猫庭の概要と誕生エピソード

猫庭の概要と誕生エピソード

「猫庭」って聞いたことありますか?山口県にある旅館「てしま旅館」にある、保護猫たちの住まいです。山口県では、犬猫の殺処分の頭数が全国ワースト4位(平成27年度時点)。加えて、野良猫が車にひかれて亡くなるケースも後を絶ちません。そのような猫を取り囲む環境の悪さをどうにかしたいと立ち上がったのが、てしま旅館オーナーである手島さんです。行き場のない猫たちが安全に暮らせるよう猫庭を作り、運営しています。一体猫庭とはどのような取り組みなのか、詳しくみていきましょう!

738view

猫庭とは

「猫庭」とは、てしま旅館の敷地内にある、コンテナで出来た猫たちのお部屋です。冷暖房完備、内装は猫の爪に優しい木材で作られています。網戸も備え付けられていますので、通気性もバツグンだそうです。

コンテナの一面がガラス張りになっており、てしま旅館に宿泊しているお客様からも、猫たちの様子が見られるようになっています。まさに、猫好きにはたまらない旅館となっています。

猫庭にいる猫の定員は、1部屋20匹。里親希望の方には譲渡もしてくれます。行き場がなく、常に命の危険があった猫たちが、安心して暮らせる場所。それが、「猫庭」なのです。

猫庭の誕生エピソードについて

眠そうな猫

猫庭ができるまで

ここで、猫庭の成り立ちをお伝えしておきましょう。てしま旅館の前の道路は、車がビュンビュン走る道なのだそう。昔旅館で飼っていた猫も、その道路で轢かれて亡くなってしまったそうです。

てしま旅館は、もともと現オーナーである手島さんの祖父母が経営していた旅館で、それを受け継ぎ、デザイナーズ旅館としてリノベーションをして、再始動した旅館なのです。手島さんが旅館を引き継いだ時には、お子さんがいたのですが、お子さんの強い希望もあり、近所にいた人懐こい野良猫を保護することになりました。それが、猫庭の第一歩だそうです。

それから、手島さんのご自宅で4匹の猫を保護していましたが、これ以上は受け入れられない、でもどうにかしたいという思いや、より良いサービスのため、庭を改築して猫庭を作ることを思いつくのです。猫庭には、JRで使われているコンテナを再利用します。また、コンテナの改築費用も必要です。ということで、手島さんはクラウドファンディングを利用して、猫庭構築費用を工面しました。2016年に募集されたプロジェクトでは、無事に希望の金額が集まり、めでたく猫庭が完成します。

猫庭を発展させるために

1つの猫庭に最大20匹までの猫を収容できるのですが、これではまだまだ受け入れられる猫の数が少ないということで、2017年に第2弾のクラウドファンディングを決行しました。これも見事資金が集まり、ついに2017年9月に、猫庭が2階建てとなりました。

これで1度に保護できる猫は、40匹に拡大します。てしま旅館へ来たお客様は、2階の猫庭にいる猫たちに見下ろされる形で出迎えられることになります。さらに、客室からも猫たちの様子が見られるようになったそうで、ますます猫たちとの距離が縮まりそうです♪

なお、てしま旅館では様々な猫庭グッズも販売しています。オーナーの手島さんが描いた猫庭ロゴTシャツが、かなりの人気だそうです。通販で購入できるようになっていますので、是非チェックしてみては?もちろん、収益の一部は、猫庭に使われます。

http://tsm01.buyshop.jp/

猫庭にはライブ中継カメラがある

実は、てしま旅館に宿泊しなくても、猫庭の様子が見られるのです!youtubeの猫庭チャンネルで、ライブ中継がされています。

▼猫庭チャンネル
https://www.youtube.com/

ライブ中継を見れば見るほど多くの収益があがり、それを猫庭の運用資金に回すというシステムになっているようです。猫たちの仲良しな様子が見られて、とても癒されますよ♪なお、昼間猫たちはほとんど寝ており、夜23時のゴハンタイムが1番活動的になるのだとか。その時間を狙ってチェックしてみるのも良いですね!

また、インスタグラムでも、てしま旅館や猫たちの様子を配信しています♪要チェックですよ!

https://www.instagram.com/

まとめ

猫庭の取り組みは、さまざまなメディアでも伝えられています。猫庭効果なのか、山口県での猫の殺処分の件数は、前年(2016年)の3分の1となったそうです。

猫の譲渡数も、2016年は85匹だったのに対し、2017年は1071匹と大幅な増加となっています。猫庭での猫たちのお世話は、主に手島さんのお子さんたちが行ない、医療費や餌代、去勢・避妊手術代などは、てしま旅館の宿泊費から捻出しているそうです。献身的な手島さんの活動には、頭が下がりますね。猫庭を応援するために、今度の休みはてしま旅館に行きましょうか?

スポンサーリンク

人気のキーワード