猫の目やにが黒い原因・考えられる病気

猫の目やにが黒い原因・考えられる病気

猫のまん丸で透き通った目は、素敵ですね。でも、良く見ると目の周りに目やにが付いている事があります。せっかくの素敵な顔も台無しですが、猫の目やにが黒いと、ビックリしませんか?何か異常があるのかと思ってしまいます。この記事では、猫の目やにが黒い時について、原因や考えられる病気、目やにの取り方をお伝えしていきます。

369view

猫の目やにが黒い原因とは

猫 顔のアップ
  • 涙にゴミなどが混ざって固り目やにが黒くなる
  • 問題は無い

猫の目やにが黒いのは、涙にゴミなどが混ざって固まった為で、特に異常という訳ではありません。正常でも目やにはある程度出るもので、色は黒や茶色、褐色をしています。

量が多い・涙が出続ける場合は病気を疑う

もし人の目やにが黒かったら病気を疑ってしまいますが、猫の場合は正常の範囲です。ただ、あまりに量が多かったり、涙が出続けたりしている場合には、何かしらの異常がある可能性がありますので、受診をオススメします。

注意したい目やにの状態

  • 黄色
  • 緑色

愛猫の目やにがもし人間のように、白や黄色い場合は注意が必要です。細菌感染や感染症にかかっている事が考えられます。緑色の目やにも、注意しましょう。

猫の目やにが黒い時に考えられる病気

顔を隠す猫

猫の目やにが黒いのは異常ではない場合が多いですが、あまりに量が多い時には病気の可能性があります。どんな病気が考えられるのでしょうか?

結膜炎や猫風邪

結膜炎や猫風邪になると、白や黄色、緑色のネバネバした目やにが出ますが、これが乾燥して固まると、黒くなる場合があります。

黒いから正常かと思っていたら実は病気だった、という可能性もゼロではありません。ただ、これらの病気で目やにが黒い場合、取ってもすぐに目やにが出てきます。

通常の黒い目やには一度取ればしばらくは出ませんが、次々に目やにが出てくる、という場合には早めに受診しましょう。

アレルギー

アレルギーによって大量の目やにや涙やけが起きることがあります。取っても目やにが出てくる時や涙が出続けている時には、アレルギーを疑いましょう。

くしゃみを併発することもあります。アレルギーはその原因となっている物質を特定する事が大切です。かかりつけの獣医師と相談しながらアレルゲンを突き止め、愛猫のアレルギー症状を和らげてあげましょう。

流涙症

通常、涙と一緒に排泄された目やには、涙小管を通って鼻の方に流れていきます。この涙小管が詰まると涙が排泄されず、涙が目やにが大量に出ることがあります。

ペルシャやヒマラヤンなど、いわゆる「鼻ペチャ」猫に多く、愛猫がこれらの猫種の場合は特に気をつけなければいけません。溜まっている涙や目やにはこまめに拭き、雑菌の繁殖を防いであげましょう。もちろん、受診も必要です。

猫の黒い目やにを取る方法

風呂タブと猫

猫の目やには自然に取れたり、猫が顔を洗って取れたりする事も多いですが、こびりついたままの時もあります。そのような場合は、飼い主さんがキレイにしてあげましょう。

湿らせたコットンやガーゼで優しく取り除きます。

ウェットテッシュを使う場合はペット用や赤ちゃん用の、アルコールが入っていないものにしましょう。ティッシュは繊維が荒い為、猫の皮膚や粘膜を傷つけてしまう可能性がありますので、オススメしません。

目の付近を触られるのを気にしない猫もいますが、嫌がる猫もいます。

なるべく素早く目やにを取り除いてあげましょう。猫の顔周りを撫でつつ、その一貫で取り除くという方法もあります。

猫に目やにを取り除いていると悟られないよう、額の辺りをナデナデし、猫が目を閉じた時にさりげなく取ると、スムーズに出来るかもしれません。

まとめ

見上げる猫

猫の目やにが黒い時について、お分かり頂けたでしょうか?猫の目やには黒や茶色などの色をしている事を知らなければ、ビックリしてしまいますよね。

言葉を話さない猫ですから、猫の様子で異常をキャッチしなければ、病気に気がつかない可能性もあります。普段から目やにを含めた様々な体の部位で、異常の早期発見を心がけたいものです。

スポンサーリンク

人気のキーワード