キプロスアフロディーテの特徴と歴史について

キプロスアフロディーテの特徴と歴史について

キプロスアフロディーテは、女神アフロディーテが誕生したと言われる、美しい景観の地中海に浮かぶ島国、キプロス原産の猫です。女神の名を持つだけあり、その姿は美しくしなやかですが、猫好きさんの間でも余り知られていないキプロスアフロディーテは謎に包まれた存在です。この記事では、そんな謎に包まれた猫、キプロスアフロディーテの秘密をひも解きます。

482view

キプロスアフロディーテの特徴

キプロスアフロディーテの最大の特徴は、その長い後ろ足。常に坂道を下っているような歩き方をします。なぜ後ろ足だけ長いのかというと、キプロスアフロディーテはキプロス山脈で生活をしていたため、斜面を行き来しやすいようにそのような進化を遂げたようです。また、山岳地帯で生活していたため骨太の大柄な身体をし、特徴的な大きな耳は暑い日に体温を外に逃がすラジエターの役目を果たし、寒い冬を越すための厚い被毛を持っているのも特徴的です。

ちなみにキプロスアフロディーテとよく似た猫で、スイミングキャットとしてよく知られている「ターキッシュバン」という猫がいます。パッと見どこが違うのかわからなくなるほど似ているのですが、被毛のカラーが微妙に違うのと最大の特徴である後ろ足の長さが異なります。見分ける際の参考にしてください。

キプロスアフロディーテの性格

キプロスアフロディーテは非常に穏やかで社交的です。飼い主の膝の上に乗るのが大好きな子も多く、イエネコとしては大変お勧めの猫種です。またお手入れもその被毛から大変そうに見えますが案外絡まりにくい毛質のため、ブラッシングも週に一度ほどで十分なのも助かります。

元は山岳地帯の野生猫なだけあって、元気で活動的な子が多く、ストレスを溜めさせないためにも十分な運動をさせてあげる必要があります。しかし大柄なキプロスアフロディーテ、余りにも脆いキャットタワーやキャットウォークですと飛び乗った拍子に破損し怪我をする恐れがあります。キャットタワー等を設置する際は、しっかりと丈夫なものを選んであげるようにしてください。

ちなみにキプロスアフロディーテはまだまだ日本では珍しく、ペットショップで手に入れるのはほぼ不可能に近いでしょう。もしキプロスアフロディーテを飼うなら海外のブリーダーから直接購入をすることになります。その際の空輸代は実費となるため、それなりのお値段の覚悟は必要です。またキプロスアフロディーテのお値段自体もブリーダーから提示された金額になるため、幾らなのかは未知数です。それでも珍しい猫を飼いたい方は、一度海外のブリーダーに問い合わせてみても、いいかもしれませんね。

キプロスアフロディーテの歴史

キプロスの海

キプロスアフロディーテは、キプロス山脈で自然繁殖した猫です。キプロスアフロディーテという個体を発見したのは、スイミングキャットで有名な、ターキッシュバンのブリーディングをしているイギリス人女性でした。

どこまでも青い地中海に浮かぶ島、キプロス島を訪れたイギリス人女性の滞在先に迷いこんだ一匹の野良猫。その見た目はターキッシュバンとよく似ているのに、特徴が違うことを見抜いた女性は新たに迷いこんできた同じ特徴を持つ野良猫を交配させ、その特徴的な後ろ足、長い骨太な骨格と大きな耳のキプロスアフロディーテを確立させました。

正式に猫種として登録されたのは2008年のため割と新しい猫種ですので、まだなかなか浸透していないのが現状です。猫好きさんでも割とキプロスアフロディーテを知らない方が多いのはそのためですね。人とは違う猫を飼いたい、女神の名を持つ美しい猫を飼いたい方にはお勧めです。

まとめ

いかがでしたか?キプロスアフロディーテという聞きなれない珍しい猫ちゃんを御紹介しました。日本ではまだまだ珍しい猫種ですが、とても綺麗で優雅な姿と人懐っこい性格ですからいずれメジャーな猫になるかもしれません。まだまだ日本では取り扱うブリーダーさんもいないようですが、そのうち出てくると思いますので、もし見かけることがあったら是非その姿を御覧ください。

女性 百日紅

キプロスアフロディーテは初めて聞いた品種です。長い名前で猫とは思えないですね。品種として登録されたのがとても最近で、しかも他の品種と交配されてわけではないことに驚きました。
後ろ足が長い特徴は他の猫にはあまりないですよね。運動好きということで、走ったりジャンプしたりと、長い後足がどのようになるのか見てみたいです。
飼い猫にぴったりな性格や、被毛のお手入れがかからないことで人気の猫になると思いました。長毛の猫はお手入れをしないと毛玉ができてしまい、カットするしかない状況になってしまいます。週に1回のブラッシングで良いのは飼い主もストレスがないと思いました。被毛と耳で気温に対応できるので、日本の四季に合わせて生活できることも飼育するうえで心配がないので良いですね。

30代 女性 ミチ

キプロスアフロディーテという猫種を初めて知りました。その姿に惚れ惚れとしてしまい、早速色々調べてみましたが、やはりまだまだ珍しい猫種であり、情報が少ないように感じました。しかし、キプロスアフロディーテは、アフロディーテキャットと呼ばれる事もあるようで、アフロディーテキャットで検索すると、いくつかの動画に辿り着く事ができましたよ!生まれたばかりアフロディーテベビーや、様々な被毛の色をしたアフロディーテの動画もありましたので、是非検索してみて下さい♪

キプロスアフロディーテは、女神と呼ばれる事だけあって、その姿はどこか上品ですよね。被毛は短毛~ミディアムと個体差があるようですが、比較的ミディアムのモフモフとした子が多い印象を受けました。また、キプロスアフロディーテの特徴である大きな耳と、がっしりした体格、暑い被毛がメインクーンにも似ているように感じます。見た目に反して毛はもつれにくく、寒暖差にも強いそうですし、とても社交的で甘えん坊な事から、これからどんどん人気が高まりそうですね!

スポンサーリンク

人気のキーワード