猫の歴史…日本にやってきた理由とは

猫の歴史…日本にやってきた理由とは

猫の歴史を知ることは、有意義で楽しいものです。愛猫と呼ぶ程、現代のイエネコ達は愛されて生活しています。当たり前の様に人と寄り添っている猫ですが、猫の歴史のはじまりは、どのようなものだったのでしょう。そして人はなぜ、共存する動物として猫を選んだのでしょうか。猫の歴史を知れば、新しい発見があるかもしれません。

531view

猫が日本に伝わった歴史

くつろぐ茶猫
  • 奈良時代の後期
  • ネズミ捕りのため中国から船で渡ってきた

猫がどのように日本に伝わったのでしょうか。それは、日本が奈良時代の後期に中国から船で渡ってきたことがきっかけです。

猫に課せられた使命はもちろんネズミ捕りです。猫はネズミを含めたが害獣を捕り、人の食べるお米や野菜を食べなかった事で、日本でも家畜として重宝され、猫はその地に合った進化をして繁栄してきた事となります。

猫の歴史の新たな発見

発掘調査をしている子ども

長崎県の遺跡でイエネコの骨が発掘される!

先程は猫が日本へ輸入されて、人との共存が始まった事をお伝えしましたが、近年、長崎県のカラカミ遺跡でイエネコの骨が発掘されました。

弥生時代の物だと判明した

この骨は奈良時代ではなく、弥生時代のイエネコの前腕の骨と判明し、猫の歴史が大きく変わるかもしれない大きな発見となったとの事です。

弥生時代のイエネコが人とどう共存し、生活していたかは今後の研究次第ですが、歴史を覆す驚きのニュースに変わりありません。

猫の歴史はじまりは500万年前から

雪の上にいるヤマネコ

500万年前ミアキスから進化した猫

  • プセウダエルルス
  • プロアイルルス

ミアキスから進化した猫は、「プセウダエルルス」または「プロアイルルス」と当時呼ばれており、その歴史はおよそ500万年前からはじまったとされています。

肉食動物全ての祖先ミアキス

ネコ科と言われるライオンやトラ、そして猫に限らず全ての肉食哺乳類のはじまりは、ミアキスと言う動物から進化してきたものと言われています。このミアキスは、イタチの様に手足が短く胴体が長い生き物で、森に住み、小動物を食べて生きていたそうです。

では、猫がどう進化して、人と暮らし繁栄してきたのでしょうか。

猫の歴史 ~ヤマネコからイエネコに~

135445946  草原にいる猫の顔

人が猫を飼い始めたのはエジプトやアフリカから

猫の登場は歴史上およそ500万年前となりますが、人が猫を飼う様になったはじまりの地は、様々な説がある中、エジプトやアフリカが有力とされています。

猫の仕事

当時猫を飼う目的は、ネズミなどの狩りを目的としてですが、それ以外に愛玩動物としても可愛がられており、エジプトでは猫を殺すと死刑になっていた程です。

イエネコの祖先リビアネコ

私たちが現代一般的に猫と認識しているのは、イエネコや、ノラネコではないでしょうか。このイエネコの祖先を辿ると、エジプトやアフリカでも飼われていた猫、ヤマネコに行き着きます。そして、そのヤマネコは現在リビアネコ(アフリカヤマネコ)と呼ばれ、アフリカに生息しています。

まとめ ~猫の歴史を繋ぐ価値~

本を読む猫

人の探求心は繋げば繋がるほど、多くの発見と事実が見つかるものです。はじめは森を駆け、生きるために狩りをして生活していただけのヤマネコですが、人と出会って互いに共存をはじめてから、イエネコの品種は未登録の品種を含め、現在300種類を超えています。

人は歴史を知ることで多くの研究をして、過去を現在に繁栄し、未来へのアイディアとなる情報を繋げていくのだなと、奥深さを感じています。猫の歴史はまだまだ語りきれない程たくさんあり、多くの謎もある事でしょう。

少なからずイエネコと呼ばれるまでの歴史を知る事で、益々猫に愛着を持つことが、できるのではないでしょうか。新しい発見を知ることは、とても有意義で楽しい事です。

人気のキーワード