愛猫家」を「あいびょうか」と読む事に対して、「正しい読み方だからこれが良い」と主張する方も少なくありません。他にも「文学的で良い」「濁音の具合が好き」という方もいて、「あいびょうか」と読む事に、一定のファン(?)がいる事が分かりました。

その他の意見としては、「あいびょうと読まないと、読み方を知らないと思われそうで恥ずかしい」というものもありました。「愛猫家」を「あいびょうか」と読むか他の読み方が良いと思うかは、その人個人の性格や考え方が、色濃く反映されているようです。

愛猫家の意味

本の上で眠る猫
  • 猫好きの人の事

「愛猫家」とは、猫好きの人の事です。猫を飼っていてもいなくても、猫が大好きであれば「愛猫家」です。猫好きな人は割と自ら「猫が好き!」と公言する方が多いので、すぐに愛猫家だという事が分かるかもしれません。

元々は愛猫家ではなかったけれど、飼ってみたら愛猫家になった、という方も多いですよね。猫は好きじゃなかったけれど、家族が飼い始めたら自分の方が猫好きになってしまった、なんて方も。

まとめ

緑の中の猫

「愛猫家」を「あいびょうか」と読むのは、実は筆者も知りませんでした。私は「あいねこか」だと思っておりましたので、ここで筆者の無知が白日の元にさらされてしまった訳です(笑)。雑誌などで「愛猫家」の文字は良く目にしますが、実際に日常的な生活の中で、「あいびょうか」と聞くことは少ないように感じます。あなたはどう、思いますか?

スポンサーリンク

人気のキーワード