猫の6歳とはどのような時期なのか

猫の6歳とはどのような時期なのか

愛猫が6歳になると、段々と老猫に近付いてきます。個体差があるので、6歳でも全く変わらない猫もいれば、外見などが衰えてくる猫もいます。愛猫が6歳になった時、飼い主として何をすれば良いのでしょうか?注意点と合わせて、お伝えしていきます。

774view

猫の6歳とは

窓と猫
  • 人間で言うと40歳
  • 野良猫の場合平均寿命
  • シニア期を迎える準備の年

猫の6歳は、シニア期と呼ばれる7歳の一歩手前の段階です。人間で言うとちょうど40歳に換算されます。野良猫の場合、平均寿命でもあります。猫にとって6歳は、節目の年と言えるでしょう。シニア期を迎える準備の年、と思っても良いでしょう。

猫が6歳の時のケア方法

食事をする猫

愛猫が6歳になった時には、日頃のケアはどのように行えば良いのでしょうか?

ご飯

ご飯は今まで食べさせていた「成猫用」のご飯で問題ありませんが、6歳が終わりに近づいてきたら、「シニア用」のキャットフードを探しはじめても良いですね。シニアになると新陳代謝が落ち、運動量も減る傾向があるので、今までのご飯を食べさせていると、肥満の原因となる事があります。ですから、これから到来するシニア期の準備として、愛猫が好みそうなご飯を探しておいてあげましょう。

健康診断

6歳までは年1回程度の健康診断を受けさせるのが望ましいですが、7歳からは半年に1回など、頻度を増やすと安心です。

その分費用も掛かってきますので、健康診断についてもかかりつけの獣医師と相談するなどして、検討しておくと良いでしょう。

住環境

猫が年を取ってくると、高い所に登りにくくなったりおもちゃに反応しなくなったりしてきます。

今までは登れた所にジャンプできなくなる事がありますので、6歳のうちからシニア期に向けた住環境を整えてあげると、スムーズに移行できますね。

例えば、愛猫お気に入りの高い所に行く道にステップを付けると、身体機能が衰えた愛猫も、登りやすくなります。

おもちゃに反応しなくなるのは仕方ない面もありますが、肥満防止の為、なるべく体を動かすように誘導すると良いですね。

とは言え、やり過ぎは禁物なので、愛猫の体力に合わせて行ないましょう。シニア猫にとって子猫はストレスの元となりやすいので、愛猫が6歳になってから子猫を迎えるのは避けるか、慎重に検討して行ないましょう。

慢性腎不全

猫が6歳を迎えると、慢性腎不全を発症する確率が高まります。

慢性腎不全になると多飲多尿、つまり水をたくさん飲んで尿を沢山出す、という症状が現れます。やたら頻繁に水を飲み、トイレに行くようになったら、受診しましょう。

腎不全を予防する為には、尿路結石ができないように食事内容に気をつけ、トイレを常にキレイにし(膀胱炎の予防)、感染症の感染を避けるようにします。

免疫力を下げない為、なるべくストレスを与えないようにするのも大切です。慢性腎不全に一度なると、完治することはありませんので、愛猫の健康を守る為には予防が重要となってきます。

6歳で猫を迎えるのは難しいか

家でくつろぐ猫

よく成猫は懐かないのではないか、と心配する方がいますが、そんな事はありません。もちろん個体差はありますが、飼い主さんが愛情を注げば、例え6歳の猫であっても懐くことは充分ありえます。

逆に子猫のようにしつけが必要だったり事故に遭ったりする可能性も低いので、飼いやすいというメリットもあります。性格も安定しているので、付き合いやすいでしょう。

猫は相手の気持ちを感じて察するのが得意な動物です。たとえ始めは警戒していても、飼い主さんの愛情が伝われば必ず心を開いてくれるでしょう。猫を飼うのが初めて、という方にも向いています。

まとめ

女性と猫

猫は人間よりも早く、年を取っていきます。つい最近まで子猫だったのに、あっという間に老猫となるのです。ですから、愛猫の年に合ったケアを行うように心がけましょう。愛猫の健康を保つのは飼い主さんの責任でもあります。なるべく健康で長生きしてくれるよう、気をつけていきたいですね。

人気のキーワード