猫とキウイの意外な関係性

猫とキウイの意外な関係性

したたるようなみずみずさと、あの甘酸っぱさがクセになるキウイ…美味しいですよね!実は猫も、キウイが好きだという噂を耳にしました。と言っても、猫がガジガジとキウイの実をかじるというワケではないようなのです。「猫」と「キウイ」…あまりピンときませんが、一体そこにはどんな関係があると言うのでしょうか?

101view

猫とキウイの関係

キウイ

キウイ自体には、猫にとって危険な毒素等は入っていません。ただし、猫ちゃんによっては、アレルギーを起こす可能性が少なからずあるので、特別な理由が無いかぎりは、猫にキウイは与えない方が無難なようです。与える場合は、少量にしましょう。

猫にキウイを与えると酔っぱらう う

ヘソ天で眠る猫

猫はキウイが好き!と言っても、キウイの実は食べません。猫の目の前にキウイを置いてみても、クンクンとニオイを嗅ぐだけで、大抵の場合すぐにスルーしてしまいます。

「えっ!じゃあ、好きじゃないんじゃ…」と思いますが、キウイの実ではなく、キウイの根や枝、葉を猫に与えてみると…あらまあ不思議!興味深げに近寄り、ガジガジしたりデロデロになってしまったりするそうです…。それは一体何故なのでしょうか?

キウイはマタタビの仲間

なんとキウイは、マタタビに近い植物だというのです。猫がキウイの枝や葉で酔っぱらい状態になってしまう理由…それは、キウイの枝や葉には、マタタビと同じ物質が含まれているからです。マタタビとはご存知の、猫がデロデロになってしまうあの植物です。マタタビならピンと来ますよね?

実は、キウイとマタタビは近縁関係にあり、キウイの実には猫が酔っぱらう物質は少なく、枝や葉には多く含まれている事から、キウイの枝や葉に猫が反応するのだそうです。ただし、マタタビ同様この物質に対しての反応は個体差があり、全く反応を示さない猫もいます。中でも、子猫や不妊手術後の猫も、反応しにくいと言われています。

キウイに含まれる「猫デロ物質」とは

マタタビの実

一般的に、キウイやマタタビに含まれる猫がデロデロになる物質、略して「猫デロ物質」は、「マタタビラクトン」や「アクチニジン」と言われています。

前者のマタタビラクトンは、「イソイリドミルメシン」や「ネペタラクトン」という複数の物質の総称であり「マタタビラクトン類」と呼ぶ方が正しいようです。尚、「ネペタラクトン」は西洋マタタビとも言われる「キャットニップ」の主な作用物質です。

専門的な話になりますが、この「イソイリドミルメシン」「ネペタラクトン」「アクチニジン」は化学構造が非常に似ています。その為、「猫を酔わせる」という同様の作用を引き起こします。

猫が「デロデロ」になる理由

これらの猫デロ物質で、なぜ猫がデロデロになってしまうのか。猫の上あごには「ヤコブソン器官」というフェロモンを感じる器官があります。猫が何かのニオイを嗅いで、まるで笑っているかのように口を半開きにしている姿を、見たことはありませんか?その行動を「フレーメン行動」と言いますが、ヤコブソン器官でフェロモンを認識しているのです。

このヤコブソン器官が猫デロ物質に反応し、その刺激が脳に伝わることで酔っぱらったような状態になる、という事です。ただ、個体によって無反応の猫がいる事や、ネコ科の動物だけが反応する謎はまだ、完全には解き明かされていません。

ネコ科の動物に共通して効果がある

そう実は、猫デロ物質に反応するのは、猫だけではないのです。同じネコ科の動物である、トラやピューマ、ヒョウも反応する、と言われています。ある動物園で飼育されているトラ、ピューマ、ヒョウ、ジャガーに対して、マタタビ実験が行われたことがありました。

限定された頭数で行われた実験であるものの、特にヒョウは猫と同様にデロデロになり、ピューマとトラはそこそこの反応、ジャガーは、無反応とそれぞれに差が出たようです。面白いですねぇ♪キウイにデロデロになるネコ科動物達の姿、見てみたいですね!

まとめ

 枝で遊ぶ猫

猫がキウイに反応するなんて、あまりイメージが湧きませんよね。ただ、キウイ農家さんは猫に根をほじくり返されるので、苦労することもあるようですよ。家庭菜園でキウイを育てる際にも要注意ですね!!

猫がデロデロになっている様子は面白可愛いですが、マタタビ同様、与え過ぎは猫に負担がかかることがありますので、ほどほどにしてあげてくださいね☆

スポンサーリンク

人気のキーワード