キムリックの特徴・性格 ~うさぎ・犬のような猫の魅力~

キムリックの特徴・性格 ~うさぎ・犬のような猫の魅力~

キムリックという猫種をご存知ですか?日本では、いえ世界的にもそれほど頭数が多くない猫ですので、出会う確率は低いかもしれません。キムリックはイギリス、マン島原産のしっぽの無い猫、マンクスの親戚です。うさぎのようとも、犬のようとも言われることがあるのですが、一体どんな猫なのか、気になります…。

601view

キムリックの特徴

キムリックの子猫

キムリックは前述したように、しっぽがないことが特徴のマンクスに非常に近い猫種です。マンクスと同じようにしっぽがなかったり、あってもとても短かかったりするのですが、被毛はマンクスよりも長いので、「マンクスの長毛版」とも言われています。

猫血統の登録団体では、マンクスとキムリックを同じ猫種として扱うところもあれば、違う猫種としているところもあります。昔から、ある一定の割合で長毛のマンクスが産まれることがあり、その背景からマンクスとキムリックは同じ猫種だという考えと、長毛は長毛で人工的に繁殖され作出されていることもあり、別の猫種だという考えが混在しているようです。色々と複雑な事情があるようですね。

また、キムリックはしっぽがない分、体のバランスを取ろうとするように、後ろ足が長く発達しています。そのため、まるでウサギのようにジャンプすることから、猫とウサギをかけ合わせた「キャビット(Cabbit)」ではないかと、冗談交じりに言われることもあります。ですが生物学上、それはあり得ないようです。名前を呼んだら近寄ってくる、おもちゃを投げたら取ってくる、という行動をすることから、「犬のよう」と言われることもあります。何だかキムリックって、面白い猫ですね!

キムリック体の特徴

横向きのキムリック

キムリックは中型の猫で、体重は3.5kg〜5.5kg程度です。抱っこすると、意外とずっしりとしているのに驚くかもしれません。それだけ筋肉質だということですね。寿命は8〜14年と言われています。

特に特徴的なのは、やはりその短いしっぽですが、全てのキムリックにしっぽがない訳ではなく、個体差があります。全くしっぽがない「ランピー」もいれば、わずかなしっぽがある「スタンピー」、普通の猫と同じ長さのしっぽがある「ロンギーズ」もいます。しっぽは個性が分かれるところですね。キリスト教の国では、キムリックやマンクスにしっぽがないのは、ノアの箱船に乗り込む際、閉じる扉にしっぽが挟まり、切れてしまったと言われています。

マンクスの長毛版とも呼ばれるキムリックですが、長毛と言ってもペルシャなどのように長いとは言えず、中程度の長さです。中途半端と言ってしまうと聞こえが悪いですが、ちょっとしたモフモフ感が可愛いと感じる人も多いでしょう。

キムリックの性格

オッドアイのキムリック

個性的なキムリックですが、どんな性格をしているのでしょうか?

「番犬」ならぬ「番猫」です!

キムリックは元々ネズミ捕りが上手な猫だったのですが、今もその能力は残っています。ですから、窓の近くにキムリックを配置しておけば、番犬は必要ありません。きっと頼りになる「番猫」になってくれることでしょう!それだけ侵入者に対しての反応が早いですし、威嚇行動も素早くできるということです。恐るべきキムリック、敵にはしたくないですね!

中々の甘えん坊♪

外向きには怖い顔を見せるキムリックですが、家の中では遊び好きで、飼い主さんに甘える姿も見られます。飼い主さんがくつろいでいれば、膝に乗ったり、近くでじっと見ていたりしているでしょう。また、来客や新しい家族にも好意的に接します。頭をぶつけるか、頬をすり寄せて挨拶します。何とも可愛らしいですね♪

賢さには注意!

キムリックは賢い猫なので、投げたおもちゃを取ってくることや、訓練をすればリードを付けてのお散歩もできる場合があります。ですが、扉やドアを開けることもできてしまうので、開けて欲しくない場所にはロックを付けるなどの工夫が必要です。網戸だけにしておくと、開けて脱走する可能性もありますので、十分注意しましょう。また、しつけをする時には、してはいけない行動にはダメと言い、して欲しい行動をした時には褒めるようにすると良いでしょう。

お迎えは子猫の時に

キムリックが子猫の時であれば、子供や他のペットと慣れるのは早いでしょう。良い遊び相手になってくれます。成猫のキムリックは、特に今まで静かな家に住んでいた場合は、赤ちゃんが家に来るなどした場合は、あまり歓迎しないかもしれません。子供にしても他のペットにしても、焦らずにゆっくりと慣れさせることが大切です。

キムリックの入手先

マンクス

可愛らしいキムリックを飼ってみたい!と思ったら、どこで出会えばよいのでしょうか?非常に残念ながら、キムリックは日本では繁殖を行っているブリーダーが確認できません。ですから、どうしてもキムリックと一緒に暮らしたい時は、海外のブリーダーから輸入をするしかないようです。個人輸入をサポートしてくれる業者もありますので、一度相談してみてはいかがでしょうか?キムリックを輸入する場合は、それなりに費用と時間と手間がかかることと、信頼できる業者・ブリーダーを見つけることがポイントとなってきます。良いご縁がありますように!!

キムリックについてのまとめ

こちらを見上げるキムリック

しっぽが短く、ちょいモフのキムリック。強くて人懐こいなんて、魅力的ですね♪日本ではあまり出会えそうにありませんが、逆にどこかで出会えたら感動ものです!!いつか日本に上陸してくれる日を願って…!

スポンサーリンク

人気のキーワード