キジ猫の特徴とその魅力

キジ猫の特徴とその魅力

キジ猫は、日本に多い猫だと言われています。キジ猫を外で見かける機会も、多いのではないでしょうか?トラ猫と呼ぶこともありますね。何を隠そう、我が家のキジ猫の名前も「トラ」と、まんまです(笑)。キジ猫はトラのように野性味あふれ、強そうなイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか?その魅力と共に、お伝えします!

1423view

キジ猫とは

キジ猫の模様

キジ猫の柄は、暗めの茶色に黒い縞模様が入っています。鳥のキジ(メス)に模様が似ているので、その呼び名が付いたそうです。英語では「ブラウンタビー」や「マッカレルタビー」などと呼びます。

また額には「M」の文字と、頬から目尻にかけては「クレオパトラライン」と呼ばれる黒い線が入っています。猫によっては(我が家のキジ猫も同様ですが)鼻筋にも黒いラインがあるので、引き締まった凛々しい顔に見えます。

キジ猫の柄は、猫の祖先であるリビアヤマネコから引き継いでいると考えられます。他にも、イリオモテヤマネコなど野生のヤマネコにも多い柄です。自然界の中では目立たず、安全に暮らせる柄なのでしょう。

キジ猫の性格

猫は毛色によって性格が異なる、と言われていますが、キジ猫はどんな性格をしているのでしょうか?ただ、当たり前ですがキジ猫全てが同じ性格をしている訳ではなく、あくまでも傾向をお伝えします。キジ猫には大きく分けて、2種類のタイプがいる、と言われています。

人懐こい甘えん坊タイプ

甘えん坊のキジ猫

陽気な性格で、人見知りをあまりしないタイプです。スキンシップも好きなので、飼い主さんに「撫でて~」と要求してきたり、膝に乗ったりして甘えます。野生的な外見からは想像がつきませんね。猫と濃密な時間を過ごしたい方には、オススメのタイプとなっています。

警戒心が強くワイルドなタイプ

袋の中にいるキジ猫

一般的に猫は警戒心が強い子が多いですが、やはり野生の血からか警戒心が強く、少々の事でも様子をじっと見て慎重に行動するタイプです。ですから、人間に慣れるのにも時間がかかります。しかし一度心を許すと、甘えん坊に大変身します。ワイルドさもあるので、時にやんちゃっぷりを発揮することも。エネルギッシュな猫がお好みならば、ぴったりでしょう♪

我が家のキジ猫の話

我が家のキジ猫

我が家のキジ猫は後者の「警戒心が強くワイルドなタイプ」です。普段は中々の甘えん坊ですが、ひとたび庭に他の猫が脚を踏み入れようなら、かなりの勢いで威嚇します。女の子なのですが、行動が男の子っぽいです。

生後半年位の時、近所に1匹でいるのを見つけて保護したのですが、始めは外にご飯を置いて餌付けしました。数日間は近付くと逃げていましたが、そのうちに心を許してくれたのか、窓から家の中に入ってきて、ワタシにスリスリしてくるようになりました。

その積極的な行動から、てっきり男の子だと思っていました。ご飯もガツガツ食べていましたし。ですが保護した後に動物病院へ連れていってみると、なんと女の子だということが判明したのです。

現在でもワイルドな所は変わりませんが、唯一顔が小さくて体も小柄なのが、女の子っぽいところでしょうか?目がまん丸でキュートな出で立ちなのですが、同居の猫を追いかけまわしたり、その子が寝ていた、気持ちの良さそうな場所を奪ったりと、結構やんちゃです。爪研ぎもバリバリと大きな音を立てて、ワイルドです♪

抱っこすると目を細めて、気持ち良さそうにゴロゴロ言ってくれる、とても可愛らしい一面もあります。また、何故かワタシが洗濯物を畳んでいると側によってきて、「撫でて~構って~!」とばかりにスリスリしてきたり、やたらと接近してきたりすることがあります。気が済むとサッといなくなるのですが(笑)、そんな所もキジ猫の魅力かと思います。甘えたい時に甘え、寝たい時には寝て、という正に猫らしい猫と言えるかもしれません。

まとめ

眠るキジ猫

キジ猫は日本では一般的なので、何となく見るとほっとする猫でもありますね。個人的に「困るなぁ・・・。」と思うのは、見分けがつかない所です。まだキジ白など、模様の形が個体によって違うのならば良いのですが、全身がキジの場合、本当に見分けがつきません。

我が家のキジ猫を他のキジ猫と会わせたことはありませんが、他のキジ猫の中に混じっても、我が子は見分けがつくものなのでしょうか?少々不安になります(汗)。どなたか見分け方をご存知でしたら、教えてください…。

スポンサーリンク

人気のキーワード