猫用回し車 おすすめ2選

猫用回し車 おすすめ2選

猫の個性は様々です。ゆっくり穏やかに過ごすのが好きな猫もいれば、ずっと走っていないと気が済まない猫まで。しかし完全室内飼いの猫ちゃんの場合、部屋の広さによっては満足に走り続けられない子も。だからといって広い部屋に引っ越す訳にもいかない。そんなお悩みの方は猫用の回し車を検討してみてはいかが?

1049view

猫用回し車その1「キャットエクササイズホイール」

すごく元気な愛猫、おもいっきり気の済むまで走らせてあげたいけど部屋の中では限度もあるしキャットタワー、キャットウォークで遊ぶのもそろそろ飽きてきたかもしれない。何かいいアイテムはないかな?と、お考えのあなた!猫用の回し車はいかがでしょう?その名も、「Cat Exercise Wheel(キャットエクササイズホイール)」。

どんな商品かと言うと、ハムスター用の回し車はわかりますか?ゲージの中についていて、ハムスターが楽しそうに走って遊ぶ回し車です。あの商品の猫バージョンです。海外製品の為、なかなか店頭やネット通販でもお目にかかれない商品ですが実は一部の愛猫家には密かにブームとなっています。

仕組み

ハムスター用の回し車同様、電源コードを必要とせず猫が自ら走ることにより動くので電気代はかかりません。人力ならぬ猫力です。公式サイトには実際に回し車で遊ぶ猫の動画を見ることができますが、とてもスムーズに動いており回し車の部分に乗った猫ちゃんが楽しそうに遊んでいます。

大きさ

回し車の大きさは48インチ、高さは51インチとかなり大きめです。ちなみに1インチは2.54cmなので大きさをcmに直すと、横巾121.94cm×高さ129.45cmとなります。かなりの大きさですが、猫ちゃんが思う存分遊ぶためには必要な大きさです。また猫ちゃんが怪我をしないように奥行もありますので、踏み板を踏み外し猫ちゃんが怪我をするということもなさそうです。

お手入れ

こういった物は猫ちゃんの毛が付きやすく、掃除もしにくいのが悩みですがこちらの商品は
回し車部分が取り外して掃除をすることが可能です。また下にキャスターもついているため、簡単に回し車下の掃除をすることが可能です。特に抜け毛が多い換毛期にはうれしい機能ですね。

お値段、購入方法

現在の購入方法は、海外製品の為
【One Fast Cat】という会社の下記公式サイトにて購入する方法のみです。

http://onefastcat.com
↑【One Fast Cat】公式サイト。

海外通販に抵抗のある方は、過去には日本でも輸入販売されていたので、また販売再開されたら購入可能です。

お値段は220ドル。日本円にすると2万~3万円程度(レートによります)。意外に安いですね。こちらに送料がかかりますので購入の際はしっかりと調べてから購入を検討ください。

猫用回し車その2「ねこクル」

海外製品はやっぱり不安。そんな方は日本製の猫用回し車【ねこクル】がお勧めです。こちらは【Cat Exercise Wheel(キャットエクササイズホイール)】とは違い、木材を使用しているため部屋に置いてもインテリアの邪魔をしません。

大きさは高さ125cm×幅118cmと大きめではありますが木材を使っていてお洒落な為、インパクトがありインテリアとしても馴染みます。

購入方法は、下記サイト内にて可能。お値段は150,000円+送料となります。【Cat Exercise Wheel(キャットエクササイズホイール)】よりもかなりお値段ははりますが、その分国内の会社のため購入までがスムーズなのと購入後も海外の会社とやり取りしなくてもいいので安心です。また木材を使用している為インテリアとしてもかなりお洒落です。下記サイトにて猫ちゃんが実際に遊んでいる姿を見ることもできます。

https://www.nc3.jp/
↑ねこクル購入ページ

注文が入ってから制作するので注文から手元に届くまで現在1か月程の時間が必要なようです。ご注文はお早めに。

まとめ

猫用回し車についてご紹介しました。最近では猫用回し車を自作するかたもいらっしゃり、検索をするとかなりクオリティの高い猫用回し車を制作されているかたが出てきます。しかし、猫ちゃんが遊ぶものですからもし途中で壊れてしまい怪我でもしたら大変です。安全面を考えれば何の知識もない素人が作った製品より既製品を買うことをおすすめします。

もちろん、確かな知識と技術をお持ちの方はオリジナルの猫用回し車を制作してみてください。猫ちゃんの運動不足解消の為にも、猫用回し車をお部屋に置くことも検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

人気のキーワード