猫の風邪は人にうつるの?人のうつる風邪の種類と注意点について

猫の風邪は人にうつるの?人のうつる風邪の種類と注意点について

猫は人間と同じように、季節の変わり目や気温の低い季節などに風邪を引くことがあります。くしゃみや鼻水、発熱等の症状は人間がひく風邪とまるでそっくりで、そんな愛猫の看病をしていると「この風邪、うつるのでは?」と不安になることもありますよね。そこで猫の風邪についてまとめました。

721view

猫の風邪は人にうつるのか

マスク姿の女性

通称「猫風邪」と呼ばれる風邪は、くしゃみや鼻水、食欲不振、発熱と人間の風邪とそっくりな症状が出ます。猫風邪の主な原因は「カリシウイルス」「ヘルペスウイルス」「クラミジア」の3つです。

これらは、人間が感染するウイルスと異なる為、基本的に猫の風邪は人にはうつりません。また、逆に人間の風邪が猫にうつる事もありません。

人間にうつる猫の風邪

猫を抱っこする女性

上記で、猫の風邪は人にうつる事はないとお話しましたが、例外として「クラミジア」による感染によって、飼い主さんが結膜炎を発症したケースがあります。猫風邪を引いた猫は、目ヤニや鼻水が増える事が多く、その目ヤニや鼻水を拭いた手で、自分の目を擦ってしまう事で感染する可能性があります。猫風邪を引いている猫に触れた後は、必ず手洗いをし、予防を心がけましょう。

猫風邪は侮ってはいけない

診察中の猫

猫風邪の症状は、人間の風邪とよく似ているのですが、侮ってはいけません。複数のウイルス感染症を併発すると重篤化する可能性もあり、くしゃみや鼻詰まり等の症状も猫にとってはとても苦痛なものです。

「風邪」と表現されると「たかが風邪」だと思ってしまいがちですが、少しでも猫風邪の症状がある場合は、すぐにかかりつけ医を受診しましょう。猫風邪が悪化すると、症状が長引く事があります。

ウイルス別の猫風邪の症状は下記の通りです。

カリシウイルス

くしゃみ、鼻水、発熱、食欲不振の他に、口内トラブルが多く発症します。その痛みから、よだれが増えたり、口臭が強くなったりする事があります。

ヘルペスウイルス

ヘルペスウイルスによる感染症は「猫インフルエンザ」と呼ばれる事もあります。くしゃみ、鼻水、発熱、食欲不振、結膜炎等の症状に加えて、目が開かなくなる程、大量の目ヤニが出たり、鼻の周りにヘルペス性皮膚炎が表れたりする事があります。

クラミジア

通常、片方の目の炎症から始まるとされていますが、くしゃみ、鼻水、咳、目ヤニや結膜炎の他に、肺炎や気管支炎等、症状が重篤化するケースもあります。

猫風邪を引いた場合の注意点

ナース姿の猫

愛猫が猫風邪を引いてしまった場合の注意点は、まず何より早期受診が要となります。また、目ヤニや鼻水が増える為、濡らしたガーゼ等で拭きとり清潔にしましょう。看病をした後は、必ず手洗いをして下さいね。

また、人にはうつらない猫風邪ですが、猫同士の場合、爆発的な感染力を持つと言われています。可能であれば、部屋を分ける等して、感染を防ぎましょう。

猫風邪を引く事によって猫自身も免疫力が低下し、その他の感染症を引き起こす可能性もあります。「猫風邪」は人にはうつりませんが、猫から人にうつる病気は他にもたくさんありますので、赤ちゃんやお年寄りの、免疫力が低い人と同居している場合は一層の注意が必要です。

まとめ

ワクチンをうたれる猫

ワクチン接種や、食事管理、室温管理等で日頃から猫風邪を予防する事が大切です。一度猫風邪にかかると完治まで時間が掛かる場合が多く、その間愛猫はとても辛い思いをしてしまいます。いつもと様子が違うと感じた場合は、早急にかかりつけ医を受診し、症状の悪化を防ぎましょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード