猫に強制給餌をする方法~正しい知識~

猫に強制給餌をする方法~正しい知識~

強制給餌とは、猫などの動物に指やシリンジなどを使い強制的に餌を食べさせる方法のことです。術後や病中の猫は、食欲の低下や、餌を飲み込めないといった状況に陥ることがあり、時には強制給餌を必要とする場合があります。この記事では、自発的に餌を食べられなくなった猫に行う強制給餌について解説したいと思います。

672view

猫に強制給餌をする方法(下準備)

シリンジを口に入れられる猫

準備する物

  • ドライフード(ウエットフード)
  • お湯
  • 栄養価の高い缶詰(総合栄養食)
  • シリンジ
  • すり鉢またはミキサー
  • おしぼり、タオル

与えるフードをふやかす

いつも与えているドライフード、又はウェットフードを適量のお湯でふやかす。ウェットフードは元々ペースト状ならそのまま使用してください。極端に食欲が落ちている場合は、栄養価が高い猫の御飯(a/b缶など)をお使いください。

フードをペースト状にする

すり鉢、すりこぎにてしっかりペースト状にし、冷ます。冷えすぎても食べないことがほとんどなので、理想は人肌です。もしお薬がある場合はこのとき一緒にすりこぎ、すり鉢にいれると楽に飲ませてあげられます。(ミキサーがあればふやかしたフード、総合栄養食と少量のお湯を入れて作る事も出来ます)

矯正給餌のをする前に猫の爪を切っておく

ちなみに爪は必ず切っておいてください。私は一度、強制給餌をしているときに伸びた爪で深く引っ掛かれ大変なことになりました。大人しい猫ちゃんなら、わざわざ補訂すると逆に怯えてしまうこともありますので自分の愛猫の性格と様子を見て臨機応変に対応してください。

猫を固定する

猫が暴れないように必要なら補訂する。やり方は様々ですが、タオルでグルグル巻きにし足で猫を挟む方法が恐らく一般的でやり易いと思います。※強制給餌をする時は必ず猫がうつ伏せになるような体制で行うようにしましょう。仰向けの体制で給餌を行うと誤嚥をする可能性が高いです。

猫に強制給餌をする2つの方法

口をあけられる猫
  • 指で与える
  • シリンジで与える

これで下準備は完了です。強制給餌のやり方には大まかに分けて二つあります。「指で与える」方法か「シリンジで与える」方法です。それぞれを詳しく解説していきます。

指で与える方法

飲み込む力のある若い猫ちゃんならこの方法でも可能です。シリンジを用意しなくても大丈夫ですし、思い立ったら即できます。ただ指を口の中に入れるので噛まれて怪我をしないように注意してください。

  • 1.ペースト状にした御飯を指にとる
  • 2.猫の口をあける
  • 3.上顎にペーストを塗る
  • 4.噛まれないように気をつける

ペースト状にした御飯を指にとる。猫の口に合わせた量、少なめから始めた方がいいです。

猫ちゃんの口を空いてる方の手を使い開けます。やり方は猫の口の端に日本の指を入れるとすんなり開けてくれます。

開いた瞬間、口の中の上顎にペースト状の御飯を塗り、手を離します。こうすると嫌でも口を閉じたときに食べることになります。これを何回か繰り返して御飯を与えます。

何度も言いますが、猫ちゃんに手を噛まれないように気を付けてください。コツは手早くです。また、奥まで指をいれなくても手前の方に塗るだけで大丈夫です。

前歯の少し奥くらいに塗るくらいで大丈夫です。奥まで指を入れると猫もえずき御飯が進みませんので気を付けてください。続いてシリンジの強制給餌のやり方です。

シリンジで与える方法

  • 1.シリンジにペーストを入れる
  • 2.ペースト入りのシリンジを数本用意する
  • 3.猫の口の脇からシリンジの先端を入れる
  • 4.少量をゆっくり入れる
  • 5.猫の口からこぼれたペーストをおしぼりなどで拭く

御飯を飲み込む力が衰えたり、指で与えても吐き出したりする場合はシリンジで与えることになります。慣れれば一番手っ取り早く一番確実な方法になりますので、覚えておいて損はありません。

用意したシリンジにペースト状にした御飯を入れる。数本シリンジを用意して、一気に入れてしまうのが効率が良く、食べた量も把握できるので便利です。

猫の口の端にシリンジを軽く差し込み口の中の上顎にシリンジの口を向ける。最初はゆっくり、ゆっくり、シリンジを押し御飯を与える。

舌でペチャペチャと舐められるくらいのスピードが与える理想のペースです。最も、シリンジで与えられること事態を嫌がる子が多いので、ゆっくりと無理のないスピードで与えてあげてください。

シリンジで与える場合、お口から餌がダラダラと漏れる場合も多いですからお口を拭ける少し温かいタオル(おしぼり)も用意しておくといいです。シリンジでの強制給餌は初めは嫌がる子がほとんどですから、ふだんから定期的に馴れさせることも一つの手です。

猫の強制給餌とは

スプーンで餌をもらう猫

強制給餌とは文字通り猫ちゃんに強制的に御飯を与えることです。

  • 「無理矢理に御飯をあげるなんて可哀相」
  • 「苦しそうに暴れながら嫌がる愛猫を見ていられない」
  • 「無理矢理あげる必要はあるの?」

そんな声が聞こえてきそうですが、この意見については正直時と場合、また飼い主様本人の考え方によります。

猫に矯正給餌を行う目的

  • 自発的に食事ができない猫にご飯を食べてもらう
  • 栄養価の高いものを食べさせ、免疫ををつけ体力を回復してもらう
  • 最終的に自発的に食べられるようにする

強制給餌は、猫ちゃんに少しでも長生きしてもらうため、少しでも早く元気になってもらうために、手軽に行える給餌方法なのです。

もちろん可能な限り、環境や、餌の種類、匂いや温度などに配慮し、強制給餌を行わず自発的に御飯を食べられるよう努力はするべきだと思います。

愛猫が自発的に食べ始めるまでの短期間に行うには適した方法と言えるでしょう。

人間でも病気のときは栄養のあるもの、カロリーのあるものを食べるようにお医者さんに言われますよね。食べることが難しい方や、苦しくて食べられない方は、流動食や高カロリーの栄養価が高いゼリーなどを出されたりします。

栄養価の高いものを取り、体力をつけることで免疫力も上がり身体も元気になるのです。それは猫ちゃんも同じで、やはり老猫や病気の猫ちゃんも御飯を身体に取り入れることで回復に向かう場合が多いです。

しかし、長期にわたる強制給餌は、猫や飼い主にとって大きなストレスとなり、必ずしも良い結果が得られるとは限りません。

強制給餌のメリット・デメリットをよく理解した上で適切に行う必要があります。では、次に強制給餌のやり方を御紹介します。

猫に強制給餌をしないという考え方

手から餌をもらう猫

どんな猫でも強制給餌をすれば必ず元気になるという訳ではもちろんありません。命とは永遠に続くものではないので、どれだけ手を尽くしても、どうしようもないときがあります。

「たった数日間、数時間長生きしてもらうために、こんなに嫌がり苦しそうにしている愛猫に強制給餌をして果たして意味はあるのか?」
「最後は楽に死なせてあげた方がいいのではないか?」

そんな考えが浮かぶ方もいらっしゃると思います。強制給餌をすることで病気が治る、大幅な延命が可能な場合なら必死に頑張るでしょうがそうでない場合、どちらを選ぶのが正しいのか?

その問題に明確な正解はありませんし、間違いもないです。ただ愛猫のことを思い必死に考えた結果の選択ならそれが愛猫にとっても飼い主にとっても正解だと思います。

どちらを選んでも正解なのです。長く暗い話になりましたが、いつか訪れるかもしれない強制給餌をするときのために、せめてやり方と知識だけは持っておきましょう。

まとめ

猫とシリンジ

いかがでしたか?最初はコツがいりますが慣れると案外簡単です。私は子猫を拾ったときミルクをシリンジであげたり、離乳食もシリンジであげたりしていました。

シリンジであげる方法は他にもお薬をあげるときに、ウェットに混ぜてあげたり、水に溶かしてシリンジであげたりすることが、できますので知っていて損はない方法です。

シリンジはペットショップやホームセンターにも売っていますので、一本常備しておくといいですよ。

人気のキーワード