猫服を着せる理由 ~こんな時は着せた方がいい~

猫服を着せる理由 ~こんな時は着せた方がいい~

皆さんは猫服をご存じですか?恥ずかしながら筆者はちょっと前まで知りませんでした。服を着せるというと犬のイメージが強かったのですが、どうやら猫ちゃんにもオシャレをさせる時代が到来したようです。そんな、今人気の猫服についてご紹介します!

519view

いま猫服が大人気!

ドレスアップの猫

現在、猫の飼い主さんたちの間で猫服が人気となっています。

猫服とはその名の通り、猫に着せるお洋服のことです。店頭やネット上では、たくさんの猫服が売られています。気になるデザインは、機能性重視のシンプルなものから、スポーティーでカッコいいもの、フリフリレースの乙女チックなものまでさまざまです。

ナース、ゴスロリ、セーラー服、警察官やスーパーマンなど、人間のコスプレイヤーさん並みの商品まで!飼い主さんの好みや、自分の猫ちゃんにはどんなデザインが似合うか?など、楽しく悩みながら選べますね。猫ちゃんとペアルックをする飼い主さんもいるようです!

また、かぶり物の種類も豊富です。ライオンやウサギといった他の動物に変身できるもの。イチゴやスイカなどの愛らしいフルーツ系。トナカイやお化け、鬼などのかぶり物は季節の行事にピッタリです。
買うだけでなく自分で手作りしたい!という飼い主さんのために、猫服の作り方を解説した本やサイト、無料でダウンロードできる型紙まで、いろいろと出ています。

猫服を着せる理由も、自分の愛猫をSNSで紹介したい!どうせなら猫服を着せてもっとかわいく!といったものから、防寒や皮膚病対策までさまざまです。

猫服を着せる理由・メリット

服を着た猫2匹

自由気ままな猫ちゃんたち。猫服を着せられることを嫌がるコが多そうですが、服を着せたほうが良いケースをご紹介します。

皮膚疾患によるかゆみがある場合

皮膚疾患などによるかゆみで猫が皮膚を舐めたりかいたりしてしまう場合、猫服を着せて肌をガードしたほうが良いことがあります。猫の舌はザラザラしており、その舌で皮膚を舐めると刺激となって皮膚病が悪化する原因にもなります。もちろん、鋭い爪で引っ掻いてしまうことも良くありませんね。

アトピー性皮膚炎の猫のための猫服も販売されています。中には、わざと縫い目を表側に出して皮膚との摩擦を防ぐ作りになっているものまであり、よくできているなと感心します。筆者もアトピー持ちなので、思わず「人間用にもほしい!」と思ってしまいました。

アトピー性皮膚炎で肌が乾燥している場合も、猫服を着せることにより肌表面の水分蒸発を防ぎ、それ以上乾燥させないようにする効果が期待できます。

暑さ・寒さ対策

病気で体温調節がうまくいかない猫や毛の短い種類の猫など、暑さ寒さに弱いコにも猫服は有効です。
たとえばスフィンクスという種類の猫ちゃん。スフィンクスの体は細かい産毛のようなものすごく短い毛に覆われていて、一見すると毛が生えていないように見えるくらいです。スピルバーグ監督の映画『E.T.』のモデルとなったことでも知られています。

体を保護する役割の毛が少ないため、夏の強烈な紫外線や冬の寒さにはどうしても弱いです。基本、室内飼育が推奨されていますが、外に連れていかないといけない時だって来るかもしれません。家の中だって、昼間と夜の寒暖差は無視できません。そんな時には猫服を着せて、デリケートなお肌を守ってあげましょう。

エリザベスカラーの代わりとして

手術後に猫ちゃんに装着されるエリザベスカラー。猫の首周りにグルッと着ける、パラボラアンテナみたいなアレです。術後の傷口を猫が舐めないようにするために使われます。

しかしこのエリザベスカラー、体は思うように動かせないわ、視界は遮られて不安だわ……猫にとっては大きなストレスでしかないでしょう。

この場合も、スポッと着せるだけの猫服は便利です。猫服とエリザベスカラー。どちらのほうがマシかは猫ちゃんに聞いてみないとわかりませんが、少なくとも猫服なら体の動きを邪魔することも少ないですし、視界を邪魔することもありません。

「術後はあまり体を動かしたくないし、猫服を着せる時が不安……」という飼い主さんも多いと思います。そんな猫ちゃんにはマジックテープで脱ぎ着がラクラクな猫服もありますし、お腹周りを保護するスカートのみの着用という方法もあります。

猫服のデメリット

92307728タートルネックを着る猫

猫は昔から服を着てきた生き物ではありません。猫服を着せるということは、猫の自然な状態に逆らった行為とも言えるわけで、もちろんデメリットもあります。

体調管理の妨げになる

猫は自分の体を舐め皮膚に付いた唾液を蒸発させることにより、体温調節を行っています。体温調節の他にも、こまめにグルーミングすることで体をキレイに保ち、皮膚病や毛玉ができにくくなる効果もあります。グルーミングは猫の体調管理なんですね。

猫服を着せるとその体調管理ができなくなってしまいます。猫ちゃんが健康体で気温も過ごしやすい時期には、あえて猫服を着せる必要性はないかもしれませんね。

ストレスが溜まる?

グルーミングにはもうひとつ、ストレス解消の効果もあると言われています。そのグルーミングを妨げてしまっては猫ちゃんのストレスが解消されずに、問題行動や体調不良に繋がる可能性もないとは言えません。また、そもそも猫服を着ることを非常に嫌がる猫に無理やり着せることがNGなのは言うまでもありません。

安全性の問題

猫服のデザインもいろいろです。

ネクタイやベルト、ボタン、毛糸を丸めたポンポンなど、猫が見たらじゃれたくてウズウズしてしまいそうな飾りが付いた猫服もたくさんあります。猫がじゃれつくことにより猫服のパーツが取れて、それを猫が飲み込んでしまう危険性は否定できません。

もうひとつ、猫服を着たまま他の猫と遊んだりケンカをしたりする場合に、自分や相手の爪を生地に引っ掛けてしまう恐れもあります。細く、先の尖った猫の爪は布地には特に引っ掛かりやすいでしょう。活動的な猫ちゃんや多頭飼いの場合、装飾のないスッキリとしたデザインの猫服を選んだほうが安全と言えます。

猫服に関するまとめ

59669367 ドレスを着た猫

猫ちゃんの飼い主さんたちに人気の猫服。猫服のラインナップ、猫服を着せることのメリットとデメリットなどをご紹介しました。

猫服なんて考えつきもしなかった昔から考えると、猫の体調や状態に合わせていろいろな選択肢のある現在は恵まれた時代なのかもしれません。飼い主さんの適切な判断で、猫ちゃんが快適に過ごせるようにサポートしてあげたいですね。

スポンサーリンク

人気のキーワード